丸い革紐でスライドさせて長さが調節できるペンダントを一瞬で作る方法


スポンサーリンク



ペンダントトップを身につけるには、チェーンや革紐などの首に掛けるものが必要ですね。

チェーンはチェーンの良さがあり、革紐には革紐の良さがあるというもの。

 

この辺りは完全に好みに分かれるところではあるでしょう。

チェーンの場合はもう既に出来上がっているものを取り付けるだけなので、何も考えずに取り付けられますよね。

 

しかし、革紐の場合は結んだり、複素材を取り付けるなどしないと使用できません。

そんなことから、革紐が好きだけど取り付けが難しそうって思っていませんか?

 

実は超カンタンに革紐をペンダントとして使用できる便利な使い方があります。

その作り方について詳しく説明していきますね。

”丸”革紐を自由自在に使いこなせ!

ここで使用する革紐は丸いタイプの革紐です。

別で平べったい革紐もありますが、そのタイプには今回ご紹介する使用方法は適さないのでご注意ください。

 

用意するもの

kawahimo_p_001

用意するものは丸いタイプの革紐と取り付けるペンダントトップのみです。

 

作成開始!

kawahimo_p_002

まず最初に革紐にペンダントトップと通して取り付けます。

 

kawahimo_p_003

片方の先端近くを「人結び」にして、もう片方の端を通して結び付けます。

※結びつけるときにあまり強く締め付けないようにしてください。

 

kawahimo_p_008

赤丸の部分が結びつけたところです。

もう一方の端を同じように結び付けます。
※黄色い矢印の端を、黄色丸の部分にひと結びして結びつける。

 

kawahimo_p_005

赤丸の部分が2回目に結びつけた部分ですね。

このとき全体の輪の大きさが頭が通る広さであることを確認してください。

 

たったこれだけで終わりです!

もし末端部分が画像のように長く余っている場合はカットしてください。

※カットする場合は必ず2~3cm残すようにしてください。

 

kawahimo_p_006

末端部分をつまんで矢印の方向に引くとスライドして縮まります。

 

kawahimo_p_007

広げるときは丸の部分を矢印の方向に引っ張ります。

長さ調節が簡単に出来て使い勝手がとてもいいです。

 

最後に

上記で紹介した革紐の使用方法は、「とにかく簡単」ということをコンセプトにした使用例です。

別でシルバーパーツやメタルパーツなどが出回っているので、それらを取り付けてお洒落に使用することオ可能です。

 

ただし、革紐だけでペンダントを楽しみたいという方にはこの方法はお勧めです。

たった2回結びつけるだけで、長さ調節もできるペンダントに仕上げることが出来るのです。

 

特に天然石と革紐はとてもマッチするので、お手元に天然石のペンダントトップが余っているという方は、この使用例で革紐を取り付けてみるのもいいかもしれませんよ!


スポンサーリンク