ニュージェイド|パワーストーン・天然石の意味辞典

ニュージェイド

スポンサーリンク



ニュージェイドは、翡翠(ヒスイ)のような淡いグリーンの発色が特徴的なパワーストーンです。
名前を直訳すると「新しいヒスイなの?」と翡翠を連想する方も多い石だと思いますが、実は翡翠とは全く関係なく、サーペンチンという鉱物に属する石です。

ちょっとややこしい名前を持つ石ですが、とにかくヒスイのような美しさを持つパワーストーンであり、しかも安価で手に入れることができることから人気の高い存在です。

このページでは、ニュージェイドについて詳しく説明します。

 

ニュージェイドについて

ニュージェイドは、サーペンチンという鉱物に属する一種で知られます。

名前にジェイド(翡翠)の名前が入っているし、その色彩から見ても翡翠の一種だと思われる方が非常に多いパワーストーンとなっています。

しかし、ニュージェイドは翡翠とは全く別の鉱物です。
実際にはサーペンチンという鉱物ですが、見た目が翡翠にそっくりなため、よく見間違えられたり混合して流通することがあります。

ちなみに、翡翠には大きく分けてジェダイト(硬玉)とネフタイト(軟玉)の2タイプがあります。
ジェダイトとは最も価値の高い翡翠である「本翡翠」のみを指し、これとニュージェイドは見間違えられることはありませんが、ネフタイトとは非常に見間違えられることが多い鉱物です。

一時期はニュージェイドはネフタイトの仲間に混合されて流通されていたこともあるくらいです。
しかし鉱物的には全く別物なので、「ニュージェイド」という名前を付けてネフタイトと区別するようにしたのです。

物によってはプロの鑑定士でも見間違えることのあるパワーストーンなのです。
それくらい、翡翠そっくりな魅力的なパワーストーンということですね。

 

ニュージェイドの意味・歴史

ニュージェイドの石言葉

  • 達成
  • 安定
  • 魔除け
  • 厄除け
  • 邪気払い

ニュージェイドの歴史・伝説

ニュージェイドは、サーペンチンという鉱物の一種で、ジェイド(翡翠)とは全く別の鉱物で知られます。
サーペンチンといえば、蛇のような模様に見える石であることから日本名で蛇紋石(じゃもんせき)と呼ばれます。

しかし、サーペンチンには模様を全く持たないものも存在するのです。
この模様を持たないタイプの多くが、鮮やかな黄色~淡いグリーン色です。

黄色いタイプはそのままサーペンチンの名前で流通していることが多いですが、グリーン色の方は翡翠にそっくりな姿であるため、翡翠と間違われたり混合されたりしてしまいがちです。

なんといっても翡翠の一種であるネフライトとの区別が付き難く、非常に間違われやすい鉱物です。
そこで混合しないように登場したネーミングが「ニュージェイド」です。

「これはヒスイではなくサーペンチンの仲間です」と区別するために付けられた名前にすらジェイド(翡翠)の文字が入っているため、本当の誤解の多いパワーストーンですが、「ニュージェイドは翡翠ではない」と覚えておくとよいでしょう。

 

ニュージェイドやエネルギー

  • 高い目標を達成させる
  • 強力な魔除けのお守り

ニュージェイドはこんな方におすすめ!

ニュージェイドは、夢や目標を達成するお守りとして最適なパワーストーンで、持ち主を更なる高みへステップアップさせるようなパワーがあります。

また、魔除けのパワーに特化しているといってもいいほど強力な邪気払いのパワーを持つ石でもあります。
身に起こる災厄を事前に察知し、悪いものを寄せ付けないニュージェイドは、危険回避能力を持つパワーストーンなのです。

悪やマイナスエネルギーを寄せ付けずに、己の道をまっすぐ突き進むことができるようサポートしてくれるでしょう。

 

ニュージェイドの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
× ×

紫外線と水分に弱い性質があります。
日光浴と水浴による浄化は避けるようにしてください。

高度が低いパワーストーンなので、衝撃には十分な注意が必要です。

 

ニュージェイドの鉱物データ

英名 new jade(ニュージェイド)
和名

蛇紋石(じゃもんせき)

主な産出地

アフリカなど

主な色彩

淡いグリーン色

モース硬度 4ほど
比重 2.20~2.90
光の屈折率 1.55
組成・構成 (FeMg)3、Si2、O5、(OH)4
結晶系 単斜晶系
へき開性 明瞭

スポンサーリンク