レモンクリソプレーズ|パワーストーン・天然石の意味辞典

レモンクリソプレーズ

スポンサーリンク



レモンクリソプレーズは、正確にはマグネサイトという鉱物ですが、この淡いグリーンアップル色があの希少なパワーストーンである「クリソプレーズ」に非常に似ていることからこの名前で呼ばれます。

発見されたのはごく最近で、この美しさから人気が高まってきているパワーストーンです。
このページでは、レモンクリソプレーズについて詳しく説明します。

 

レモンクリソプレーズについて

レモンクリソプレーズは、マグネサイトという鉱物の一種で2000年以降に発見された新しいパワーストーンです。

名前に「クリソプレーズ」とありますが、クリソプレーズではありません。

 

これは、この鉱物の発見されたとき最初はクリソプレーズの仲間だろうと考えられていたことに由来します。

つまり、クリソプレーズの色彩にそっくりなことから「レモンクリソプレーズ」という名前が付けられたということです。

実際には上記でも書きましたが、マグネサイトに属する鉱物であることが分かっています。

 

マグネサイトといえば「ハウライト」という名前で流通しているターコイズをそのまま白色に変えたようなホワイトカラーが人気を呼ぶパワーストーンが有名ですが、それとは全く異なる姿をしています。

“レモン”と呼ばれるように淡い黄色だったり、クリソプレーズのようなグリーンアップル色が特徴です。

 

「クリソプレーズ」というビッグネームが付けられていることから早くも注目を集め、人気がたかまってきているパワーストーンであり、マグネサイト(ハウライト)同様に価格帯が非常に安価なため、気軽に楽しめるパワーストーンです。

 

関連記事

ハウライト(マグネサイト)の詳しい記事はコチラをご覧ください。
⇒ ハウライト(マグネサイト)|パワーストーン・天然石の意味辞典

 

 

レモンクリソプレーズの意味・歴史

レモンクリソプレーズの石言葉

  • 優しさ
  • 純愛
  • 恋愛成就

レモンクリソプレーズの歴史・伝説

レモンクリソプレーズの名前の由来は、発見当初にこの鉱物の色彩がクリソプレーズに似ていたため「クリソプレーズの一種だろう」と考えられていたことから呼ばれるようになった名前です。

発見されたのは2000年以降と、まだ新しい鉱物で、発見から間もなくクリソプレーズの一種ではなく、マグネサイトの仲間だということが判明しました。

 

このことから、「レモンマグネサイト」で呼ぶことも多くなっていますが、クリソプレーズというビッグネームが話題を呼んだことから、レモンクリソプレーズで呼ぶ場合も多いです。

 

また、この鉱物にはマグネサイトの他にクォーツやガスペストという成分が含まれます。

このガスペイトの含有量によって黄色やグリーンの濃さが決まります。

 

ガスペイトが色彩に大いに影響を与えている重要な成分であることから「ガスペイト・マグネサイト」と呼ばれることもあるようです。

なにかと呼び名が多く、他の鉱物と混合しやすいパワーストーンではありますが、「マグネサイトの一種」と認識しておけばよいでしょう。

 

レモンクリソプレーズやエネルギー

  • 優しい気持ちにさせてくれる
  • 純愛を象徴
  • 恋愛成就のお守り

レモンクリソプレーズはこんな方におすすめ!

レモンクリソプレーズは、純愛を象徴するパワーストーンで、愛や優しさで満たしてくれるパワーがあります。

誰にでも優しい気持ちで接することができるようサポートしてくれるでしょう。

 

また、疲れを癒したりストレスを軽減させるようなパワーが強いパワーストーンでもあります。

日々のストレスからくるイライラ感を鎮めたり、乱れた精神を安定させてくれる効果も期待できます。

 

レモンクリソプレーズの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
× × ×

紫外線や水、塩に弱いパワーストーンです。
浄化する場合はさざれ石やクラスターの上に置いてあげるとよいでしょう。

硬度が低いので衝撃には十分な注意が必要です。

 

レモンクリソプレーズの鉱物データ

英名 lemon chrysoprase(レモンクリソプレーズ)
和名

菱苦土石(りょうくどせき)

主な産出地

オーストラリアなど

主な色彩

黄色、黄緑色など

モース硬度 3.5~4
比重 2.95~3.12
光の屈折率 1.50~1.71
組成・構成 MgCO3
結晶系 三方晶系
斜方晶系
へき開性 完全

スポンサーリンク