パワーストーンの”ランク(グレード)”の基準とは?

パワーストーンのランクやグレードって?

スポンサーリンク



パワーストーンショップで石を見てみると、ほとんどの店で石の「ランク」や「グレード」というものを設定しているのを見ると思います。

ランクやグレードというのは具体的にいうと、その石のクオリティー(等級)を表すもので、パワーストーンには「AAA」や「AA+」という表記が多く使用されます。

しかしこのパワーストーンのグレードって、厳密に定められているのか疑問に思いませんか?

見た目が全く同じに見えるものでもショップによっては「AA」だったり「AAA」だったりと違うことがかなり多く見られるのが現状なので、このグレードに関して疑問を抱いている方も多いはず。

ここではパワーストーンに使用されているグレードやランクについて説明します。

グレードやランクに惑わされないことが一番

宝石で有名なダイヤモンドは定められた基準があり、かなり細かくグレード分けされている鉱物で有名ですが、基本的にダイヤモンド以外の鉱物には基準が存在しません。

実は、「パワーストーンのランク表示はショップ独自の判断で決めている」のが事実です。
極端に言えば、”この石は品質がかなりよさそうだから「AAA」”というように見た目で判断することはごくごく普通となっています。
もちろん、Aの数が多くなればなるほど高品質ということになります。

さらに、宝石では存在しないAAAAとアルファベットのAの数が4個や5個、10A(AAAAAAAAAA)なんていうのも存在します。

つまり、パワーストーンと宝石のランクは全くの別物であると知っておくとよいでしょう。

 

グレード・ランク表示を楽しむ

パワーストーンではショップによってランクが決められるため、分かりやすくそのショップだけの「ランク表」や「基準ランク」などを詳しく説明しているページがあったりします。

パワーストーンは天然のものですから、全く同じ石を大量に仕入れても品質にバラつきがつきものです。
ですので、グレードをそのショップで細かく分けるのも当然のことと言えば当然といえます。

実際にグレード表を詳しく説明しているページを拝見すると、そのショップの個性が出ていてとても面白さが伝わってきます。

ショップで石を選ぶ際に、その石の品質はかなり気になる部分ですよね。
品質が気になったらグレード表示がどのように設定されているか見てみるといいでしょう。

 

グレードじゃなく直感で選ぶ!

パワーストーンを購入する際に、この石の品質はどう判断されているんだろう?と非常に気になる部分であることは間違いありません。

しかし、グレードやランクばかりに目がいってしまうと結局どれが良いのか分からなくなってしまいがちです。

パワーストーンを選ぶ際に、最もよい方法の一つとして「直感で選ぶ」というものがあります。
これは、多くのパワーストーンを見たときに一番「これが欲しい!」「このパワーストーンがやけに気になる」という特別な感情を覚えるものを選ぶという方法です。

なぜグレードやランクじゃなく直感で選ぶのがよいかというと、ランクやグレードは完全にショップ独自の判断であるため、全く同じものでもA店では「A」でも、B店では「AAA」と表示されることがよくあるからです。
ランクやグレード表示は特に「ランク表」などが無い場合、品質の参考程度にと思ってよいでしょう。

品質がよいというのは傷や内包物がなく透明度のある石は透明度の高いものが最高ランクとなります。
宝石ではクオリティーがより高いものが好まれる傾向が強いですが、パワーストーンではランクが低くても高ランク並みに高い人気があるものが多く存在します。

ちなみに、ランクが低くなる主な原因は、クラック(ヒビ)やインクルージョン(内包物)です。
実は、パワーストーンの中に偶然入り込んだような姿をしているインクルージョンはとても人気があり、マニアの中ではレアストーンとして扱われることがあるくらいです。

クラックはヒビのことを指し、はじめて聞く方はあまり良いイメージが無いと思います。
が、パワーストーンにクラックが入っているからといって強度が著しく下がるわけではありません。
それどころか、光が当たるとクラック部分が虹色に輝いて見えるという幻想的な現象が見られることもあり、クラックの入り方次第で高値で取引される場合もあるのです。

パワーストーンを選ぶ際は、いろんな姿のものを見て心の底から「これがいい!」というものを探し出してみてくださいね!

 


 

パワーストーンショップでよく見る「AAA」などのランク表示とは、実はなんの基準もなくそのショップ独自の判断で付けられたものだったのです。

ショップ独自の判断のため、全く同じものでも当然ショップごとにランクが違ったりすることが当たり前というのが現状です。

ランクやグレードはあくまでも参考程度に抑え、本当に自分が欲しいと思うような「自分の直感」を信じて選ぶといいでしょう。

また、プレゼントなどで高品質・高グレードのパワーストーンの購入を考えている方は、よく調べてから購入されることをお勧めします。


スポンサーリンク