アクアマリン|パワーストーン・天然石の意味辞典

アクアマリン

スポンサーリンク



アクアマリンといえば海の様な青色カラーが美しいパワーストーンで3月の誕生石として有名です。

宝石でも有名な石の一つで、透き通るようなブルーカラーがとても目を惹きます。

 

アクアとマリン、2つの水に関係する単語からもアクアマリンが青系の美しいパワーストーンであることが想像できます。

近年では「幸せな結婚を象徴」という石言葉で非常に人気が高くなっているパワーストーン。

ブルー系がお好きな方は是非チェックしておきたいパワーストーンですね!

 

また、3月の誕生石でもあるので自分の誕生石をお守りとしてみにつけたり、ファッションの一部としてアクアマリンを使用したアクセサリーを身につけたりするのも面白いです。

そのアクアマリンについて詳しく説明していきます。

 

また、意味や歴史以外にも当店で扱っているアクアマリンの人気アイテムやアクアマリンを使用した効果的な組み合わせなんかもご紹介しております!

 

アクアマリンについて

市場に出回っているアクアマリンのグレードは非常に多くありますが、大きく分けて下記の2種類に分けられると考えていいと思います。

「青色の発色が濃い」「透明度がある」この要素が高くなると、より貴重で高価になります。

ですが、市場に出回っているアクアマリンのほとんどが熱処理を施した加工品となります。

 

加工というより品種改良「エンハンスメント」と呼ばれる処置が施されます。

これは、高温で加熱することで綺麗なブルー色にすることをいいます。

つまり、見た目をよくするという理由でこの加工が施されるということですね。

3月の誕生石 アクアマリン

高品質アクアマリン
深い水色~青に透明度のあるアクアマリンです。
高価ですが、やはりしっかりと海の様なカラーの
発色が出ているものが圧倒的人気を誇ります。
プレゼントにも人気があり、幸せな結婚を象徴という
石言葉から女性の方から絶大な支持があるアクアマリンです。

最高級のアクアマリンは名前に「サンタマリア」の
表記があるものです。
名の通りサンタマリア鉱山で採れたもののことを指しますが、
現在サンタマリア鉱山は閉山し、ここで採れるような美しい
アクアマリンを同じようにサンタマリア・アクアマリンと呼んでいます。

現在、有名なのがアフリカのモザンピーク鉱山があります。
そこではサンタマリア鉱山と同じような品質のものが
採れることから「サンタマリア・アフリカーナ」と称されています。

「サンタマリア」とは、もはやブランドといっても過言ではないでしょう。

詳しくは「「青」が美しい最高級アクアマリンといわれる
”サンタマリア”ってどんな宝石か
」をご覧ください。

ミルキーアクアマリン

ミルキーアクアマリン
全体的に淡い水色で透明度が無いアクアマリンです。
高品質に比べ安価ですが、このミルキー色の
アクアマリンもパワーストーンアクセサリーとして
非常に人気が高いです。

この可愛らしいミルキーブルーが注目を集め、
度々ファッション雑誌にも取り上げられるほどです。
ミルキーアクアマリンというネーミングができるほど
人気があるということですね!

詳しくは「美しく優しい”海の精”のような石”ミルキーアクアマリン”
をご覧ください。

 

アクアマリンはエメラルドと同じ「ベリルファミリー」

アクアマリンはあの有名な宝石「エメラルド」が属するベリルという鉱物の一種です。

このベリルという鉱物の水色~青色の発色をしたものをアクアマリンと呼ぶのです。

つまり、もとの石は同じで色だけが違うということですね!

