サルファー|パワーストーン・天然石の意味辞典

サルファー

スポンサーリンク



蛍光色のように明るい黄色が特徴のサルファー。

まだあまり馴染みのないパワーストーンですが、インテリアや置物として利用するような美しいサルファーの原石が多く出回っています。

ここでは、サルファーについて詳しく説明します。

 

サルファーについて

サルファーというほとんどの方が聞いたことがないと思いますが、硫黄といえば知らない方はいないでしょう。

そう、実はサルファーとは硫黄が結晶化した鉱物のことを指します。

硫黄といえば、原子番号16番・元素記号「S」で原子番号1番~20番までは学生時代に習いますよね。

 

また、硫黄といえば「硫黄臭い」とよく言うように独特な”におい”を連想させるのではないでしょうか。

実はあの鼻を覆いたくなるような臭いは、火山の噴火口や温泉地帯などに発生した硫黄化合物が原因です。

硫黄化合物とは、硫化水素や二酸化硫黄を指し、硫黄に他の物質がくっ付くことで皆さんが想像するような刺激臭がします。

 

驚かれるかもしれませんが、本来の硫黄自体には臭気がないのです。

つまり、サルファーには臭気がありませんので、安心して原石をインテリアなどに利用できます。

 

普通やることはないでしょうが、このサルファーには独特な性質があります。

まず、熱に弱いということです。

そのため炎に当てると簡単に形が崩れ、燃えてしまいます。

そのときに鉱物の色からは想像もできないほど美しい青色の炎が見られるのです。

 

ちなみにサルファーは傷つけたり割ったりすると、ほんのりと硫黄の香りがします。

炎で燃やしたときも同様で、臭いを放ちます。

 

また、金属性の鉱物を劣化させる性質があります。

ですので、パイライトやヘマタイトのようなパワーストーンとサルファーを共に保管するのはご法度です。

 

蛍光ペンのインクのように明るい黄色のパワーストーンをお探しの方は、是非「サルファー」をチェックしてみてくださいね。

サルファーには、ビーズ状に加工されたようなものはなく原石がほとんどとなります。

ビーズ上のものが欲しい場合は、同じ硫黄による黄色の発色のパワーストーンである「レモンクォーツ」をあわせてチェックしてみるといいでしょう。

レモンクォーツを詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ レモンクォーツの意味辞典

 

サルファーの意味・歴史

サルファーの石言葉

  • 癒し
  • 明るさ
  • 輝き
  • 安定

サルファーの歴史・伝説

サルファーはラテン語で「燃える」という言葉が名前の由来となっています。

が、発見者は不明とされている鉱物で知られます。

 

サルファーとは硫黄のことをいい、温泉の成分としてあまりに有名ですね。

色彩は黄色で、サルファーの結晶は蛍光色のように明るくキラキラと光り輝くのが特徴です。

 

サルファーは歴史上、最も重要な鉱物のひとつで、現在では人々の生活の中にも欠かせない存在です。

有名なのは「火薬」の原料として使われたことです。

かつて日本に鉄砲が持ち込まれ、それに使用する火薬の原料として盛んに利用された鉱物でした。

 

日本の産業革命にも大いに恩恵をもたらした鉱物でも知られます。

明治時代に始まる産業革命のとき、当時の最大の輸出品であったマッチの原料に使われていました。

産業革命に乗り、近代化を加速させ、現代の日本を作った鉱物であるともいえます。

 

現在では、洗剤や家庭用品など様々なものにしようされていて、今でも人々の役に立ってくれている鉱物なのです。

 

サルファーのヒーリング効果やエネルギー

  • 癒し、ストレス解消の効果
  • 精神の安定をもたらす
  • 明るくポジティブなパワーを与える
  • 魅力を高め輝く存在となる

サルファーはこんな方におすすめ!

 

サルファーは、癒しのエネルギーが強力なパワーストーンといわれます。

日ごろの疲れを癒し、リラックスの効果を得たいという方にはお勧めのパワーストーンです。

 

また、落ち込みやすかったり、ネガティブな気持ちや発想になりがちの方にもお勧めです。

サルファーの明るいプラスのエネルギーがマイナスのエネルギーをプラスに変換し、元気でポジティブな気持ちを取り戻してくれるでしょう。

 

サルファーの原石が見せるように、輝き、そして魅力ある人にしてくれるでしょう。

 

サルファーの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
× ×

とても高度が低く繊細なパワーストーンのため、塩や水での浄化は避けたほうが無難でしょう。

また、衝撃には十分な注意が必要です。

 

サルファーの鉱物データ

英名 sulphur(サルファー)
和名

硫黄(いおう)

主な産出地

アメリカ、イタリア

主な色彩

黄色

モース硬度 1.5~2.5ほど
比重 2.05~2.07
光の屈折率 1.96~2.20
組成・構成

S

結晶系 斜方晶系
単斜晶系
へき開性 なし

スポンサーリンク