星型を取り入れた独創的なデザインが魅力のマクラメ編みストラップの作り方


スポンサーリンク



マクラメアクセサリーの作成方法を一つご紹介したいと思います。

ここでは”星の形”または”花”のようにも見える部分を取り入れたデザインの「ストラップ」を作成していきます。

 

自由にデザインできるマクラメアクセサリーだからこそできるデザインとなっていますので、ちょっと変わったストラップが欲しいという方は是非チャレンジしてみてください!

ストラップを作るのに必要な材料

s_st01

マクラメアクセサリーに欠かせない「蝋引き紐(ロウビキ紐)」を使用します。

「蝋引き紐ってどんな紐?」という方はコチラをご覧ください。
⇒ マクラメ編みに使う「蝋引き(ロウビキ)紐」を絶対的にオススメする3つの理由と特徴

 

このストラップを作るのは、約70cmほどの長さの編み紐を1本用意してください。

 

s_st03

編み紐以外の材用は「メタルパーツ」と「天然石」です。

このストラップに使用している天然石は「ダルメシアンジャスパー」といって101匹ワンチャンでもお馴染みのダルメシアン犬そっくりな模様をしている可愛らしいものを使用しました。

ダルメシアンジャスパーについての詳しい記事はコチラをご覧ください。
⇒ ダルメシアンジャスパー|パワーストーン・天然石の意味辞典

 

ちなみにダルメシアンジャスパーは8mmが2個6mmが2個です。

同じ大きさのものであればどんなビーズでも構いません。

 

あと、アクセントにメタルパーツ3mmを2個使っています。

この部分もどんなメタルパーツでも代用できますし、小さめ(同サイズ)のガラスビーズなんかでもOKです。

 

そして中心の「星」デザインの部分には「ボタンカット水晶6×3mm」を8個使用します。

 

s_st02

「ボタンカット水晶」と検索すれば出てきますが、天然の水晶だとちょっと高めの場合があります。

激安で美しいものだと「ガラス製」を同じようにボタンカット状にしたものがいっぱい出回っています。

 

ガラス製だと色んなカラーもありますし、どのカラーも等しく安いという点が嬉しいところです。

ちなみに「ボタンカット ガラスビーズ」で検索するといっぱい出てきますよ。

 

ストラップを作成していきましょう!

s_st04

まずは、ストラップを物に取り付けるための「輪」の部分の長さを決めます。

手作りなのでもちろん好きな長さにすることができますよね。

ですのでこの長さはご自身の用途に合った長さに設定してください。

 

ちなみに、この画像では「5cm」の長さに設定しました。

長さを決めたら、編み紐をセロハンテープで固定しましょう。

 

s_st05

まず最初に「つゆ結び」を2回します。

つゆ結びの結び方についてはコチラをご覧ください。
⇒ 綺麗めマクラメ(編み込み)アクセサリー作成に大活躍の「つゆ結び」の編み方

 

これでストラップを引っ掛ける「輪」の部分ができましたね。

これからこの下に天然石やメタルパーツを取り付けていきます。

 

s_st06

まずは8mmビーズを右側だけの編み紐に通します。

 

s_st07

8mmビーズを一番上まで持ってきたら、そこで「つゆ結び」を1回して留めてから3mmのメタルビーズを取り付けます。

3mmメタルビーズは両方の紐を通します。

 

s_st08

次は「星」部分の作成です。

最初に1個のボタンカットビーズに左の編み紐は「左から右」、右の編み紐は「右から左」と両方の編み紐を通してください。

 

s_st09

両方の編み紐を通して締めていくとこんな感じになっているはずです。

そしてこのまま上にいくまでしっかりと締めてください。

 

s_st10

一番上までいったら隙間が開かないように多少力を入れてきつく締めるようにしましょう。

 

s_st11

そして両方の編み紐に3個ずつボタンカットビーズを通します。

 

s_st12

最後の1個のボタンカットビーズは、1個目と全く同じように両方の編み紐を交差するように通します。

両方を通したらそのまま上にいくまで締め付けてください。

 

s_st13

最後の1個のボタンカットビーズをしっかりと締め付けると「星」が出来上がりましたね!

緩んで形が崩れないようにここでも多少きつめに締めておきましょう。

 

s_st14

星の部分ができたら、その下にメタルパーツ3mmを両方の編み紐に通して「つゆ結び」を1回します。

 

s_st15

次は、左の編み紐に8mmビーズを通します。

上で取り付けた8mmビーズとは逆ですね。

 

s_st16

8mmビーズを通したら、つゆ結びを2回します。

つゆ結び1回だと緩んでほどけることがあるので、終わり部分は2回きつめに編みこみましょう!

 

s_st17

最後に6mmビーズを両方の編み紐に通します。

この部分はゆらゆらとゆれ動く部分となり、自分で好きな長さにすることができます。

 

長いのは邪魔だと感じる方は短いところで玉止めにして残りの紐を切ります。

ゆらゆら揺れ動く部分が長いほうがいいという方は、長めのところで玉止めして残りの編み紐は切って処理します。

 

 

s_st18

これで「星型(花型かな?笑)」を取り入れたストラップの完成です!

結び方自体は「つゆ結び」メインにで、しかも6回しか行わないので材料さえ揃えれば簡単に作れてしまうはずです!

 

s_st19

「ちょっと変わったストラップをぶら下げていたい」というかたは、是非「星型」を取り入れたこのデザインのストラップを作ってみてはいかがでしょうか!?

星型の部分を2個作ったり、独自のストラップにもチャレンジしてみるのもいいでしょう。

色々とアイディアを形にしていくのは本当に楽しいですね。


スポンサーリンク