ブルートパーズ|パワーストーン・天然石の意味辞典

ブルートパーズ|kirakira工房

スポンサーリンク



トパーズは世界中から愛されている宝石で、トパーズという名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ブルートパーズは、透明度抜群のボディに透き通るように美しい水色が特徴です。

 

パワーストーンアクセサリーでも相当な人気を誇る石でもあり、涼しそうな夏色カラーから特に夏場に大活躍してくれること間違いなし!

 

また、11月の誕生石としても有名なパワーストーンなので自分の誕生石を身につけたいという方にもオススメです。

このページでは、ブルートパーズについて詳しく説明していきます。

 

ブルートパーズについて

トパーズ本来のカラーは無垢透明をしていますが、これにアルミニウムのケイ酸塩やフッ素などを含むことで様々な色彩を持ちます。

日本ではトパーズを黄玉(おうぎょく)といい、ブルーの発色以外にも他の色彩が見られることが分かります。

 

様々な色彩を持つトパーズですが、パワーストーンで出回っているものはブルートパーズが一番ポピュラーな存在となっているといえます。

ブルー以外の色彩のものは希少価値が高いものも多く、基本はジュエリーとして扱われビーズで出回ることは少ないです。

 

ブルートパーズは、流通量は比較的多く品質も安定しているのが特徴です。

価格は高価なものが多いですが、それに見合うだけの価値がきっとあります。

 

ただ、市場に出回っているブルートパーズのほとんどが放射線照射という加工をして色を付けたものとなっています。

 

無色のトパーズはブルーやグリーンの発色になり、黄色いトパーズに放射線照射をするとピンク色のトパーズになります。

 

ブルートパーズに良く似たパワーストーンではアクアマリンがあります。

高品質の高価なアクアマリンと見た目がそっくりですが、アクアマリンは品質にバラつきが非常に多い鉱物で、透明感が無く淡いブルーのミルキーアクアマリンと呼ばれるものがあったりします。

 

ジュエリークラスのアクアマリンとは似て非なるものと言えるくらいそっくりな姿をしています。
アクアマリンはジュエリークラスでもほとんどの場合、加熱処理がなされます。

宝石の美しさを最大限に引出すために、なんらかの加工は施されていることが多いのですね。

 

むしろ、ブルートパーズは加工により品質の安定した美しいものが多く流通したことで爆発的に人気が出たといってもいいパワーストーンなのです。

 

ブルートパーズは、透き通るような透明感はどの石にも基本あります。

これにクラック(ヒビ)の入りかたが多かったり少なかったりという点の違いが大きく目に付くところでしょうか。

 

ブルーの発色は淡い水色がほとんどですが、濃いブルーがでているものは非常に高価な値段で取引されます。

 

ちなみに、トパーズで有名なのは「インペリアルトパーズ」という最高ランクに位置するグレードのものです。

名前にインペリアルがという文字がついた、まさに宝石質の特に美しい姿が特徴です。

有名なのが、ブラジルのミナスジェライス州で産出されるインペリアルトパーズは「シェリー酒色」と称され、その姿は黄金に輝く美しいトパーズです。

これが日本名の黄玉(おうぎょく)と呼ばれる所以でしょう。

インペリアルトパーズの詳しい記事は「インペリアルトパーズ|パワーストーン・天然石の意味辞典」をご覧ください。

 

シトリントパーズという名前がありますが、古くはシトリンとトパーズは同じ鉱物だと思われていました。
しかし、この二つは全く別の鉱物です。

 

bluetopaz_gazou

本当に綺麗な「水色」が美しいですね。

まさに、水をそのまま石にしたかのような「水の宝石」というべきでしょうか。

 

上記でも高品質のアクアマリンとは似て非なるものというほど、同じ様な姿をしているパワーストーン同士だと書きました。

最高品質のアクアマリンは、本当に上記の画像と見分けがつかないほど似ています。

 

しかし、ここまで美しいアクアマリンは驚くほど高価で取引されます。

逆にブルートパーズは、大体の品質が安定(画像のような姿のものが多く出回っている)しており、透き通るように綺麗な「水」のようなものが手に入りやすいです。

 

やさしい青色、水色がお好きな方には是非おすすめのパワーストーンです。

 

関連記事

アクアマリンについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ アクアマリン|パワーストーン・天然石の意味辞典

 

 

