スギライト|パワーストーン・天然石の意味辞典

スギライト

スポンサーリンク



スギライトは世界三大ヒーリングストーンと名高い存在で、主に紫色の発色が美しいパワーストーンです。

同じく世界三大ヒーリングストーンであるチャロアイトと見間違えるような色彩のものが存在し、紫色や他の色彩が織り成す姿は、他の鉱物ではまず見られない魅力があります。

 

スギライトのような濃い紫色の発色をしたパワーストーンの種類はごく限られていて、透明度のあるものだとアメジストしかなく、それ以外でも数種類のみです。

そのことからも貴重で珍しい鉱物であることが分かりますね!

 

このパワーストーンは、世界三大ヒーリングストーンと称されるだけあってコレクターなら誰もが欲しがるような鉱物です。

一般の目に触れるようになってからは、その美しい紫の色彩が注目を集めてパワーストーンが好きな方から絶大な支持を得ています。

 

珍しいパワーストーンをお探しの方は、スギライトをチェックしてみてくださいね!

このページでは、スギライトについて詳しく説明していきます。

 

スギライトについて

スギライトは、ラリマーとチャロアイトと並んで世界三大ヒーリングストーンに指定されているパワーストーンです。

チャロアイトに似た色彩を持った鉱物で、紫色の発色が特徴です。

スギライトとチャロアイトは、見間違えるほどそっくりな模様や色彩をしているものも存在しますが、本来の特徴がハッキリと出ているものでは全く違った姿に見えます。

 

紫色の色彩の中に赤色や青色など混ざり合ったものがあり、まるで絵の具の様に赤と青が融合してできたのではないかと思わせるような鮮やかな紫色が綺麗です。

中にはマンガンによる発色の、非常に濃い紫をした変種のスギライトも存在し人気の高いパワーストーンとなっています。

 

というのも、普段ショップで見るスギライトは「変種」のほうで、発見されたときのスギライトの色彩は黄色や茶色帯びた色彩のものでした。

鉱物は同じですが、マンガンが含まれることで全く違った色になるため「変種」と呼ばれるんですね。

 

流通量は昔に比べて明らかに多くなっているため入手しやすいパワーストーンです。

しかし、鉱物的には非常に貴重な石であることからかなりの高額で取引される場合がほとんどです。

 

スギライト本来の美しさを楽しむのであれば、割と大きめ(ビーズだと8mm以上)のほうが多くの色彩が見られるのでオススメですが、もっと安価にスギライトを楽しみたいという方は、形の整っていない小さいチップ状(さざれタイプ)のものをオススメします。

小さいものでも中には驚くような美しい色彩のものが入っているので、さざれ状のスギライトをたっぷり使用することで美しいスギライトのパワーストーンアクセサリーが安価で楽しむことができるのです。

 

 

スギライトの意味・歴史

スギライトの石言葉

  • 浄化
  • 進化
  • 癒し
  • インスピレーション
  • 邪気払い

スギライトの歴史・伝説

スギライトの名前の由来は、なんと日本人の名前から付けられています。

鉱物の歴史は新しく、最初に発見されたのは1944年のことで、学者であった杉健一氏によって発見されました。

 

杉健一氏はエジリン(錐輝石)の研究をしていたことろ、通常その鉱物では見られない色彩を見つけました。

その時、この石はまだ発表されていない新種の鉱物なのではないかと思ったそうです。

 

そしてこの鉱物を学会に発表したのですが、その時はまだ新種と断定するのに分析が不十分だった為、岩城石という仮名で呼ばれたといいます。

後にこの研究は引き継がれ、鉱物学の進歩とともに化学組成が分かるようになり、鉱物の組成を調べた結果、やはり新種の鉱物であることが判明しました。

 

そしてこの鉱物は1977年に正式に新しい鉱物であることが承認され、最初の発見者の名前にちなんで「杉石」という名前が付けられたのです。

20世紀最後になって現れたスギライトは、進化を象徴する存在だといわれました。

 

 

スギライトによるヒーリング効果やエネルギー

  • 強力な浄化作用
  • 進化を象徴し次のステージへステップアップ
  • インスピレーションを高める
  • 強力な邪気払い

スギライトはこんな方におすすめ!

スギライトは世界三大ヒーリングストーンと呼ばれるほど、強力な浄化作用のパワーで満ちているといわれます。

人は一度、恐れや不安に襲われてそれがトラウマになってしまうと抜け出すのは困難になる場合があります。

 

そのような精神的にくるダメージを究極までに癒すパワーがスギライトにはあるといいます。

過去のトラウマから抜け出せない、不安や恐れが勝ってしまうというかたにはオススメのパワーストーンです。

 

スギライトは「進化の象徴」と呼ばれ、新しい道を切り開いたり次のステップへ上がったりと、全く別の世界へ導いてくれるパワーストーンともいわれます。

もっと何かしたい!現状では満足できない!というかたにも非常に良い影響があるといえます。

 

また、強力な邪気払いのエネルギーがあるパワーストーンとしても有名なので、魔除けや厄除けのお守りとしてもオススメのパワーストーンです。

 

 

スギライトの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
×

基本的に世界三大ヒーリングストーンは浄化する必要がないといわれるくらい自浄作用の能力が高いといわれます。

しかし、たまには他のパワーストーンと同様に浄化してあげることをオススメします。

 

水と塩に弱い性質があるため、この二つの浄化方法は避けるようにしましょう。

硬度は高いほうの鉱物なので、アクセサリーの場合は安心して身に付けることができるでしょう。

 

 

スギライトの鉱物データ

英名 sugilite(スギライト)
和名

杉石(すぎいし)

主な産出地 日本、南アフリカ共和国など
主な色彩

紫色など

モース硬度 5.5~6.5
比重 2.70~2.80
光の屈折率 1.60~1.61
組成・構成 K、Na2、(Fe+Mn2+Al)2
Li3、Si12O30
結晶系 六方晶系
※粒状の集合体
へき開性 なし

 

 

スギライトとの効果的な組み合わせ

チャロアイトを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

スギライト + チャロアイト + ラリマー|kirakira工房

スギライト + チャロアイト + ラリマー
【世界三大ヒーリングストーン】
【究極の浄化作用】


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です