粒状ですら美しい輝きを見せるマザーオブパール(MOP)のさざれ石の魅力

マザーオブパールの「さざれ石」

スポンサーリンク



真珠のような輝きを持つことで知られるマザーオブパール。

真珠のように全体的に輝きを持つわけではありませんが、その一部分の輝きはむしろ真珠以上!

 

パワーストーンとして広く知られていますが、貝殻を加工したものですので鉱物ではありませんが、加工のしやすいものであるため、多くの形状のものが存在します。

この美しい輝きから、パワーストーンアクセサリー以外にも、ボタンやフォークなどの持つ部分など生活の一部にも多く使用されているんです。

 

ビーズでも流通量が多く、非常に安価で購入できるパワーストーンでもあります。

今では「さざれ状」のマザーオブパールも出回るようになっていて、これをアクセサリーに用いてビーズ状とはまた違った、シンプルでお洒落なものを作成することもできます。

 

ここでは、マザーオブパールのさざれ石の魅力について書いていきます。

マザーオブパール(MOP)について

マザーオブパールというと、白蝶貝という種類のものを加工したものを指す場合がほとんどです。

なので、「マザーオブパール」と検索すると、全体的に白~クリーム色(ホワイトマザーオブパール)のものが多く出てくるはずです。

 

しかし、他にもカラーバリエーションが存在します。

代表的なものはブラックやナチュラルといったタイプ(カラー)です。

他にも加工による色彩調整したもの出回るようになっています。

 

マザーオブパールとは、呼んで字の如く「真珠の母」、つまりは真珠を作ることのできる貝のことをいいます。

母貝ともいいますね。

 

この真珠を作る貝を加工したものを総称して「マザーオブパール」と呼びます。

なのでホワイトタイプ以外にも多くのカラーがあるのでお好みで選ぶことも可能ですね。

 

マザーオブパール(MOP)のさざれ石

m_sazare_002

画像のマザーオブパールは、「白蝶貝」を加工したホワイトタイプで、さざれ状に加工したものです。

クリーム色の一部分が銀色のように輝くのがマザーオブパールの特徴です。

 

さざれ石はごく小さなものですが、輝きはほぼ全ての粒に見られます。

強力な輝きを持ちますが、派手ということはなく、上品な感じです。

また、全体的に輝きを見せるわけではなく、一部分だけにこの輝きを持つので、見る角度を変えると輝きが見えたり見えなかったりするのもお洒落ですよね。

 

さざれと言えば浄化目的や、インテリア、置物などで利用する穴なしタイプもあれば、画像のように穴あきタイプも存在します。

もしアクセサリーに使用する場合は穴が開いているタイプを探すと良いでしょう。

 

ビーズ状のマザーオブパールも美しいですが、さざれ状も負けない輝きを持つ形状となるので、小さくシンプルにアクセサリーを作成したいという方にはさざれ状がお勧めです。

 

関連記事

マザーオブパールについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ マザーオブパール|パワーストーン・天然石の意味辞典

 


スポンサーリンク