ファイアーアゲート|パワーストーン・天然石の意味辞典

ファイアーアゲート

スポンサーリンク



ファイアーアゲートは、見た目が「炎」をイメージさせるような姿をしているのが特徴のパワーストーンで、オレンジや赤系色が混ざり合った美しい色彩の石でもあります。

名前「アゲート」という名前から、天然石がお好きな方は既にお気づきかと思いますが、この石はアゲート(瑪瑙/めのう)の一種で、あまりにも特徴的で美しい姿をしていることから「ファイアーアゲート」という一つの輝石として呼ばれるようになっています。

このページでは、ファイアーアゲートについて詳しく説明していきます。

 

ファイアーアゲートについて

ファイアーアゲートとは、アゲートに属する鉱物の一種です。
アゲートとは日本名で瑪瑙(めのう)と呼び、聞いたことがある方も少なくないと思います。
この瑪瑙という名前の由来は原石が見せる姿形や模様などが「馬の脳」に似ているということから付けられています。

アゲートはカルセドニーの変種にあたりますが、カルセドニーの中でも模様がくっきりと見られるものをアゲートと分けて呼びます。
ファイアーアゲートは、燃えるような炎の模様がくっきりと現れている石なのでアゲートに属するということが分かりますね。

この石の面白いところは、ビーズ状で出回っているものとルースや原石などでは見た目に大きな違いがあるという点です。

よくビーズなどで出回っているファイアーアゲートは、オレンジ色の炎のような模様が美しい姿のものが多く流通量も多いパワーストーンで、比較的安価な場合が多いです。
このタイプは、模様が炎の様に見えることから「ファイアーアゲート」と呼ばれるようになっていますが、実際は赤またはオレンジのアゲートの場合が多く、着色加工により炎の模様を再現したものも多く存在します。

一方で、アゲートに「リモナイト(褐鉄鉱)」が入り込んだものはビーズなどで出回るものとは全く違った姿が見られ、オレンジ色~褐色の中にレインボーの「虹色の炎」を現します。
このタイプが本来の「ファイアーアゲート」と呼ばれるもので、希少価値が高い鉱物として扱われます。

が、どちらも魅力的な色彩であることに違いはありません。
燃えるような炎の模様を持つ、ちょっと変わったパワーストーンが欲しいという方はファイアーアゲートを是非チェックしてみてくださいね!

 

ファイアーアゲートの意味・歴史

ファイアーアゲートの石言葉

  • 積極性
  • 活性化
  • 明るさ

ファイアーアゲートの歴史・伝説

ファイアーアゲートは、アゲートの中にインクルージョン(内包物)としてリモナイトという鉱物を持つことで、光を当てると虹色の輝きを見せる鉱物です。

全体的な色彩がオレンジ色や褐色のアゲートであり、内部に含まれるリモナイトによって構造の内部がメラメラと燃え上がっているような「炎」をイメージさせるような姿が特徴で、その中に輝くレインボーの輝きは本当に美しいです。

パワーストーンとして出回っているものでは、オレンジや赤色のアゲートを着色したものもで炎のような模様をしているものは総称してファイアーアゲートと呼ばれるようになっています。

 

ファイアーアゲートの効果やエネルギー

  • 積極性を高める
  • ポジティブな気を呼び込む

ファイアーアゲートはこんな方におすすめ!

ファイアーアゲートは、メラメラ燃える炎のパワーでネガティブなパワーやマイナスの要因を消し去り、全身を活性化させるパワーがあるといわれているパワーストーンです。

ネガティブな思考になりがちな方や、気分が沈みがちというかたはファイアーアゲートを身につけてみるといいでしょう。

 

ファイアーアゲートの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ

全ての浄化に適しています。

硬度も高いパワーストーンなので、アクセサリーなどは安心して身につけることができるでしょう。

 

ファイアーアゲートの鉱物データ

英名 fireagate(ファイアーアゲート)
和名

炎瑪瑙(ほのおめのう)

主な産出地

メキシコ、アメリカ、ブラジルなど

主な色彩

オレンジ色、褐色など

モース硬度 6.5~7
比重 2.50~2.60
光の屈折率 1.53~1.54
組成・構成

SiO2

結晶系 三方晶系
六方晶系
※潜晶質
へき開性 なし

 

ファイアーアゲートとの効果的な組み合わせ

ファイアーアゲートを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

ファイアーアゲート + 12月の誕生石 ターコイズ(トルコ石)

ファイアーアゲート + ターコイズ
【積極性と冷静さ】
【勇気や情熱をもたらす】


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です