使用しなくなったパワーストーンの処理法とは?

パワーストーンを処分するには?

スポンサーリンク



パワーストーンがお好きでブレスレットやネックレスなどを複数購入すると、中には使用しなくなる石たちも出てくるはずです。

でもパワーストーンって宝石と同じで珍しい石ですから、いつか使うときが来るんじゃないかと大切にしまっておくことも多いですね。

でも、どうしても使わないけど、どう「処分」すればいいか分からないという方も非常に多いです。
ここでは、使わなくなったパワーストーンの処理法について説明していきます。

使わないパワーストーンを自然に戻してあげる

大自然の美しい風景

もともとパワーストーンとは、私たちのいる地球上のどこかで採掘された自然界に存在していた鉱物です。
ですので、もし手持ちのパワーストーンで今後一切つかわないだろうと思うものは、もといた自然にかえしてあげるという考え方です。

自然にかえす場合は、人の手で工事されていない川原や森林などが望ましいでしょう。
より大自然を味わえるような場所のほうがパワーストーンも喜ぶでしょうからね。

休日に川や森の自然のいっぱいある場所へ出かける場合は、使わなくなったパワーストーンも持っていって遊びのついでにパワーストーンを自然に戻してあげるとよいでしょう。

そういえば、私も小さい頃に川原で釣りをしていたところ、緑色の勾玉を拾ったことがあり、それを今でも実家に保管しています。
もしかしたら私の拾った勾玉は、もう使わなくなったから誰かが置いていったものなのかもしれません。

こうやって自然に戻したパワーストーンが、いつの日か知らない誰かの手に渡り、そこで大切にされているかもしれないと考えると実に嬉しい気分になります。

 

大切に保管する

ボックスに収まる地球

今は使わないパワーストーンでも、今後使用する可能性があると思ったり、長年愛用してどうしても手放すことができないという方は何も自然に戻す必要はありません。

アクセサリーとして使用するパワーストーンのほとんどは小さいものですので、保管する時も場所を取らないので安心して眠らせておくことができます。
あまりにコンパクトに収まるので、どこに置いたか忘れてしまいそうになりますね(汗

自分でパワーストーンアクセサリー作りをされる方、また挑戦する方は既に持っているパワーストーンは大切な素材になります。
既に持っているパワーストーンと、新しく購入したパワーストーンを組み合わせ全く新しいアクセサリーを作る方も多いはずです。
ですので、使わないパワーストーンは大切に保管しておくのもお勧めといえます。

パワーストーンは天然の鉱物ですので、保管するときは空気に当たらないように密封状態を作れる袋に入れて保管するのが望ましいです。
また、汚れなどが変色の原因にもなる場合があるので、しっかりと柔らかい布で全体を抜いて綺麗にしてから保管するようにしましょう。

 

浄化セットをオシャレに彩る

sazare03_1

パワーストーンを浄化するために使用する「さざれ石」で代表的なのは水晶です。
一昔前までは浄化といえば水晶というイメージがあり、今でも浄化に水晶は好んで使用されますが、現在では様々な種類のさざれ石が登場しています。

さざれ石は見た目がとても美しく、置物やインテリアとしても非常に人気が高いため、専用の受け皿やオシャレな貝の受け皿など副素材も充実してきています。

もし使わなくなったパワーストーンを上記の画像のさざれ石に混ぜてやったらどのようなイメージになりますか?

明るい色彩のパワーストーンであれば、アクセントとなりとってもオシャレな浄化セットになり、暗いパワーストーンでは透明と織り成す色彩がとてもシックな感じを出してくれるのではないでしょうか。

異なる種類の細かいさざれ石を混ぜ合わせると後で分けたいときに、一粒一粒と分けるのが大変ですが、大きめのパワーストーンを数個だと簡単に取り出すことができますからね。

さざれ石も全く同じ天然のパワーストーンであることに変わりありませんので、この中に混ぜてインテリアをより楽しむのも面白さの一つです。


スポンサーリンク