まさに芸術油絵!?アゲート(瑪瑙”めのう”)スライスの断面が美しすぎる


スポンサーリンク



アゲートとは、漢字で書くとちょっと難しい見慣れない字ですが「瑪瑙」と書きます。

瑪瑙の読み方は「めのう」といい、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

パワーストーンでは「アゲート」は最も親しまれている石の一つで、特に人気のあるものではブルーレースアゲートやアイアゲート(天眼石)なんかがあります。

他にも多くの色彩のものがあり、カラーバリエーションの多い鉱物なのです。

 

アゲートの特徴は、石にシマシマ模様があるという点です。

鉱物的にはカルセドニーという鉱物に属するものなのですが、このうち縞模様が見られるものを「アゲート」と呼び分けているのです。

 

このアゲートの元の姿である「原石」は、自然が作り出したとは思えないほど美しい姿が見られます。

瑪瑙(アゲート)スライスの美しい世界

瑪瑙の美しさは原石を真っ二つに切ったときの断面がとても見ものです。

瑪瑙スライス

 

druse-284144_640

 

agate-1077437_640

 

agate-948958_640

天然の石なので、同じカラーの瑪瑙でもスライスしてみると、それぞれで違った美しさを見せてくれるのが特徴です。

パワーストーンやジュエリーとして幅広く出回っている鉱物ですが、原石そのままでも人気があり、鉱物を集めている「コレクター」の中では美しい瑪瑙を探している人も多いと聞きます。

 

実際に私もいくつか持っていますが、たまに綺麗な瑪瑙が売られているのを見るとついつい手が出てしまいそうになります。

それくらい魅力のある鉱物なんです。

また、価格もそれほど高くはないので、気軽に集められる鉱物の一つだといえます。

 

シマシマ模様の由来

druse-284144_640

原石の断面を見ると、”地層”のようになっている部分がありますよね。

この部分を丸く研磨すると、パワーストーンショップに置いてある、見慣れた「ブルーレースアゲート」や「天眼石」のように綺麗な縞模様(しまもよう)になるんです。

縞模様が見られるパワーストーンはなんであれ、原石の断面が”層”になっている特徴があるといえるのです。

 

瑪瑙のアンティーク商品もお勧め

瑪瑙をスライス状にカットして、ジュースやコップを置くのに使う「コースター」も商品として出回っていてアンティーク好きの方にはもってこいの商品です。

アクセサリーとして出回るビーズ状のものや、ペンダントも美しいですが、生活用品として出回る瑪瑙もまた違った魅力が楽しめます。

 

アクセサリー、インテリア、生活用品と様々な用途に使用でき、形によって違った美しさが見られるのが瑪瑙(アゲート)の最大の魅力だといえます。


スポンサーリンク