ピンクトルマリンのさざれ石で宝石質で高級なアクセサリーを作ろう!

ピンクトルマリンのさざれ石

スポンサーリンク



10月の誕生石にも指定されている「トルマリン」というパワーストーンをご存知でしょうか?

かなり多くのカラーバリエーションを持つ鉱物ですが、ビーズ状に加工されるものではブラックとピンクの2種類が多く見られます。

 

カラーによって希少価値があり、ブラックはかなりお安い価格で出回りますが、他の色彩は基本的に高価となります。

ピンク色では透明度のないものでも結構な価格で取引されることがあり、濃く透明度の高いものはかなり高価となります。

 

他にも緑や青などありますが、美しいものは宝石として、クラック(ヒビ)などが入っているものは原石などとしてよく出回ります。

パワーストーンアクセサリーとしてポピュラーな存在なのは黒とピンクですが、黒色のものはオニキスと見間違えるほどそっくり。

 

ピンク色は色が濃く透明度の高いものは珍しく、大きい結晶ではなかなかお目にかかれません。

でも、「どうせ買うなら美しい品質が欲しい!」という方にお勧めなのが、ピンクトルマリンのさざれ石です。

ピンクトルマリンのさざれ石について

さざれ石とは、米粒大のように小さく加工したものを指します。

今では米粒大の小さいものから、チップ状、1センチ以上の大きいタイプまでバリエーションが豊富になっています。(※天然石の種類による)

 

p_t_003 p_t_001

画像はピンクトルマリンのさざれ石で、大きさは3mm~6mm程度のものです。

透明度が高く、ピンク~やや紫がかった色彩がとても美しいトルマリンです。

 

さざれ石のように小さいタイプであれば、安いだけじゃなく、なかなかお目にかかれないような美しい品質のものが普通に見ることができます。

ただ、「小さい」というところのみがネックですが、さざれ石をうまく組合わせると美しいアクセサリーを作ることができます。

 

この「小さい」を生かし、シンプルなアクセサリーを作るのには非常に適しています。

また、透明度の高いピンクトルマリンのさざれ石は、光が当たると石の中まで光が届きより美しく見えるので、小さくても存在感はたっぷりです。

 

さざれ石には、置物やインテリア目的の穴が開いていないタイプもあります。

アクセサリーを作成する場合は、ビーズのように「穴あき」のタイプであることをよくご確認するようにしましょう。

 

そういえば、トルマリンって日本名で「電気石」と呼ばれる、実際に電気を帯びた珍しい鉱物なんです。

この電気が、微量の電磁波を無害化するということが科学的に実証されているんだとか。。。

まあ、どの程度かは分かりませんが珍しい鉱物であることに変わりありませんよね。

 

また、10月の誕生石でもあるのでお洒落に自分の誕生石を身につけたいという方は、透明度の高いピンクトルマリンのさざれ石でアクセサリーを作ってみることをお勧めします!

 

関連記事

トルマリンについて詳しく知りたい方はコチラも合わせてご覧ください。
⇒ トルマリン|パワーストーン・天然石の意味辞典

 


スポンサーリンク