チャロアイト|パワーストーン・天然石の意味辞典

チャロアイト

スポンサーリンク



チャロアイトは紫色と白色が混ざり合い”マーブル模様”を作り出している幻想的な姿があまりにも特徴的です。
有名画家が書いたような油絵のようにも見える模様が目を惹きます!

紫色のパワーストーンは、実は数少なくチャロアイトはパワーストーンの中でもレアな色彩なのです。
その珍しい紫色の色彩が、このような幻想的な模様となっているので世界的に見ても大変貴重な鉱物であることは間違いないでしょう。

また、チャロアイトは世界三大ヒーリングストーンのひとつに数えられています。
なんだか凄そうな石であることが分かりますね!

マニアやコレクターにはものすごい人気があるパワーストーンですが、その幻想的な色彩から人気が上昇している傾向にあります。
変わった色彩のパワーストーンが欲しい方は、是非チャロアイトをチェックしてみてください!
幻想的な模様に目を奪われ、チャロアイトのアクセサリーが欲しくなること間違いなし!?

このページでは、チャロアイトについて詳しく説明していきます。

 

チャロアイトについて

 

チャロアイトは主に紫色と白色が絵の具のように混ざった色彩が特徴的なパワーストーンです。
ラリマー・スギライトと並んで、世界三大ヒーリングストーンのひとつでも有名で、その色彩はスギライトとにたようなものがあります。

紫色のイメージが根強いチャロアイトですが、黒っぽいものや赤みを帯びたものも存在します。
色彩ではやはり紫色の発色が良くでているものが高評価され、高価で取引されることが多いパワーストーンです。

幻想的な模様を持つチャロアイトですが、この色彩を作り出しているのは主にマイクロクリン(微斜長石)、エジリン(錐輝石)、ティクナサイト、カナサイト、カリ長石などの多くの鉱物が混ざり合い、これにマンガンが含まれることで紫色のマーブル模様を作り出しています。

 

チャロアイトの意味・歴史

チャロアイトの石言葉

  • 浄化
  • 癒し
  • 洞察力
  • 直感力
  • インスピレーション
  • 邪気払い

チャロアイトの歴史・伝説

 

チャロアイトという名前の由来は、発見された場所がシベリアにあるチャロ川だったことからこの名前が付いたといわれますが、ロシア語で魅惑するという意味の「charo」から付けられた名前だという2つの説が存在します。
後者の説の通り、人々を魅惑するような色彩と模様が特徴的です。

チャロアイトは美しい模様から彫刻用の材料としての利用価値が高く、現地の人々は石材に利用する鉱物としてチャロアイトを採りにいっていたそうです。

発見されたのは1940年代頃とまだ新しい鉱物ですが、発見当初は角閃石の仲間だろうと思われていたそうです。
しかし、鉱物学者で有名だったベーラ・ロゴワ女史の研究によって1978年に全く新しい鉱物であることが判明しました。

現在では世界三代ヒーリングストーンとして有名なパワーストーンですが、ロシアのムルン山塊でしか産出が確認されていないため流通量が極めて少ない鉱物となっています。
良質のチャロアイトの産出量は激減しているのに対し、この石の人気は高まってきているので、高品質のチャロアイトはなかなかお目にかかれなくなるかもしれません。

チャロアイトによるヒーリング効果やエネルギー

  • 強力な浄化作用
  • 恐れや不安を断ち切る
  • インスピレーションをもたらす
  • 深い癒しの効果
  • 邪悪なものを一切寄せ付けない

チャロアイトはこんな方におすすめ!

チャロアイトは世界三大ヒーリングストーンと呼ばれるほど、強力な浄化作用や深い癒しをもたらしてくれるパワーストーンだといわれます。

特に精神的に受けてしまった大きなダメージを癒してくれるパワーが強力だといわれ、恐怖心や不安が芽生えてしまった心に強く反応して、深い浄化作用でマイナスのエネルギーを綺麗にしてくれるといいます。

芸術的ともいえる紫色の模様は、インスピレーションをもたらすパワーがあるといいます。
まさに芸術関係のお仕事をされているかたにぴったりなパワーストーンです。

また、チャロアイトは強力な邪気払いのパワーストーンとしてもしられ、邪悪なものを一切寄せ付けないお守りになってくれるといわれています。

 

チャロアイトの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
×

塩に弱い性質があるので、塩を使った浄化はしないようにしましょう。

硬度はそれほど高い鉱物ではないので、衝撃には注意が必要です。

チャロアイトの鉱物データ

英名 charoite(チャロアイト)
和名

チャロ石(ちゃろせき)

主な産出地 ロシア
主な色彩

紫色など

モース硬度 5~5.5
比重 2.54~2.68
光の屈折率 1.55~1.56
組成・構成 (K、Na)5、(Ca、Ba、Sr)8
Si6、O16
(Si6、O15)2、nH2O
結晶系 単斜晶系
※繊維状
へき開性 あり(明瞭)

 

チャロアイトとの効果的な組み合わせ

チャロアイトを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

チャロアイト + 高品質アメジスト|kirakira工房 + ラブラドライト|kirakira工房

チャロアイト + アメジスト  + ラブラドライト
【芸術的才能を開花させる】
【インスピレーションを高めるベストストーン】

チャロアイト + スギライト + ラリマー|kirakira工房

チャロアイト + スギライト + ラリマー
【世界三大ヒーリングストーン】
【究極の浄化作用】


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です