ソープストーン(タルク)|パワーストーン・天然石の意味辞典

ソープストーン(ピンクタルク)

スポンサーリンク



ソープストーンは、とっても甘い恋を連想させてくれるような優しいピンク色が特徴のパワーストーンで、別名のタルクという名前でも有名です。

古くから様々な用途で使用されてきた石で、歴史的に見ても非常に重要な鉱物なソープストーンは、現在でも私たちの身近なものに使用されているパワーストーンなのです。

パワーストーンではビーズ状に研磨されたものなどが出回っており、綺麗なピンク色が人気を呼んでいます。
まだあまり名前が知られていないパワーストーンですが、ピンク色がお好きな方には是非オススメです。

このページでは、ソープストーンについて詳しく説明していきます。

 

ソープストーンについて

ソープストーンは、別名「タルク」という名前でも親しまれている鉱物で、主に白・ライムグリーン・ピンクなどの色彩があります。

この中で最も人気の高いのがピンク色で、市場に出回っているソープストーンのほとんどがピンク色です。
そのため、ピンクソープストーンやピンクタルクという名でも呼ばれるほどソープストーンは「ピンク色の石」というイメージが定着しています。

ソープストーンは日本名で滑石(かっせき)と呼びますが、英名をそのまま直訳した石鹸石と呼ばれることも多いです。

この名前からも想像できるかもしれませんが、美容に重要な化粧品などによく使用される鉱物で知られています。
このソープストーンを粉末状にしたもをベースに、日々使用する石鹸や化粧品を作る重要な役割を果たしているのです。

また、ソープストーンの歴史は古く紀元前から、今でいうアクセサリーにあたる装飾品だったり、陶芸品では主に壺(つぼ)を作る素材に使用していたといわれています。

ソープストーンの特徴はなんと言っても「加工のしやすさ」にあります。
とっても柔らかい石で、爪で強く押し当てるだけで傷が付いてしまうほどです。

モース硬度は一番下の「1」。
世界一硬い物質のダイヤモンドが最大の10(硬度)なので、ソープストーンは「世界で最も柔らかい物質」ということになります。

この性質を生かし、古くから様々な形状の装飾品や陶芸品が作られたといわれ、現在でも工業的な分野でも使用される歴史的に大いに影響を与えた鉱物の一つだといえます。

ただ、ソープストーンをアクセサリーとして身につける場合には衝撃には特に注意しなくてはなりません。
美しいけど大切にしないとすぐに壊れてしまうような、脆くて儚い様はどこか私たち人間の「恋」すらイメージさせてくれます。

 

ソープストーンの意味・歴史

ソープストーンの石言葉

  • 恋愛成就
  • 純愛
  • 優しさ
  • 魅力
  • 安定

ソープストーンの歴史・伝説

ソープストーンは日本名で滑石(かっせき)または石鹸石と呼ばれる、特に柔らかい鉱物で知られる「粘土鉱物」に属します。

歴史の古い鉱物でも知られ、紀元前5000年以上も前から装飾品や陶芸品の素材として利用されていたといわれています。

ソープストーンに馴染みが深い人々では、インディアンやイヌイット族がこの石で生活するうえで欠かせない食器や保存の壺などを作っていたという記録があります。

現在では化粧品に使用される重要な鉱物で知られ、他にも多くの用途で利用されています。
面白い性質が、絶縁性(電気に対しての抵抗が強い)・蓄熱性(熱すれば保温・冷却すれば保冷を保つ)・耐食性(酸に強い)を持ち合わせた鉱物であるということです。

そのため工業的な用途でも多く使用されている鉱物となっています。

 

ソープストーンの効果やエネルギー

  • 恋愛成就のお守りに
  • 純愛を象徴する
  • 優しい気持ちになる
  • 内面から美しさを引出す
  • 精神を安定させ気持ちを落ち着かせる

ソープストーンはこんな方におすすめ!

ソープストーンは、周囲を優しい気持ちで包む込むような癒しのパワーが非常に強いパワーストーンだといわれています。

常に優しい気持ちで接することができ、コミュニケーション向上や人間関係の改善に役立つとされます。

あま~い恋をイメージしてしまいそうなピンクからも想像がつきますが、恋愛成就によい影響を与えてくれるパワーストーンでもあります。
美意識を高めることで、内面から魅力を引出し、本当に素敵な自分になれるようサポートしてくれるでしょう。

 

ソープストーンの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
×

水に溶ける性質があるので、水を使用した浄化は避けるようにしましょう。

硬度がもっとも低いパワーストーンなので、衝撃には特に注意が必要です。

 

ソープストーンの鉱物データ

英名 soapstone(ソープストーン)
別名:talc(タルク)
和名

滑石(かっせき)
別名:石鹸石(せっけんせき)

主な産出地

オーストラリアなど

主な色彩

白色、淡緑色、ピンク色など

モース硬度 1
比重 2.60~2.85
光の屈折率 1.54~1.59
組成・構成

Mg3、Si4、O10、(OH)2

結晶系 三方晶系
単斜晶系
へき開性 一方向に完全

 

ソープストーンとの効果的な組み合わせ

ソープストーンを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

ソープストーン(ピンクタルク) + ローズクォーツ

ソープストーン + ローズクォーツ
【美意識を高め美しさを引出す】
【恋愛成就のお守りに最適


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です