表面がギラリと輝く3月の誕生石「アクアマリン」カボション


スポンサーリンク



「宝石質!?」とまではいきませんが美しいアクアマリンのカボションを頂いたので、ここではアクアマリンについてのお話をちょっとしたいと思います。

 

アクアマリンはパワーストーンの中で最も人気の高い石のひとつではないでしょうか。

また、高級な宝石店でも並ぶほど高品質のものは価値ある鉱物として扱われています。

 

アクアマリンといえば3月の誕生石でも有名です。

3月生まれの方々はご存知でしたか?

 

姿、色合いが特に女性からの人気が高いアクアマリンですが、男性でも全く違和感無く身につけられます。

特に暑い夏なんかはピッタリの色合いですよね。

 

アクアマリンについて

aquamarine_k_002

アクアマリンといえばパワーストーンとして出回っているものというよりかは、宝石店に置いてあるような「最高品質」のものをイメージするほうが多かったです。

パワーストーンとして出回っているものが注目を集めたのは、「幸せな結婚を象徴する」というアクアマリンの石言葉が広まってから急激に人気が高まったように思います。

 

人気が高まってからか、様々なグレード(品質)が出回るようになり、ミルキーアクアマリンというものも登場しました。

このミルキーというのは、色っぽい部分の多いアクアマリンで、鉱物の価値としては低いものがコレにあたるんですね。

 

アクアマリンは「ベリル」という鉱物で、このベリルは色ごとに様々な名前を持ちます。

つまりベリルが青くなった部分がアクアマリンと呼ばれるんですね。

 

有名なのが、エメラルドも同じベリルから成り、ご存知のとおり緑色の発色のものを指します。

他にはピンクのモルガナイト、黄色のヘリオドール、赤色のビクスバイト、無色のゴシェナイトがあり、ほとんどが希少価値の高いものとなっています。

 

aquamarine_k_003

画像のようにカボション状に加工されたアクアマリンでは、表面に光を当てるとギラリと神秘的な輝きを見せてくれます。

ムーンストーンの「シラー」と呼ばれる輝きに似ていてとても美しいです。

 

このシラーのような輝きはビーズでも見られるものがあります。

カボションだと表面の面積が広いのでビーズ状のものよりも美しく見えるものが多いです。

 

カボションはお守りとして巾着袋に入れて提携するのもいいですが、ペンダントを作るのにも適してた形状をしています。

ペンダントを作るには編み紐で「フレーム編み」を用います。

 

フレーム編みの詳しい結び方はコチラをご覧ください。
⇒ 天然石のカボションを使ってお洒落なフレーム編みペンダントトップを作ろう!

 

このフレーム編みを覚えてしまえばどんなカボションでもペンダントにできます。

その辺に転がっている形の良い石だって思いのままにペンダントにすることも可能です。

 

アクアマリンのペンダントが欲しいという方、また3月生まれの大切な方にプレゼントしたいという方は、自分でお好きなアクアマリンのカボションをチョイスして、ペンダントを作ってみるのもいいですよ!

 

関連記事

アクアマリンについて、さらに詳しい記事はコチラをご覧ください。
⇒ アクアマリン|パワーストーン・天然石の意味辞典

スポンサーリンク