クリソコラ|パワーストーン・天然石の意味辞典

クリソコラ

スポンサーリンク



芸術的な色彩を持つクリソコラは、宇宙に浮かぶ地球やそれに似た惑星をイメージさせるような姿をしているパワーストーンです。
多くのカラーバリエーションを持つ鉱物は多く存在しますが、一つの石に多くの色彩が見られるものは少ないため珍しい鉱物ともいえます。

クリソコラは基本的に緑色や青色がベースとなっているので、緑や青系の珍しいパワーストーンが欲しいという方にオススメです。
私たちがいる”地球”のように見えるパワーストーンに周囲は驚くことでしょう。

このページでは、クリソコラについて詳しく説明していきます。

 

クリソコラについて

クリソコラは主に銅脈の中で形成される鉱物で、銅が酸化したいわゆる錆びの部分なのです。
クリソコラと一緒に産出されることで有名な鉱物のひとつに”マラカイト”がありますが、古くはマラカイトを火であぶって金属銅を取り出す「錬金術」的なことが行われていた歴史上重要な鉱物の仲間でもあるのです。

色彩は緑や青がベースで、宇宙に浮かぶ地球を思わせるような姿が特徴です。
また、色彩にもバラつきが多く不純物を含むものはターコイズに見間違えるようなものも存在します。

クリソコラは硬度がとても低い鉱物で、そのままではとてもアクセサリーとしては利用できません。
そのため、特別な樹脂を浸透させる「樹脂浸透加工」が施されます。
この加工をすることで強度を補い、パワーストーンアクセサリーとして利用できるまでになります。

市場に出回っているクリソコラは、青系と緑系に大きく分けられているといえます。
ショップによってもグレード別の他に、色彩をグレードのように扱っているところも多く見られます。

クリソコラは不純物が少ないと鮮やかで澄んだ青色の発色になります。
基本的に青色一色というものはほぼ存在しなく、ところどころに他の鉱物た混ざり合ってできています。
パッと見た感じ”青”が強く出ているものは高品質と考えていいでしょう。

緑色のものはターコイズのような美しさがあり、異なる鉱物と混ざり合うことでまた違った魅力を味わえるはずです。

硬度が低い鉱物のクリソコラですが、このクリソコラに長い年月をかけて石英の成分が染み込み鮮やかなエメラルドグリーンのような発色をしたものが存在します。
これをジェムシリカと呼び、不純物が少ないものは驚くほど高価で取引されます。

クリソコラは他の様々な鉱物と混ざり合ってできることが多く、現在では混ざり合う鉱物によって多くの呼び名が存在するようです。

クリソコラの意味・歴史

クリソコラの石言葉

  • 幸運
  • 繁栄
  • 安産
  • 子宝
  • 深い癒し
  • 安眠

クリソコラの歴史・伝説

クリソコラの名前の由来は、ギリシア語で”金”を指す「chrysos」と”繋ぐ”を指す「kolla」をあわせてできた名前です。
かつてクリソコラは金を生み出す不思議な鉱物だと信じられていたそうです。
つまり黄金に繋がる鉱物だといわれ、クリソコラという名前が付けられたといわれます。

クリソコラで有名なのがイスラエルのエイラットで産出されるものでターコイズやアズライト、マラカイトなどと混ざり合って産出されるこの石を「エイラットストーン」と呼び、かつてソロモン王が身につけていた伝説の石であると伝えられています。
そのことから「ソロモンの記憶」を持つパワーストーンといえます。

 

クリソコラによるヒーリング効果やエネルギー

  • 幸運や繁栄のお守り
  • 安産のお守り
  • 子宝に恵まれる
  • 安眠や深い癒しをもたらす

クリソコラはこんな方におすすめ!

まるで私たちのいる地球をイメージさせる姿が特徴的なクリソコラ。
この石が長い時間をかけて形成され、最終的に見事な地球のような姿になることから「繁栄を象徴」するパワーストーンといわれています。

マイナスのエネルギーを綺麗にしてプラスのエネルギーを呼び込んだり、事業拡大のお守りや恋愛成就のお守りまで幅広く”幸運”のお守りとして有効です。

また大自然を想わす姿から、深い癒しの効果も強いといわれるパワーストーンです。
地球のような姿に見入ってしまいそうなクリソコラは、自分だけではなく周りの人にもリラックス効果を与えてくれるほど癒しのパワーが強力です。

健康運のお守りとして身につけるパワーストーンでもクリソコラはおすすめです。

クリソコラの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ
× ×

塩と水に弱い性質があるので、塩と水浴での浄化は避けるようにしましょう。

また、硬度が低いパワーストーンなので取り扱いには十分な注意が必要です。

クリソコラの鉱物データ

英名 chrysocolla(クリソコラ)
和名

珪孔雀石(けいくじゃくせき)

主な産出地

イスラエル、ペルー、メキシコ、
アメリカ、イギリスなど

主な色彩

青色、緑色など

モース硬度 2~4
比重 2.80~3.20
光の屈折率 1.46~1.57
組成・構成 Cu4H4、OH8
Si4O10、nH2O
結晶系 斜方晶系
へき開性 なし

 

クリソコラとの効果的な組み合わせ

クリソコラを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

クリソコラ + 6月の誕生石 ムーンストーン + サンストーン

クリソコラ + ムーンストーン + サンストーン
【万物の調和】


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です