 

あのエメラルドともとは同じだと考えると、なんとも高級感あふれるパワーストーンであることがわかりますよね。

 

実はベリルは多彩なカラーバリエーションが存在します。

パワーストーンアクセサリーでは「マルチカラーベリル」などというネーミングで様々な色彩のベリルを使ったアクセサリーが販売されていたりします。

 

青系がアクアマリン、緑系がエメラルドというようにそれぞれに名前が付けられているのでカラーごとに表にしてみました。

 

アクアマリンの品質

aquamarine_gazou

アクアマリンは、「濃い青」「透明度」この2つの要素が高くなればなるほど高価になると上記でも書かせていただきました。

また、市場に出回っているアクアマリンのほとんどが加熱処理により色彩を変え、より美しくされたものとなっています。

 

ですが、品質にはバラつきが多い鉱物なのです。

パワーストーンの場合、透明度が無くても上記の画像のように青い発色が出ているものは「高品質」として扱われ、結構な価格で取引されます。

透明度が無くても青色が濃ければ高価になるのは、濃い青のアクアマリンが希少価値の高い存在だからです。

逆に、透明度が無く青い発色もいまひとつ出ていないく、淡いブルー色だったり白っぽいものは「ミルキーアクアマリン」と呼ばれ安価です。

 

もしこの画像のアクアマリンに透き通るような透明度があれば、パワーストーンとしては最高グレードと思ってよいでしょう。

つまり、それこそがジュエリー品質ということになります。

 

非常に似たパワーストーンの「ブルートパーズ」

よくアクアマリンとブルートパーズは”似て非なるもの”と呼ばれるくらい、そっくりさんな関係である石で有名です。

また、「アクアマリン」というネーミングは、色彩を表すものとしても使用されるため、他の鉱物名にもかかわらず「アクアマリンブルー」などの表記が使われることがあります。

 

ですので、初めての方はこれらを混合してしまいがちです。

アクアマリンに似ているパワーストーンや偽物について詳しく書いた記事がありますので、是非あわせてご覧ください。

⇒ アクアマリンの「偽物の見分け方」や他の「似ているパワーストーン」について

 

 

「ベリル一族」カラーバリエーション一覧表

3月の誕生石 アクアマリン
 アクアマリン
水色~青色の発色をしたものを指します。
morganite_z

 モルガナイト
ピンク色の発色のものを指します。
最近は「ピンクアクアマリン」という名前でも流通する
ようになっています。

詳しくは「モルガナイト|パワーストーン・天然石の意味辞典
をご覧ください。

5月の誕生石 エメラルド

 エメラルド
緑色の発色のものを指します。
あの有名なエメラルドは実は「ベリル一族」の仲間だったんですね。

詳しくは「エメラルド|パワーストーン・天然石の意味辞典
をご覧ください。

ヘリオドール

 ヘリオドール(イエローベリル)
黄色の発色のものを指します。
太陽のように明るい色彩から名前が由来し、
あまりに美しい輝きから「ゴールデンベリル」とも呼ばれます。

詳しくは「ヘリオドール|パワーストーン・天然石の意味辞典
をご覧ください。

ビクスバイト(レッドベリル)

 ビクスバイト(レッドベリル)
赤色の発色のものを指します。
全鉱物の中でも特に希少価値の高い鉱物とされています。
あまりに希少なため、なかなか出回らない存在です。

詳しくは「ビクスバイト|パワーストーン・天然石の意味辞典
をご覧ください。

ゴシェナイト(ゴシュナイト)

 ゴシュナイト(ゴシェナイト)
無色のベリルのものを指します。
氷のように透明な姿をしている珍しいベリルもあります。
それがゴシェナイトと呼ばれます。
ベリルの中でもかなり希少価値の高い存在として扱われます。

詳しくは「ゴシェナイト|パワーストーン・天然石の意味辞典
をご覧ください。

 

アクアマリンの意味・歴史

アクアマリンの石言葉

  • 幸せな結婚を象徴
  • 聡明
  • 沈着
  • 冷静
  • 豊穣

アクアマリンの歴史

アクアマリンの名の由来は、ラテン語で水を指す「apua」と、海を指す「mare」または「marinus」が語源とされています。

古代エジプトでは5000年以上も前から人々の間で知られていた石であるとつたえられています。

 

現に、エジプトでは王族の墓からアクアマリンを加工した装飾品が多く見つかっており若さや不老のお守りなどとして重宝されていたともいわれています。

古代ローマでは月の女神を象徴するディアナの石とされていました。

 

アクアマリンで有名なのが、この石は照明などの弱い光でも光り輝くという性質があります。

昔、中世ヨーロッパではロウソクの光をあびて美しい姿を見せたことから「夜の女王」という別名がつけられたほどです。

 

また、月の光で照らされて同じような現象があらわれたことから「人魚の石」と呼ばれることでも有名です。

  • ディアナの石
  • 夜の女王
  • 人魚の石

沢山の呼び名があることから、世界各国のあらゆる場所で重宝されていたということが分かりますね。

 

また、アクアマリンは昼と夜では全く別の顔を見せてくれる大変魅力的でかつ神秘的なパワーストーンであることがわかります。

同じパワーストーンアクセサリーなのに見え方が変わるなんでなんだか不思議ですよね!

