「青」が美しい最高級アクアマリンといわれる”サンタマリア”ってどんな宝石か


スポンサーリンク



パワーストーンには種類が同じでも、姿が全く異なって見えることがありますが、これは品質(グレードやランクなどともいわれる)が大きく関係しています。

パワーストーンではよく「A」や「AAA(トリプルA)」などと表示され、AとAAAを比較してみると色の濃さや透明度が格段に違う種類もよくあるんです。

海に様に美しい天然石で、かつ3月の誕生石であまりにも有名なアクアマリンも透明感が無く、青の発色が少ないものは「ミルキー・アクアマリン」と呼ばれ、青の濃さや透明度が高まるにつれ好評価になっていきます。

そして一番上の「最高グレード」といわれるものは「サンタマリア・アクアマリン」と称され、この石の最高の美しさが見られます。

ここでは、サンタマリアとはどのようなアクアマリンなのかを説明していきます。

サンタマリアアクアマリンとは

青がとにかく濃く、とにかく美しいアクアマリンの「サンタマリア」。
名前の由来は、ブラジルのミナス・ジェライス州にあった”サンタマリア鉱山”から産出されることから付けられた名前です。

このサンタマリア鉱山で採れるアクアマリンは他で産出されるものよりも、特別「青」が濃く特徴的な美しさを持っていたのです。
そのことから、産出される鉱山名をくっつけて「サンタマリア・アクアマリン」と呼ばれるようになったのです。

サンタマリアといえば「聖母」を意味する言葉なので、それが由来となっているとよく勘違いされがちです。
実は、聖母や人名などは全く関係していないんです。
この名前から、まさか鉱山名から由来しているなんて想像もできませんよね(笑

ただ残念なことに、名前の由来となったサンタマリア鉱山は、すでに絶産してしまい閉鉱しています。
ですので、サンタマリア鉱山で産出されたアクアマリンは出回っているもののみとなり、新しいものが世に放たれることはないのです。
もしお持ちのアクアマリンが、サンタマリア鉱山から採れた正真正銘の「サンタマリア・アクアマリン」であれば超レア物です。

サンタマリア鉱山が閉鉱して、少し経ってから時より目を奪われるように美しいアクアマリンが他の場所でも産出されるようになります。

そのアクアマリンの中には、まさしくサンタマリア鉱山で採れたものと同じ美しさを持つものがあったのです。
そして現在では、サンタマリア鉱山で採れるものと同等の美しさを持つものをすべて「サンタマリア・アクアマリン」と呼んでいます。

中でも有名なのが、アフリカのモザンビーク産です。
モザンビーク産のアクアマリンは、サンタマリア鉱山で採れるような美しい色彩が安定して採れたのです。
最も美しいものが採れるということから、ここで採れるアクアマリンは「サンタマリア・アフリカーナ」と称されました。

このように美しいアクアマリンには「サンタマリア」の名が受け継がれていくことでしょう。


スポンサーリンク