ワイルドホース|パワーストーン・天然石の意味辞典

ワイルドホース

スポンサーリンク



ワイルドホースは、赤や褐色の色彩と見事なくらい真っ白なホワイトカラーが混ざり合ったパワーストーンです。
産出量が極めて少なく、希少価値の高い鉱物でも知られます。

“ワイルドホース・マグネサイト”と呼ばれることもあり、マグネサイトやターコイズに似たような模様が特徴的で、よくシルバーパーツと組み合わせカッコいいデザインのものが多く流通することから、特に男性に人気の高いパワーストーンとなっています。

このページではワイルドホースについて詳しく説明していきます。

 

ワイルドホースについて

ワイルドホースマグネサイトは、一般的に”ハウライト”という名前で市場に出回っている「マグネサイト」にヘマタイトなどの鉱物が混ざり合ったパワーストーンで、通称「ワイルドホース」の名で親しまれています。

ワイルドホースの産地は、地球上最も神聖な”聖地”と呼ばれるグランドキャニオンやセドナのあるアリゾナ州のみで産出される貴重なパワーストーンです。

ワイルドホースとは鉱物の正式な名前ではなく、このアリゾナ州に生息している野生の馬やネイティブアメリカンでも知られるネパーズ族が所有していた改良品種だといわれるアルパーサという品種の馬の模様に良く似ていることから付けられた名前だといわれています。

また、ワイルドホースはとても産出量が少ない鉱物なので、発見が非常に難しいことから「野生の馬を捕まえるとの同じくらい困難」であることから名づけられた名前だといわれる説もあります。

このことからネイティブアメリカンの間では、特に神聖な石として扱われていた存在に違いありません。

このワイルドホースとよく混合されるパワーストーンでホワイトバッファローやホワイトターコイズというものがあります。
ホワイトハッファローとは、数千・数万頭に一頭しか生まれない幻のバッファローにちなんで付けられた名前で、これはアメリカのネバタ州にある鉱山のみから産出されるものを指します。

ホワイトターコイズは、同じくネバタ州のドライクリーク鉱山でのみ産出される「ドライクリーク・ターコイズ」のことをホワイトターコイズと称されるようになっています。
見た目そっくりなハウライトやマグネサイトをホワイトターコイズの名で流通しているのをよく見かけますが、これらの鉱物は組成自体違い、全く別の鉱物なのです。

見た目がターコイズの模様にそっくりなことで知られるワイルドホースですが、実際にターコイズと混合して産出されることで知られます。
スカイブルーが美しいターコイズには、Al(アルミニウム)が含まれることで色鮮やかなブルーの発色を見せますが、ワイルドホースにはこのアルミニウムが含まれないため青色の発色が見られないのです。

似たパワーストーンですが、同時に産出される鉱物同士であってもワイルドホースのほうが圧倒的に数が少なく、レアストーンとして扱われます。

 

ワイルドホースの意味・歴史

ワイルドホースの石言葉

  • 邪気払い
  • 魔除け
  • 厄除け
  • 幸運
  • 奇跡

ワイルドホースの歴史・伝説

ワイルドホースの名前の由来は大きく分けて2つあり、1つ目の説が産出地であるアリゾナ州に生息する野生の馬の模様に似ていたことからこの名前で呼ばれるようになったという説です。

もうひとつの説は、ワイルドホースはとても珍しい鉱物で発見が容易ではありません。
そのことからワイルドホースの発見は「野生の馬を捕まえるのと同じくらい困難」だということから付けられたという説があります。

かつてネイティブアメリカンのネパーズ族と共に生きた、アルパーサという品種の馬の模様に良く似ていることや、実際に産出量が極めて少なく市場に出回るのも珍しいことから、どちらの説にも当てはまります。

産地であるアリゾナ州でワイルドホースが発見されたのは1990年代と鉱物の歴史では非常に新しいものとなります。
この石を調べてみたところ、同じ石が他国では既に紀元前から装飾品などで利用されていたということが分かっています。
特にネイティブアメリカンにっとては特に神聖な存在として崇められ、ホワイトターコイズ同様にこの石を見つけたものは神の化身となれると信じられていたそうです。
また、悪を寄せ付けない魔除けの護符や、奇跡を起こす魔法の石として大切にされていたともいわれています。

現在、ワイルドホースと呼ぶのは聖地といわれるグランドキャニオンやセドナのあるアリゾナ州で産出されるもののみとなっています。

ワイルドホースによるヒーリング効果やエネルギー

  • 奇跡を呼ぶ
  • 幸運を呼び込む
  • 魔除け、厄除け、邪気払いの護符として最適

ワイルドホースはこんな方におすすめ!

ワイルドホースは、かつてネイティブアメリカンの間で神聖な存在として崇められていた存在で、悪いものを絶ち幸運や奇跡を呼び込むことができる石だと信じられていたパワーストーンです。

ターコイズの青色の発色をなくしたような模様が特徴的で、シルバーパーツとの相性が抜群です。
このワイルドホースを埋め込んだお洒落なアンティーク風なペンダントなど、カッコいいデザインのものが多く出回っています。

ターコイズとはまた違った魅力のあるパワーストーンをお探しの方にはワイルドホースはお勧めのパワーストーンといえます。

また、魔除けや厄除けなどの邪気払いのパワーが非常に強力といわれるので、厄年の方が「厄除けのお守り」として身に付けるのもオススメです。

ワイルドホースの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
× × ×

紫外線、塩、水は品質の低下を招く恐れがあります。
日光浴や塩を使った浄化、水浴は避けたほうが無難です。

高度が低いパワーストーンなので、衝撃には十分な注意が必要です。

ワイルドホースの鉱物データ

英名 wild horse(ワイルドホース)
和名

主な産出地

アメリカ

主な色彩

白色、赤色、褐色

モース硬度 4~4.5
比重 3.00~3.10
光の屈折率 1.62
組成・構成

MgCO3

結晶系 三方晶系
へき開性 明瞭

 

ワイルドホースとの効果的な組み合わせ

ワイルドホースを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

ワイルドホース + 12月の誕生石 ターコイズ(トルコ石)

ワイルドホース+ ターコイズ 
【強力な魔除け・厄除けの護符】
【幸運・奇跡を呼ぶ】


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です