超低コスパで”ターコイズブルー色”が楽しめる「ハウライトターコイズ」の魅力


スポンサーリンク



12月の誕生石でも有名な石である「ターコイズ」とは、誰もが聞いたことがある名前ではないでしょうか。

その色彩は「スカイブルー」「シーブルー」など、美しい青色が特徴で、中にはエメラルドグリーンのような色彩だったり、緑色と青色が混ざり合っているような独特の美しさがあります。

 

そのことから「ターコイズブルー」という言葉まで生まれました。

ターコイズという鉱物は、実は天然のものは結構な高値で取引されるのですが、人気のあまり「偽物」が多いのも事実です。

 

しかもターコイズの代用品は本物顔負けというくらい見分けがつきにくいです。

まあ、普通は”本物じゃない”とちゃんと明記されていて、しかも価格がかなり安価なので誰でもわかるようになっています。

 

今回は、その本物と見分けがつかないくらい美しいパワーストーンにスポットライトを当ててみます。

 

ターコイズの代用品とは

ターコイズとはアクセサリー界では知らない人がいないというくらい有名なパワーストーンで、綺麗な青色が美しいことで知られます。

多くの青系や緑系の色彩が混ざり合うターコイズは、今や「ターコイズブルー」の発色が美しいなどとも称されるほどです。

 

アクセサリー屋さんとかでも結構見る機会が多い石ですが、実は天然物じゃないターコイズもかなり多く出回っています。

天然のターコイズは大きさや品質にも左右されますが、大抵の場合は高価な石です。

 

あまりに人気ゆえに、他の鉱物を加工してターコイズそっくりにした代用品が登場しました。
その代用品で使用される鉱物は以下です。

howlite_300

これはマグネサイトというパワーストーンですが、「ハウライト」という名前で流通していることが多いです。

ターコイズ(トルコ石)|kirakira工房

そしてこちらが天然のターコイズの画像です。

二つを見比べてみると、マグネサイトってターコイズの真っ白バージョンというくらい似ていると思いませんか!?

 

ターコイズにもマグネサイトと同じ様な黒い模様が入っていて、リアルなくらい似ていることが分かるはずです。

ではどのように加工されるかというと、この真っ白いマグネサイトをターコイズブルーに「染色」するのです。

 

そうするともうお分かりですね!
ターコイズそっくりなパワーストーンが出来上がるというわけです。

 

名前の表記に注目!

100%天然の、いわゆる「本物」のターコイズには大抵「天然ターコイズ」又は「ターコイズ」という風に、”これは加工したものではない”という意味を表す天然の文字や、ターコイズのみで表記されることがほとんどです。

 

一方、加工品には様々な名前が存在しますのでターコイズを購入するときのご参考にしてみてください。

 

  • ハウライト・ターコイズ
  • マグネサイト・ターコイズ
  • ターコイズ(染色)

など上記の他にもありますが、大体こんなところです。

 

ハウライトターコイズとマグネサイトターコイズは、「ターコイズ」の名前の前にくっついているパワーストーンをベースに加工したものです。

実はハウライトという鉱物もかなり誤解の多い石で、現在ハウライトという名前で出回っているもののほぼすべはマグネサイトなのです。

 

ハウライトとマグネサイトは普通に見るだけでは区別がつかないくらい似ています。

しかし、ハウライトのほうが圧倒的に希少価値が高く、認知度も高いため、あまり知られていないマグネサイトをハウライトとして流通したことがきっかけで有名になってしまったのです。

 

なのでレアストーンである本物のハウライトに染色なんて勿体無さ過ぎて染色なんてされることはありません。

ハウライトターコイズも、マグネサイトターコイズも「マグネサイトを染色した物」です。

 

知名度の高い「ハウライト」の名前を取ってハウライトターコイズと表記されていることが多いです。

また、グレードの低い発色の薄い天然ターコイズに染色加工されることもあります。

この場合はターコイズ(染色)と表記されることが多いです。

 

これ以外にも「練り」という表記を見たことはありませんか?

ターコイズ(練り石)というような表記をされることが多いです。

 

この練り石の場合は、他の鉱物を加工するのではなく「すべて人工的に作り上げる」ターコイズなのです。

本物のターコイズを一度、粉末状にしてから再度固めて作られたりしたものも「練り」になります。

しかもプロの鑑定士ですら本物と見間違えるほど精巧だというのだから驚きです。

 

ハウライトターコイズの魅力

本物と偽って高値で売っていればそれはただの「偽物」で、購入時には注意しなくてはならない存在。

しかし、ちゃんと「これは加工した石ですよ」と明記されているものであれば、偽物とは全く違います。

 

天然のターコイズとは、上記でも書きましたが基本的に高価である場合がほとんどです。

しかし、この「ターコイズブルー」に魅力を感じて、この石を欲しがる方も多いはず。

 

そんなときに注目すべき存在ことが「ハウライトターコイズ」です。

一般的にハウライトと呼ばれているマグネサイトという鉱物はとても安価なので、とにかく安価でターコイズブルーを楽しめるという魅力があるのです。

 

染色の注意点!

他のパワーストーンでも同じことが言えますが、染色されたパワーストーンで絶対に注意しなくてはいけないのが「色落ち」です。

安価で購入できる分、リスクも伴うことを理解しておきましょう。

 

特に注意しなくてはならないのが、色落ちした染色物が衣類に付着してしまうことです。

高級ブランドや白など明るい服に付着してしまったらショックでなりませんよね。

 

染色物は身につけるシーンも考えなくてはならないといえます。

この染色物の弱点は「水分」です。

 

できるだけ水が付着しないよう心がけましょう。

 

ターコイズ購入時の注意

プレゼント用など大切な方の為にターコイズを求める場合、天然のものが欲しいと考える方がほとんどでしょう。

その場合はちゃんと「天然」の表記があるかどうか。

 

又は、ハウライトやマグネサイト、練りの表記が無いかを確認してください。

不安であればショップへ直接電話などで問い合わせてみるのがいいでしょう。

 

関連記事

ターコイズについての詳しい記事はコチラをご覧ください。
⇒ ターコイズ(トルコ石)の意味辞典
ハウライト(マグネサイト)についての詳しい記事はコチラをご覧ください。
⇒ ハウライト(マグネサイト)の意味辞典

スポンサーリンク