サファイア|パワーストーン・天然石の意味辞典

サファイア

スポンサーリンク



青い宝石といえばサファイアを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
サファイアを実際に見たことが無いという方でも、”青い宝石=サファイア”というイメージができるほど有名な鉱物です。

サファイアはコランダム石という鉱物から成り、ダイヤモンドの次に硬い鉱物でも有名ですね。
この貴重なサファイアは、世界四大宝石のひとつに数えられている存在でもあります。

ジュエリーとして絶大な人気を誇る宝石だということは言うまでもありませんが、パワーストーンアクセサリーとしても非常に人気が高いものとなっています。
とにかく人気のあるパワーストーンをお守りとして身につけたいという方にオススメです。

このページでは、サファイアについて詳しく説明していきます。

 

サファイアについて

サファイアはルビーと同じコランダムグループに属する鉱物で、ダイヤモンドの次に硬い鉱物で有名です。
つまり、世界で二番目に硬いものなんですね!

サファイアと聞くと青色のイメージが強いですが、実は赤色(ルビー)以外はすべてサファイアと呼ばれるのです。
市場に出回っているピンク色のものがピンクサファイアというネーミングで流通しているのはこのためです。
ほとんど見かけることがないですが、緑色や黄色のサファイアもあり、激レアとされる無色透明も存在します。

ですが、パワーストーンアクセサリーとして出回っているルビーやサファイアの発色はバラつきが多いので、ピンク色でもルビーと表示して販売されていることがあります。
これには他にも理由があり、「サファイア=青色」「ルビー=赤色」のイメージが根強いため、赤系全般をルビーとあえて表示したほうが始めて見る方に誤解させないで済むからです。

青色以外で有名なカラーは、蓮(蓮)の花をイメージさせるピンク色~オレンジ色の色彩を持つ「パパラチア・サファイア」があります。
しかし、世界的にみてもサファイアは青色の宝石のイメージのほうが断然強く、最高評価を受けるサファイアも”青”が美しいサファイアなのです。

 

市場に出回っているサファイアは、ジュエリーのような美しい青色ではなく一見すると黒っぽく見えるような色彩のものがほとんどです。
よく見ると藍色の気品漂う姿がよく分かるかと思います。
パワーストーンとして出回っているものは、ジュエリー質でなくても高価な場合がほとんどです。

パワーストーンのビーズ状で、稀に透明感のある美しいブルーのサファイアを見かけることがありますが、かなり高価で取引されます。

ただ、ほとんどのパワーストーンに共通していることですが、小さいもの(2~3mm)であれば驚くような安価で取引されている場合がほとんどです。
小さいとサファイアの魅力が伝わらないように感じますが、この石は”多面カット”することでキラキラと美しい輝きを見せます。
その性質からルビーやサファイアは、表面を多面カットしたものが多く出回っています。
小さいサファイアでも、それを多めに使用することでデザイン性のあるアクセサリーが安価で楽しむことができるのです。

サファイアの意味・歴史

サファイアの石言葉

  • カリスマ性
  • 誠実
  • 勝利
  • 冷静
  • 安定
  • 金運
  • 魔除け

サファイアの歴史・伝説

サファイアの名前の由来は、ラテン語で青色を指す「sapphirus」から付けられた名前です。
コランダムグループに属する鉱物うち赤色以外の全般の色彩をサファイアと呼びますが、青色のイメージが強い鉱物です。
名前の由来も”青色”からきているので、古くから青色の宝石として大切にされていたことがわかります。

サファイアの歴史は古いですが、青色の鉱物全般をサファイアと呼んでいた時代があったそうです。
古くは、ラピスラズリがサファイアと呼ばれていることがあったと伝えられています。

ルビーでは、イギリス王冠を飾るルビーが実はスピネルだったというのが有名ですが、コランダムという鉱物は様々な色彩を見せるため他の鉱物と見間違えることが多かったのでしょう。

現在ではダイヤモンド、ルビー、エメラルドに並び世界四大宝石の一つに数えられ、ラピスラズリと並んで9月の誕生石でも有名です。

サファイアによるヒーリング効果やエネルギー

  • カリスマ性を高める
  • リーダーの資質を開花させる
  • 勝利のお守り
  • 冷静な判断力を養う
  • 金運のお守り
  • 魔除け・厄除け・邪気払いのお守り

サファイアはこんな方におすすめ!

サファイアはカリスマの石ともいわれ、リーダー的存在やその組織の中心となる人物、経営者などが身に付けると常人を超えるような能力を発揮することができるといいます。

自分をしっかりと持つことができるようサポートしてくれるパワーストーンともいわれ、周りに流されやすい人や誘惑に弱いという人が身に付けるといい影響を与えてくれるはずです。

常に冷静でいられるように安定させてくれるパワーがあるといわれ、それによってとてもいい判断力を身につけることができるといいます。
目標達成や成し遂げたい夢がある方にもオススメのパワーストーンといえます。

カリスマ性を高めるパワーストーンとして有名ですが、他にも仕事運や金運、魔除けの護符としても有効なパワーストーンなのです。
ジュエリーとしても非常に人気が高く男性、女性にもオススメのパワーストーンです。

サファイアの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
× ×

紫外線に長時間さらすと退色や変色の原因になる場合があります。
貴重なサファイアの色彩を損なわせないよう、太陽光での浄化はさけるようにしましょう。

また、塩にも弱い性質があるので塩での浄化も避けるようにしましょう。

硬度はかなり高い鉱物なので、アクセサリーの場合は安心して身に付けることができるでしょう。

サファイアの鉱物データ

英名 sapphire(サファイア)
和名

青玉(せいぎょく)

主な産出地

スリランカ、ミャンマー、タイなど

主な色彩

青色など(真っ赤な色彩以外)

モース硬度 9
比重 3.99~4.05
光の屈折率 1.76~1.78
組成・構成 Al2O3
結晶系 六方晶系
(三方晶系)
へき開性 なし
その他 9月の誕生石

 

サファイアとの効果的な組み合わせ

サファイアを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

9月の誕生石 サファイア + 7月の誕生石 ルビー

サファイア + ルビー
【カリスマ性を高めるベストストーン】

9月の誕生石 サファイア + アパタイト

サファイア + アパタイト
【リーダーシップを発揮する】
【組織に欠かせない重要人物になる】


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です