真珠以上の輝きが全面に!?マザーオブパール(MOP)カボションの魅力


スポンサーリンク



表面のほぼ全体が神秘的な輝きで覆われているマザーオブパールのカボションをご紹介させて頂きます。

マザーオブパールはパワーストーンアクセサリーでも人気があり、ビーズ状はもちろん、ボタンや生活用品の一部にも使われることがあります。

そういったことでは、マザーオブパールはとても身近なパワーストーンだといえます。

 

画像のカボションが2センチもない小さなものですが、マザーオブパール特有の輝きがほぼ全体的に見られるのでパール好きの方は思わず見入ってしまうのではないでしょうか。

私自身、これまで見てきた中でこの輝きが一切入ってないというのは見たことがありません。

 

アクセサリー用として加工されているものでは少なからずこの神秘的な輝きが見られるほど、マザーオブパルは品質が安定しているのです。

特にカボションに加工されたものは、最高の輝きが見られるはずです。

 

ここでは、マザーオブパールのカボションの魅力について書いていきます。

マザーオブパールについて

マザーオブパールは天然石(パワーストーン)の分野で有名ですが、貝を加工して作ったものなので鉱物ではないです。

どんな貝を加工して作るというものではなく、名前の通り”真珠の母”となる貝、つまり真珠を作ることができる貝を加工して作ったものを総称してマザーオブパールといいます。

 

画像のようにホワイトカラーのものは、白蝶貝という種類のものを加工して作られたものです。

他にもいくつか種類があり、カラーも異なりますが一言でマザーオブパールというと、このホワイトカラーのものを指します。

 

その貝を加工すると、まるで真珠のような輝きを見せることから名前に「パール」の文字が入っているんですね。

もう既にお分かりかと思いますが、パールのような姿に見えるということでこの名前がついているだけで、実際にはパールではありません。

 

マザーオブパールの輝きは真珠以上!?

w_mop_ka_002

真珠とマザーオブパールを比べれば、価値は真珠のほうが圧倒的に高いです。

逆にマザーオブパールはとても安価で流通しています。

 

しかし、高価な真珠のほうが美しい輝きを持つのかといえば決してそんなことはないのです。

輝きだけでいえばむしろマザーオブパールの方が強く輝きます。

 

とはいっても真珠とはまた違った輝きなので、どちらが好みかは分かれるところだと思います。

強力な輝きを見たい方はマザーオブパールを選んでみるのもいいでしょう。

 

w_mop_ka_003

ビーズ状に加工されたマザーオブパールでは、ごく一部分にしかこの輝きが見れませんが、画像のようにカボションにしたものだと見事な輝きが全体的に広がっています。

他にもいっぱいマザーオブパールのカボションを見てみましたが、輝く部分の面積が少なかったりということはなく品質がほぼ安定しているように思います。

 

なので、マザーオブパールの神秘的輝きを十分に見たいという方にはカボションがお勧めですよ!

 

関連記事

マザーオブパールをもっと知りたいという方はコチラも合わせてご覧ください。
⇒ マザーオブパール|パワーストーン・天然石の意味辞典

スポンサーリンク