見た目だけで欲しくなる青色が美しい9月の誕生石「サファイア」と「ラピスラズリ」


スポンサーリンク



9月といえばサンマやサバなどの「青魚」が美味しい季節ですね。

美しい青い鳥のカワセミなんかも良く見かける時期です。

 

パワーストーンでも9月の誕生石といえば青い石が指定されているんですが、どんな石か分かりますか?

9月は「サファイア」と「ラピスラズリ」が誕生石に指定されてます。

 

サファイアなんていったら知らないほうが不思議なくらいですよね。

ラピスラズリもパワーストーンの中では最も人気のある石のひとつです。

 

こうやって見てみると、青って9月そのものの色を表しているようにも見えます。

そんなわけで、今回は9月の誕生石である「サファイア」と「ラピスラズリ」とはどんなパワーストーンなのかを書いていきますね!

9月の誕生石について

9月の誕生石は「青色」が美しいサファイアとラピスラズリ。

どちらも深い青色が特徴で「蒼」とも表現されるくらいの石です。

 

サファイア

gem-562543_640

サファイアといえば宝石で有名な石ですね。

また、実物を見たことがなくても「青色」というのは深く定着しています。

 

上記のような透明度のある美しいものは「宝石」として扱われ、高級宝石店が取り扱うような代物です。

サファイアはコランダム石という鉱物から成り、ダイヤモンドに次ぐ硬さを誇ります。

 

このコランダム石では、ルビーとサファイアがあり、色で名前が分けられています。

実は、なにかと青い石で有名なサファイアですが、コランダム石の真っ赤なものだけをルビーと呼び、他の色彩はすべてサファイアなんです。

調べてみるといろんなカラーのサファイアが出てきますよ!

sapphire-1433293_640

上記のサファイアは宝石ではなくパワーストーンとして出回っているものです。

透明感はありませんが、深い青色が美しく、画像のようにシルバーパーツとの組み合わせがとても合います。

 

サファイアは「カリスマ性」を引き出す石といわれ、リーダーのような存在、又はリーダーを目指すような人が身につけると良い影響があるといわれます。

石言葉なんて関係なしにサファイアと聞くだけで欲しくなっちゃいますが、上を目指すためのお守りとして身に着けるのもいいかもしれませんね。

 

サファイアについてさらに詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ サファイア|パワーストーン・天然石の意味辞典

 

 

ラピスラズリ

ring-1151645_640

ラピスラズリは、パワーストーンに興味を持ち始めた人なら必ず目に付くような存在ではないでしょうか。

かつて「天空に煌く星の破片のようだ」と表現され、実際に見ると星空のような姿に驚かれることでしょう。

 

ラピスラズリは単一の鉱物ではなく、複数の鉱物が合わさってできています。

その中で注目すべきは、金色のパイライトという鉱物。

これが表面に細かくまぶしたように混ざり合うことで、夜空の「星」を形成しています。

 

lapislazuli_gazou

ラピスラズリはビーズ状でも多く出回っています。

そして品質(グレード)も細かく分けられています。

 

品質が低いものは青色が薄いだけではなく、画像にはありませんが白い部分が多くあったりします。

また、全体的に黒っぽく見えたりします。

 

逆に最高品質は、深い青一色のみでパイライトすらないものです。

グレードに関しては個人の好みで選ぶのが一番ですが、ラピスラズリの魅力を十分に楽しむのであれば、青色がしっかり出ていて、尚且つパイライトが程よく入っているものがお勧めです。

上記の画像のような感じですね。

夜空を見ているかのようで本当に綺麗ですよ!

 

ラピスラズリは石言葉に「最高の幸運」というものがあります。

流れ星に願い事をするように、ラピスラズリ見ていると何かお願い事をしたくなってきます(笑

もしかしたら最高の幸運が訪れるきっかけになるかも!?

 

サファイア同様で、石言葉とか関係なしに見た目だけで欲しくなっちゃうパワーストーンでもあります。

 

ラピスラズリについてさらに詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ ラピスラズリ|パワーストーン・天然石の意味辞典

 


スポンサーリンク