ハイパーシーン|パワーストーン・天然石の意味辞典

ハイパーシーン

スポンサーリンク



ハイパーシーンは、黒光りする美しい表面に”シラー”という神秘的な輝きを持つパワーストーンです。
シラーというのは、真珠(パール)のように石の一部分が強い光を放つ効果で、このシラーを持つパワーストーンではムーンストーンがあまりにも有名です。

黒のカッコいい外観に、お洒落で美しい輝きを併せもつパワーストーンなので、普段のファッションやお仕事でスーツを着る方まで、幅広く活躍してくれます。

このページでは、ハイパーシーンについて詳しく説明していきます。

 

ハイパーシーンについて

ハイパーシーンは、一見すると真っ黒い色をしたパワーストーンにしか見えないかもしれませんが、全体的に光沢があるので日中の明るい場所や、光が強い場所では美しい姿が見られるはずです。

ハイパーシーンの美しさは、この石の最大の特徴である”シラー”と呼ばれる神秘的輝きを持つというところにあります。
パワーストーンがお好きな方が”シラー”と聞くと6月の誕生石でも有名なムーンストーンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ムーンストーンには多くのカラーバリエーションがありますが、一言で「ムーンストーン」というと基本的にホワイトカラーのものを指します。
ムーンストーンは女性から圧倒的な人気を誇る石ですが、対照的な「黒」がカッコいいハイパーシーンは男性から人気のあるパワーストーンとなっています。

 

ハイパーシーンの意味・歴史

ハイパーシーンの石言葉

  • 育成
  • 生長
  • 強化
  • 人気
  • 根性

ハイパーシーンの歴史・伝説

ハイパーシーンの名前の由来は、ギリシア語で”超越”を意味する「huper」と”強さ”を意味する「sthenos」から付けられた名前です。

ハイパーシーンは、ブロンザイトという鉱物などが属する「パイロキシン」という鉱物の一種ですが、ブロンザイトと比較してハイパーシーンの方が少し硬度が高いことから石の名前である”超越”や”強さ”という言葉の由来となっています。

ハイパーシーンの効果やエネルギー

  • リーダーの資質を開花
  • 信頼を獲得する
  • 最高のパートナーを引き寄せる

ハイパーシーンはこんな方におすすめ!

ハイパーシーンは、サファイアの様なカリスマ性を高めるパワーに似たようなエネルギーを秘めた石で、また人から信頼を得たり組織を成長させるようなリーダーとしての資質を開花させるパワーストーンでもあります。

無我夢中で取り組む貴方に周囲は惹かれ、いつしか輪の中心的な人物へ生長していく。
ハイパーシーンは、本当の意味で持ち主を成長させてくれる石だといえます。

 

ハイパーシーンの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
×

太陽光に弱い性質があります。
長い時間、直射日光に当てておかないよう注意が必要です。

硬度はあまり高いほうではないので、衝撃には注意が必要です。

ハイパーシーンの鉱物データ

英名 hypersthene(ハイパーシーン)
和名

紫蘇輝石(しそきせき)

主な産出地

アメリカ、ブラジルなど

主な色彩

黒色

モース硬度 5.5~6.5
比重 3.40~3.50
光の屈折率 1.65~1.68
組成・構成

(Mg,Fe)2Si2O6

結晶系 斜方晶系
へき開性 明瞭

 

ハイパーシーンとの効果的な組み合わせ

ハイパーシーンを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

ハイパーシーン + アパタイト

ハイパーシーン + アパタイト
【最高のリーダーへと生長する
【絆を深め信頼を得る


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です