4月の誕生石はダイヤモンドが有名だけれどクリスタル(水晶)にも注目してみよう!


スポンサーリンク



4月の誕生石といえば、世界的に見れば「ダイヤモンド」が有名。

また、ダイヤモンド以外にもクリスタル(水晶)もまた4月の誕生石に指定されている存在なんですね。

 

どちらも同じ「透明」の鉱物ですね。

しかし、値段は雲泥の差があるのはいうまでもありません。

 

ダイヤモンドなんてとても貴重で高価な石ですから、なかなか手が出せない代物ですよね。

ただ水晶であればビッグサイズのものであっても比較的安価で手に入ります。

そのため、パワーストーン業界では「4月の誕生石=水晶」というのが一般的です。

 

そこで今回は、ダイヤモンドは置いといて、

水晶の魅力についてお伝えしえしていこうと思います!

4月の誕生石は水晶で決まり!?

水晶、、、それは”無垢透明”の姿があまりにも美しい石です。

誰でもその名前くらいは知っていますよね。

実際に見たことがあるって方も、かなり多いはずです。

 

ダイヤモンドは世界一硬いことで有名ですが、実は宝石特有の屈折率が非常に大きい鉱物なんですね。

この屈折率が大きいと、光が入り込んだときに輝いて見えるんです。

その性質をフルに生かしたのが、よく見る▽形のダイヤモンドカット(ブリリアントカット)なんです。

 

ただ、ダイヤモンド自体が価値のある鉱物ですし、大きいものだと驚く価格が付きますよね。

小さくても高価ですが、メチャクチャ小さいのであれば数千~数万であったりします。

 

水晶はダイヤモンドほど高級な鉱物ではありませんが、それゆえに大きい結晶でもかなり安価な鉱物なんですね。

特に、カットすればダイヤモンドまでとはいえませんが、それに似た姿が楽しめます。

 

よくあるのがコレ。

水晶ボタン、とかボタンカット水晶とかいわれるやつです。

 

キラキラしたダイヤモンド風のが欲しいという方は、このタイプの水晶を沢山使っているものを探すといいかもしれません。

画像のものは6×3mmの水晶ですが、これより小さいタイプもありますし、もっとデカイのも出回っています。

 

透明な水晶は、どんなパワーストーンとも組合わせしやすいため、水晶を取り入れたパワーストーンアクセサリーって非常に多いんですね。

例えば、先ほど紹介したボタン状ものは、よく副素材として使われていたりします。

 

もしかしたら、既に持っているパワーストーンアクセサリーにも入っているかもしれませんよ!?

透明なものがあれば、多分、、、ソレ、水晶です。

 

かなり身近な存在で、どこのパワーストーンショップでも気軽に購入できるものであるため、4月の誕生石が欲しいという場合は取り入れやすい存在なんです。

水晶についての詳しい記事はコチラをご覧ください。
⇒ クリスタル(水晶)|パワーストーン・天然石の意味辞典

 


スポンサーリンク