ヘソナイト|パワーストーン・天然石の意味辞典

オレンジガーネット

スポンサーリンク



ヘソナイトとは、数多く存在するガーネットの種類の中で、オレンジ色の発色のものに名づけられた名前です。
ですので「オレンジガーネット」の名前でも広く流通・認識されているパワーストーンでもあります。

日本名で柘榴石(ざくろいし)と呼ばれるように独特の姿をしたガーネットは、この石にしかない魅力があると共に、1月の誕生石にも指定されている存在。

このページではヘソナイト(オレンジガーネット)について詳しく説明していきます。

 

ヘソナイトについて

ヘソナイトはガーネットのオレンジ色をしたものを指すことから「オレンジガーネット」の名前で流通していることが多いパワーストーンです。

有名な鉱物であるガーネットは、ほとんどの方が聞いたことがある名前だと思いますが、実はこのガーネットという名前はグループ名となっているのです。
というのも、ガーネットには多くの種類が存在し、大きく分けて14種類も確認されているのです。

その中の一つにヘソナイトがあるというわけです。
このヘソナイトはガーネットのグループの「グロッシュラー・ガーネット(灰ばん柘榴石)」に属する鉱物で、このグロッシュラーには「ツァボライト」と「ヘソナイト」があまりにも有名な存在です。

ヘソナイトは、主に鉄分とマンガンを含むため黄色やオレンジ~赤みがかった発色となりますが、ツァボライトはクロム(エメラルドの発色原因)を含むため全く違った緑色の発色となります。

ちなみにヘソナイトと聞いて、それが何の鉱物なのか分かる方は少ないはずです。
そのためパワーストーンではヘソナイトの名前よりもオレンジガーネットの名で流通していることのほうが圧倒的に多いです。
オレンジガーネットと聞けば、「ガーネット」というキーワードからイメージがしやすいですよね。

ガーネットは独特の亀裂が入った結晶を作る鉱物なので、傷やインクルージョン(内包物)、クラックが少ないものはレア物といってもよいでしょう。
透き通るように美しく、傷やインクルージョンが無いものは宝石店でしか見られない代物となります。

また、一般的にオレンジガーネットと呼ばれる鉱物ですが、発色原因となっている鉄分やマンガンの含有量によって、黄色になったり鮮やかなオレンジだったり、褐色や赤に近い色など多くのカラーが楽しめるパワーストーンでもあります。

どれも温かみのある発色が美しいパワーストーンです。

 

ヘソナイトの意味・歴史

ヘソナイトの石言葉

  • 実りの象徴
  • 不変の愛
  • 生命力
  • 精神力

ヘソナイトの歴史・伝説

ヘソナイトは、ガーネットのグループの中にある「グロッシュラー・ガーネット」の代表格の一種で知られます。

主に鉄分とマンガンによる発色で黄色、オレンジや赤みが強い発色が特徴です。
市場に出回る多くはオレンジ色のものが多いため「オレンジ・ガーネット」の名前で流通していることが多い鉱物となっています。

ヘソナイトにはかつて、色によって呼び名がありました。
オレンジ色の発色が強く出ていたり赤に近いものを「シナモン」と呼び、褐色を帯びたものには「ジャーシンス」という呼び名がありました。

その後に「ヒヤシンス」と呼ばれるようになるのですが、他の鉱物でジルコンやサファイアも同じヒヤシンスと呼ばれるものが存在します。
3つの種類が同じヒヤシンスの名を持つと混合して流通してしまう恐れがある為、使われることが少なくなっていきます。

そして、1822年にフランスの鉱物学者であったアウイ氏により「ヘソナイト」と名づけられ現在に至ります。
オレンジガーネットとは、「ヘソナイト」「シナモン」「ヒヤシンス」と多くの名称を持つ歴史を感じさせてくれるパワーストーンなのです。

 

ヘソナイトやエネルギー

  • 真実の愛を象徴
  • いつまでも変わらない気持ち
  • 生命力を高める
  • 強靭な精神力を身につける

ヘソナイトはこんな方におすすめ!

ヘソナイトは生命力、精神力を高めるパワーがあるといわれます。
どんな状況にも打ち勝つことができるような不屈の精神を養い、達成するまであきらめない力をもたらすヘソナイトは、ませに成功の象徴。

また、絶対にあきらめない力は勝負事にもチカラを貸してくれます。
現状を打開したい、達成したい目標がある、ステップアップを目指す方にヘソナイトはぴったりなパワーストーンといえるでしょう。

 

ヘソナイトの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ

すべての浄化に適しているパワーストーンです。
色々な浄化を試してみるのもいいかもしれませんよ!

高度が高いパワーストーンなので、アクセサリーは安心して身につけることができます。

 

ヘソナイトの鉱物データ

英名 hessonite(ヘソナイト)
和名

ヘッソン石

主な産出地

スリランカ、ブラジルなど

主な色彩

黄色、オレンジ色、褐色など

モース硬度 6.5~7.5
比重 3.64~3.68
光の屈折率 1.73~1.76
組成・構成 Ca3Al2(SiO4)3
結晶系 等軸晶系
へき開性 なし

スポンサーリンク