4月12日は「パンの記念日」らしいので大好きなパンをいっぱい食べよう


スポンサーリンク



4月12日は「パンの記念日」とのことですが、皆さんはご存知でしたか?

私は全く知りませんでした(笑

 

私はパンは大好き(特にメロンパン最強)なので、なんだか縁起がいいので今日は大好きなパンをたらふく食べようと思っております。

それはそれで、なんで4月12日が「パン」なのか疑問に思いましたので調べてみました。

日本で初めてパンが作られた日

パンの記念日は、日本で初めてパンが作られた日と、日本の歴史に大きく関わっていたんです。

良く数字がなんとなくソレに見えるからとか、ゴロ合わせとかで色んな記念日が存在しますが、パンの記念日はその類ではないのですね。

 

パンが初めて作られたのは、1842年の4月12日だそうです。

パンが作られた理由は、中国でアヘン戦争が起こったのをきっかけに、外国からの侵略を脅威に思った徳川幕府が「備え食」として選んだ食材だったとのこと。

パンは、持ち運びに便利な上、保存性にも優れた食材であったため、有事の際にうってつけの食べ物として目をつけたのが始りだったそうですね。

 

そして、初めてパンの製造に取り掛かった自分物が、「江川太郎左衛門」という代官をつとめる人物です。

江川太郎左衛門が本格的にパンを製造に取り掛かるのです。

最初にパンの製造に取り掛かったのが1842年の4月12日で、日本で初めて作られたパンは兵糧パンと呼ばれるようになったそうです。

 

そして、1983年に「パン普及協会」がこの日(4月12日)を「パンの記念日」と制定したのです。

 

私もパンは大好物なので、良く食べています。

手軽に買えるコンビニなんかでも、次々に新商品が出てくるので、色んなパンを楽しめますよね。

 

でも私は、昔からごくふつ~のメロンパンが大好きなんですよね。

皆さんはどんなパンが好きでしょうか。

 

まあ、せっかくの「パンの記念日」なので大好きなパンをいっぱい食べてみようと思っています。

なんか日本人って本当に「記念日」っていう言葉が好きですよね(笑

 

それに便乗して、皆さんも今日くらいは大好きなパンを沢山食べる「パン祭り」なんてのもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク