ゴシェナイト(ゴシュナイト)|パワーストーン・天然石の意味辞典

ゴシェナイト(ゴシュナイト)

スポンサーリンク



ゴシェナイトとは、ベリルという鉱物に属する石で水晶のように無垢で透明色をした”氷”のような姿が特徴のパワーストーンです。

このベリルという鉱物は色彩によって呼び名が付けられていて、あの有名なエメラルドが属する鉱物で知られています。
ゴシェナイトは、水晶のような見た目の透明のベリルを指し、もとの鉱物はエメラルドと何ら変わりありません。
つまり、エメラルドの透明色バージョンがゴシェナイトなのです。

ゴシェナイトは、とても貴重な鉱物で流通量が少ないためあまり出会う機会がない存在ですが、透明色のパワーストーンがお好きな方は、美しいゴシェナイトを探し回ってみるのもいいかもしれませんね!

このページでは、ゴシェナイトについて詳しく説明していきます。

 

ゴシェナイトについて

ゴシェナイトは、ベリルという鉱物に属しその中でも無色透明のものだけに付けられた名前です。
まるで氷が化石化したような姿で、水晶のような美しさを持ちます。

ベリルは色彩が異なることで呼び名が付けられ、大きく分けて6種類に分類されます。
この中で有名なのが緑色の発色をしたエメラルドで間違いないでしょう。
また、青色の発色をしたアクアマリンも世界的に有名で、多くの人々に親しまれています。

これらの美しい鉱物の発色のような姿を思わせるカラーとして、よく聞くエメラルドグリーンや、アクアマリンブルーというカラー名が良く使用されているのを目にします。

最近パワーストーンで有名になってきているのが、ピンク色の発色をしたモルがナイトです。
パワーストーンとして市場に出回っているものは、オレンジ~ピンク色の発色が可愛いものが多く非常に注目が高まってきています。

上記の緑、青、ピンク以外のカラーでは黄色いヘリオドール、真っ赤なビクスバイト、そして本記事の主役である無色透明のゴシェナイトがあります。

こちらのカラーは特に産出量が少ないため、ほとんど見かけることがないほど貴重なカラーです。
なかには、ダイヤモンドよりも高値で取引されるものもあります。

本題のゴシェナイトですが、無色透明のベリルはあまり産出されないレアストーンとしてコレクターなどに人気があります。
あの高貴なエメラルドと同じ石だなんて、色彩だけを見れば絶対に分かりませんよね!

ゴシェナイトは産出されるときに、インクルージョン(内包物)が入り込み透明の中に他の色彩が見られるものやクラック(ヒビ)が多く見られるものがあります。
なので100%純粋の透明色は”ホワイトベリル”と称され、相当珍しいといわれます。

このインクルージョンやクラックを持つゴシェナイトが、パワーストーンのビーズなどに加工されて出回ることがあります。
インクルージョンを持つものは、ガーデン水晶のような幻想的なカラーを持ちます。
また、クラックの入り方にもよりますが、光が当たるとレインボーの輝きが見られる美しいものが存在します。

流通量が少ない貴重なパワーストーンのため、かなり高価な場合がほとんどですが、このような貴重なパワーストーンとひとつ持つのもいいですね!

ゴシェナイトの意味・歴史

ゴシェナイトの石言葉

  • 純粋
  • 優雅
  • 気品
  • 上品

ゴシェナイトの歴史・伝説

ゴシェナイトはベリルという鉱物に属する鉱物の一種(俗にいうベリルファミリー)で無色透明のものを指します。
アメリカのマサチューセッツ州にあるゴッシェンという場所で発見されたため、透明のベリルは”ゴシェナイト”と呼ばれるようになりました。

エメラルドと同じ鉱物で知られる高級なゴシェナイトは、かつてヨーロッパでは身分の高い人を象徴する証として、片眼鏡のレンズに使用されていたそうです。

ゴシェナイトは他の色彩のベリルに比べ内包物(インクルージョン)は少ないほうだといわれます。
インクルージョンを含まない真の透明色の「ホワイトベリル」は、カッティング加工(宝石特有の形にカット)することで美しさがより引き立ちます。
このようなホワイトベリルは、カッティング加工されて高級ジュエリー店などに並ぶようなものです。

インクルージョンやクラックが多く見られるものが、ビーズなどに加工され、パワーストーンショップでも取り扱う店があります。

ゴシェナイト効果やエネルギー

  • 富や財の象徴
  • 気品さを高める

ゴシェナイトはこんな方におすすめ!

ゴシェナイトは、身につける人の気品を高め優雅で若々しいパワーを授けるパワーストーンだといわれています。

とにかく美を追求したいという方、いつまでも若い自分でありたいと願う方にぴったりなパワーストーンといえるでしょう。

また、富や財を象徴する高貴なパワーストーンでもあります。
金運や財運などの幸運を呼寄せるよいお守りにもなってくれるでしょう。

ゴシェナイトの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
×

太陽光に弱い性質を持ちます。
長時間の間、直射日光にさらさないよう注意が必要です。

硬度は8と申し分ない硬さを誇ります。

ゴシェナイトの鉱物データ

英名 goshenite (ゴシェナイト)
和名

緑柱石(りょくちゅうせき)

主な産出地

ブラジル、マダガスカルなど

主な色彩

無色

モース硬度 7.5~8
比重 2.63~2.91
光の屈折率 1.56~1.60
組成・構成

Be3Al2Si6O18
ベリリウム、アルミニウム、珪素、酸素

結晶系 六方晶系
へき開性 不明瞭

 

ゴシェナイトとの効果的な組み合わせ

ゴシェナイトを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

ゴシェナイト(ゴシュナイト) + 6月の誕生石 ムーンストーン

ゴシェナイト+ムーンストーン
【いつまでも優雅で美しさをもたらす】


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です