ブルートパーズの意味・歴史

ブルートパーズの石言葉

  • 誠実
  • 豊穣
  • 幸運
  • 出世
  • 恋愛成就
  • 博愛

ブルートパーズの歴史・伝説

世界的に有名な鉱物であるトパーズですが、この名前の由来には2つの説が存在します。

 

まずひとつ目が、紅海にザバルガット島という島があります。

英名でセント・ジョーンズ島という現在では有名な島です。

 

この島はその昔、トパジオス島といわれ伝説の島といわれていました。

なぜ伝説とされていたかというと、霧などの気象現象により発見が非常に難しいことで知られています。

 

そのことから、この時代のエチオピアの人々から「探し求める」を意味する「トパージン」にちなんでトパジオス島という名前が付けられ、ここで採掘される石をトパーズ呼ぶようになったという説です。

ただ、ザバルガット島(セント・ジョーンズ島)は高品質のペリドットが産出され続けたことで有名で、トパーズが産出されたという話はありません。

 

古代ギリシア時代や古代ローマ時代の人々は、ペリドットをトパーズと呼んでいたという記録が残っています。

 

ふたつ目が、サンクリット語で火を指す「topaz(トパズ)」からこの名前が付けられたのではないかという説があります。

パワーストーン最大の産出国であるブラジルでは、271kgという巨大なトパーズの結晶が産出されています。

これが現在のトパーズの標本では世界最大のものとなっています。

 

ブルートパーズでは、2016年の9月に「9381カラット」でなんと「2kg」の宝石(カット済み)が発表されたばかりです。

この宝石は発表より30年前に既に発掘されていて、金庫に保管されて発見者が大切にしていたそうです。

 

それを譲り受けた息子さんが、「誰もが美を無料で楽しむべきだ」と公開に至りました。

これがブルートパーズでは世界最大のものとなります。

 

トパーズはもともとは無垢透明の石で、ダイヤモンドに施されるブリリアントカットをしたトパーズの輝きはダイヤと見間違える姿をしています。

そのためダイヤモンドの代用品として利用されることもあり、17世紀に世界最大のダイヤモンドと認定されたポルトガル王1640カラットの巨大ダイヤは、実はトパーズであるといわれています。

 

現在ではシトリンと並んで11月の誕生石で有名なパワーストーンとなっています。

 

ブルートパーズによるヒーリング効果やエネルギー

  • 富や豊穣のお守り
  • あらゆる場面でチャンスを引き寄せる
  • 出世をサポート
  • 恋愛成就のお守り

ブルートパーズはこんな方におすすめ!

ブルートパーズは、持ち主にとって本当に必要なものを引き寄せてくれるパワーストーンだとされています。

ビジネスでは生涯共に生長し続けることができるような人との出会い、恋愛面では最高の結婚相手との出会いをサポートしてくれるでしょう。

 

富や豊穣をもたらすパワーストーンでも知られ、良き出会いが後の人生をよい方向に向かわせ財を築いたり、お金にはかえられない価値ある時間を生んでくれる幸運のお守りになってくれるに違いありません。

 

ブルートパーズの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
×

紫外線に長時間さらすと退色の原因になる場合があるので、日光浴での浄化は控えたほうが無難でしょう。

硬度が高いパワーストーンですが、衝撃に弱い性質があるので取り扱いには注意が必要です。

 

ブルートパーズの鉱物データ

英名 blue tooaz(ブルートパーズ)
和名 黄玉(おうぎょく)
主な産出地 スリランカ、ブラジルなど
主な色彩

透明、水色など

モース硬度 8
比重 3.50~3.57
光の屈折率 1.61~1.64
組成・構成 Al2(F、OH)2、SiO4
結晶系 斜方晶系
へき開性 一方向に完全
その他 11月の誕生石

 

 

ブルートパーズとの効果的な組み合わせ

ブルートパーズを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

11月の誕生石 ブルートパーズ + ローズクォーツ

ブルートパーズ + ローズクォーツ
【美しさを引出す】
【恋愛成就のお守りに最適】

11月の誕生石 ブルートパーズ + クンツァイト|kirakira工房

ブルートパーズ + クンツァイト
【最高のパートナーを引き寄せる】

 

 

「ブルートパーズ」取り扱い商品一覧

当方が運営している「kirakira工房」では、お洒落でファッション性のあるデザインのパワーストーンアクセサリーを取り扱っております。

よろしければ、下記の画像をクリックしてご覧になって見てください。

bluetopaz_c_top

 


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です