有名絵画の化石!?「ピクチャージャスパー」のカボションの芸術すぎる模様と魅力


スポンサーリンク



独創的で芸術的な模様のパワーストーンが手に入ったので、その石をちょっとご紹介させて頂きます。

その石とは、トップの画像にあるものなので「ピクチャージャスパー」と呼ばれる石です。

 

ピクチャーとは「絵」や「写真」を意味する言葉ですが、本当に誰かがこの石に模様を書いたのではないかと思うほど芸術的な姿をしていますよね!

もちろんこれは、誰かが書いたというものでもなく、また加工されて付け加えたようなものでもありません。

 

100%天然由来の模様です。

なのでピクチャージャスパーで検索してみたら色んな模様のものがご覧になれます。

 

ピクチャージャスパーとは?

ピクチャージャスパーは、ジャスパーの仲間ではなく「シリシファイド・ピクチャー・サンドストーン」というものがピクチャージャスパーとして流通している場合がほとんどです。

 

ジャスパーでない石がジャスパーとして混合される理由としては、簡単にいってしまえば見た目がそっくりだからです。

 

見た目とは、色や光沢が主でこれらが似ているということから、それらを全部ひっくるめてジャスパーと呼ばれているのが現状です。

人気のパワーストーンでは、ダルメシアンジャスパーなんかも「アプライト」という鉱物でジャスパーではありません。

 

この違いは、結晶の出来方にあります。

 

ジャスパーと呼ばれるのは水晶が属する「石英グループ」の一種で、目に見えないくらいの結晶が集合し、これに不純物が多く含まれるものをいいます。

つまり、細かい結晶が沈殿して固まったもをジャスパーというのです。

 

これに対し、ジャスパーと混合されたり間違えられやすいものでは「泥岩」や「砂岩」などが有名です。

この泥岩や砂岩に珪酸化物が浸透すると、ジャスパーのそっくりさんになります。

このうち、芸術的な絵の模様をしたものがピクチャージャスパーなんですね。

 

ほぼ無いと思いますが、何が何でも「ジャスパーじゃなきゃダメ!」というのがない限り気にする必要もないはずです。

ここでは、参考までにピクチャージャスパーはジャスパーに属する鉱物ではないと。。。

 

まあ、なんの石であれ芸術的な石であることに変わりはありませんからね!

 

ピクチャージャスパーはカボションがオススメ!

picture_jasper_top2

ピクチャージャスパーはビーズ状のものも多く出回っていて、ブレスレットなんかにもよくされています。

ただ、ビーズ状だと大きいものであれば芸術的な模様が見られるのですが、小さければせっかくの「絵」が見られないものが多いです。

 

そこで、画像のように面積が広い「ガボション(画像のような形のもの)」がオススメです。

カボションに加工されたピクチャージャスパーなら、この石の最大の特徴である芸術的な絵がハッキリと見られるものが多いです。

 

また、この模様は天然のものであるため一つ一つ違った模様が見られます。

一見地味な色彩に見えるかもしれませんが、芸術的な模様が入るとこうも魅力的に見えるというのも天然石のもつ魅力でもありますよね。

 

picture_jasper_top3

芸術的なピクチャージャスパーを見つけるたびについつい手が出そうになってしまいそうです(笑

全く同じ鉱物なのに、いっぱい揃えたくなるほどピクチャージャスパーは魅力のある石です。


スポンサーリンク