昼は涼しげなブルーからで特に夏に重宝し、夜の特別な集まりなんかには幻想的なブルーで魅せる、まさにオシャレなファッションにも欠かせないパワーストーンといえるのではないでしょうか。

アクアマリンは海に住んでいる精霊たちが愛した宝物が浜辺に打ち上げられたものであるという伝説があり、海の宝ものと称されることもあります。

 

海に関係する名を持つアクアマリンは、古くは漁師たちからも重宝された石で有名で海での遭難や災厄に遭わないためのお守りとして、また豊漁を願うお守りとして大切にされてきました。

有名な話では、ダイヤモンドに魅了されたフランスの王妃である、マリーアントワネットもアクアマリンの魅力に引かれた人物の一人であるといいます。

 

いまでは、幸せな結婚を象徴するパワーストーンとして人気の高いパワーストーンとなっています。。

 

アクアマリンによるヒーリング効果やエネルギー

  • コミュニケーション能力を向上する
  • 癒しや安らぎの効果をもたらす
  • 幸せな結婚を象徴
  • 旅のお守りに
  • 目の機能を回復する

こういう方にアクアマリンはおすすめ!

アクアマリンは上記でも記述何度か記述していますが、幸せな結婚を象徴するパワーストーンです。

幸せな結婚をやいい出会いを願う「恋愛ストーン」としてのお守りが欲しい方におすすめの石といえます。

 

また、アクアマリンにはコミュニケーション能力を向上するようサポートするパワーがあるといわれます。

コミュニケーションは仕事で上司や取引先の方との関係を築いたり、恋愛では異性との関係や絆を深めるのに欠かせない能力の一つです。

 

アクアマリンはよいコミュニケーションが取れるようサポートするような力もあるようです。

 

アクアマリンの浄化とお手入れ方法

クラスター
さざれ石
太陽光
(日光浴)
月光
(月光浴)
セージ

高品質なアクアマリンは日光浴による浄化は避けてください。

サファイアやルビーが属するコランダム石に次ぐ硬度を誇る石なので、とても硬く安心してアクセサリーとして身につけることができるでしょう。

 

アクアマリンの鉱物データ

英名 aquamarine (アクアマリン)
和名 藍玉 (らんぎょく)
主な産出地 モザンビーク、ブラジル、アフガニスタン、
マダガスカル、アメリカ、インド、
ロシアなど多くの産出国があります。
主な色彩 水色、青、青緑色
モース硬度 8
比重 2.63~2.83
光の屈折率 1.56~1.60
組成・構成 Be3Al2Si6O18
ベリリウム、アルミニウム、珪素、酸素
結晶系 六方晶系
へき開性 不明瞭
その他 3月の誕生石

 

 

アクアマリンとの効果的な組み合わせ

アクアマリンを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

3月の誕生石 アクアマリン +  6月の誕生石 ムーンストーン

アクアマリン + ムーンストーン
【最高に幸せな結婚生活を送る】
【理想的なカップルになる】

3月の誕生石 アクアマリン + インカローズ(ロードクロサイト)  アクアマリン + インカローズ(ロードクロサイト)
【女性の魅力を最大限に引き出す】
【美しさアップ!】
 3月の誕生石 アクアマリン + ブルーレースアゲート  アクアマリン + ブルーレースアゲート
【頭の回転力アップ】
【コミュニケーション能力向上】
【新しい環境にすぐに適応する】

 

 

「アクアマリン」取り扱い商品一覧

当方が運営している「kirakira工房」では、お洒落でファッション性のあるデザインのパワーストーンアクセサリーを取り扱っております。

よろしければ、下記の画像をクリックしてご覧になって見てください。

aquamarine_c_top

 

 


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です