起きる時間を自由自在に操る自己覚醒って持って生まれた才能なのか


スポンサーリンク



どんなに長時間労働をしても、次の日にはなんの疲れも残っていない爽やかな状態で姿を現す人っていますよね。

皆さんの周りにも一人くらいはいるのではないでしょうか。

 

そのような人の中には目覚ましをかけずに毎日同じ時間に起きることができるという、夢みたいなことができる人がいるのです。

実はこれは「自己覚醒」といって、別に生まれながら備わった才能のようなものではなく、あるものを持つことによって誰もが経験できる現象なのです。

 

そのあるものとは一体何なのでしょうか。

「夢」「目標」を持つことが絶対!

子供の頃、遠足に行く前日ってワクワクしすぎてあまり寝付けなかったりした経験があるはず。

それでも朝早くに目が覚め、しかも頭の中がスッキリしているんですよね。

 

これは大人になってからでもありますが、恋人との初デートの前日や友人と食事に行くなど良い意味で緊張したり、ワクワクして楽しい気持ちになりますよね。

そんな特別な日に限ってパっと目が覚め、しかも頭がスッキリとした良い目覚めというのを体験した方も多いはずです。

 

これぞまさに自己覚醒というべき状態。

「自己覚醒」には何か楽しみを持つことが必要ということが分かるはずです。

 

では、逆の場合はどうでしょうか。

例えば、学校でクラスのみんなの前で発表をしたり、仕事で取引先にプレゼンテーションを行う時など最初は誰もが緊張して不安に思う方もいるはずです。

前日なんかは「明日うまくできるかな・・・」と考え込んでしまったり、朝起きてもなんだかモヤモヤな気持ちで学校又は会社に行きたくないと思ってしまうことだってありますよね。

 

こういう考え方や気持ちでは「自己覚醒」をすることは非常に難しい状態なのです。

でも、そういうことに慣れてしまってしかも積極的に人前にでて話せるようになれば人生そのものが良い方向へ行くと思いませんか?

 

そのためには、人生における目標や夢を明確に設定し仕事以外でも楽しむことを忘れないことが良い影響をもたらしてくれます。

その目標や夢、日々の楽しみが人生そのものを良くするだけではなく「自己覚醒」という魔法のような特技が身につくようになってきます。

 

自己覚醒ができるということは、いわば様々な面で健康的ともいえるのです。

そう、自己覚醒は特定の人だけが持つ才能ではなく夢や目標を持ちモチベーションを高めることで誰もが身につけることができるものなのです。

 

かなり明確な目標や夢を持つことは効果絶大

明確な目標をもって物事に取り組んでいる人は、日々何をしなくてはいけないのかを決めてそれをしっかりとやりきる人です。

夢中になりすぎて、「もうこんな時間か!」とあっという間に一日が終わってしまうような経験をされるはずです。

 

でも睡眠はとらないと体に害を及ぼすので、「また早く明日仕事に打ち込みたい!」という気持ちになります。

その向上心、その気持ちがあれば自己覚醒は容易にできるようになるでしょう。

 

友達や知り合いを多く作る

ストレスやモヤモヤ感というのは、人間関係が深く関わっています。

人間関係とは、気の合った人と仲良くするというのではなく、その人自身に興味や関心を持ち、こちらから積極的に話をかけることで良好な人間関係を築くことができます。

 

特に、同じ趣味を持った人、気になる異性と仲良くなれば熱が出ても会社に行きたいと思うことだってありますよね!?

それほど人との繋がりは、人生において重要なのです。

 

良好な人間関係を築き、毎日が楽しいと思える状況を作り出してしまえば毎朝早起きでスッキリとした目覚めができるようになりますよ。

 

仕事にやりがいを見出す

毎日同じことを繰り返していると人は視野が狭くなり、チャレンジ精神をなくしてしまいます。

もくもくと真面目に作業することは非常に良いことですが、「早く帰りたいなぁ」と思いながら仕事をしていてはなんか時間がもったいないですよね。

 

なので、色々なことにチャレンジしてみてください。

その中で必ず新しい発見があり、仕事での楽しみやモチベーションとなってくれます。

 

人は人生の大半の時間を仕事に費やしますから、120%仕事は楽しいほうが良いに決まっています。

もしかしたら独立して会社を持ちたいという夢だった持つようになるかもしれません。

 

モチベーションを高めることが睡眠にも良い影響を与え、結果的に自己覚醒に繋がるといえるのです。

 

休日を楽しむ

仕事以外にも「楽しみ」を積極に取り入れるようにしましょう。

例えば、仕事がある平日なんかは仕事が終わったら「仕事仲間と飲みに行く」、「見たかった本やドラマ○話まで制覇する」、「自炊をする(自分の大好きな料理を作る)」など、何か楽しみを持つとその日のモチベーションが上がりますよね。

 

それを継続すれば、毎日高いモチベーションでいられるようになります。

そして休日は「久しぶりに友人と会って食事に行く」「ちょっと遠くへ出かける」「趣味に没頭する」など数日前から頭の中で決めておけば、さらにモチベーションを高めることに繋がります。

 

自己覚醒とは、毎日楽しく過ごす人に身に付く一種の能力のようなものなのかもしれませんね。

 

関連記事

自己覚醒に似て非なるもので「注意睡眠」がありよく混合されがちとなっています。
この注意睡眠に関する記事も書いておりますので、宜しければあわせてご覧になってください。
⇒ いっぱい寝ているはずなのに何故か眠たいのは「注意睡眠」の可能性あり

スポンサーリンク