デンドライト|パワーストーン・天然石の意味辞典

デンドライト

スポンサーリンク



デンドライトは、「芸術」としか言い表せないほど見事な”模様”を持つパワーストーンです。
その模様は、植物をそのまま閉じ込めたかのようです。

パワーストーンは多くの種類があるように、中には驚くような模様を持つものがありますが、その中でもデンドライトの模様はかなり特殊で、他のパワーストーンにはまず見られません。

 

このページでは、デンドライトについて詳しく説明していきます。

 

デンドライトについて

デンドライトは、植物をそのまま閉じ込めたかのような模様を持つパワーストーンをことをいいます。

つまり、鉱物の種類に関係なく「鉱物内で植物のような内包物があるもの」を総称してデンドライトと呼びます。

この模様は、この鉱物に内包されるインクルージョン(内包物)が芸術的な模様を作り出してるのです。

 

 

実は、この植物のように見える内包物の正体は「金属イオン」です。

この金属イオンが溶けて水分と混ざり合ったものが、主に水晶や瑪瑙(めのう/アゲート)やジャスパーの隙間から入り込み、徐々に沈殿して連なっていくことで芸術的な「植物の化石」のような姿になるのです。

 

上記の説明でも書きましたが、デンドライトの主体となっている鉱物は水晶・アゲート・ジャスパーです。

このものと鉱物を表すため、「デンドライト・クォーツ」「デンドライト・アゲート」「デンドライト・ジャスパー」という風に呼ばれることもあります。

また、デンドライトは「デンドリティック」とも呼ばれ、デンドリティックの名で流通していることも多いです。

 

どんなパワーストーンでもそうですが、美しい内包物を楽しむには主体となっている鉱物の透明度が高くなくてはより美しく、ハッキリと見ることができません。

上記の3種類のうち透明度のあるものは水晶とアゲートで、ジャスパーは不純物が多いので鉱物の中の内包物を楽しむのではなく、表面に浮き出た模様を楽しむものとなります。

 

中には「風景画」のような”芸術中の芸術”と呼べるようなインクルージョン(内包物)を持つものが存在し、これを「ピクチャーストーン」や「ランドスケープストーン」と称されることもあります。

市場には多くのデンドライトが出回っていますが、どれも世界に一つしかない模様を持っています。

 

まるで有名画家が描いた風景画のような美しい内包物を持つものを探すのもデンドライトの楽しみ方の一つとなっています。

 

デンドライトの意味・歴史

デンドライトの石言葉

  • 繁栄
  • 繋がり
  • 人脈
  • 財運

デンドライトの歴史・伝説

デンドライトの名前の由来は、ギリシア語で”木々”や”樹木”を意味する「デンドロン(dendron)」から名づけられた名前です。

鉱物自体は水晶(クォーツ)、瑪瑙(アゲート)、碧玉(ジャスパー)となっていますが、このうち透明度のある水晶とアゲートに見られる植物のような内包物を持つもの、また不純物が多く透明度の無いジャスパーでも表面に植物のような模様が浮き出たものを総称してデンドライトと呼びます。

 

鉱物内に植物のような内包物を持つパワーストーンといえば、他にモスアゲートが有名です。

モスアゲートは水中で育つ植物を閉じ込めたような姿が特徴的で、クローライトやマンガンなどの物質が植物のような模様を作り出しています。

 

デンドライトは古くの偉人が書き残した風景画のような植物画のような内包物が特徴です。

デンドライトの場合は、ゲーサイトやレピドクロサイトという鉱物が芸術的な内包物を作り出しています。

 

「いつ見ても飽きない」、そんな美しさを持つパワーストーンです。

 

デンドライトの効果やエネルギー

  • 繁栄と成功
  • 財を成し外に逃がさない
  • 人脈を構築する
  • コミュニケーション豊かになる
  • 癒しの効果

デンドライトはこんな方におすすめ!

デンドライトは、植物のような大自然の姿を自然界の力で作り出すことから、人間関係の構築や、人脈を築き上げるパワーが強い石だといわれています。

一度、亀裂が入ってしまった人間関係を改善したり、今よりももっと人との繋がりを求めている方におすすめのパワーストーンです。

 

また、石の内部に植物を閉じ込めるように内包しているものは、「財を築き上、それを外に一切逃がさない」という意味を持ちます。

金運や財運のお守りとしてもデンドライトはおすすめです。

 

デンドライトの浄化・お手入れ方法

クラスター

さざれ石

太陽光

(日光浴)

月光

(月光浴)

セージ

全ての浄化に適しています。

高度が高いパワーストーンです。
アクセサリーとして身につける場合は、安心して身につけることができます。

 

デンドライトの鉱物データ

英名 dendrite(デンドライト)
和名

忍石(しのぶいし)
模樹石(もじゅせき)

主な産出地

世界各国から産出されます

主な色彩

多彩

モース硬度 6~7
比重 4.0~7.0
光の屈折率 1.54~1.56
組成・構成

SiO2+内包物

結晶系 正方晶系
へき開性 なし

 

デントライトとの効果的な組み合わせ

デントライトを使用した効果的な組み合わせ一覧表です。

デンドライト + ルチルクォーツ|kirakira工房

デンドライト + ルチルクォーツ
【金運、財運のお守りに最適】
【築き上げた財を逃がさない】


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です