ロジウム加工(メッキ)のシルバービーズを組合わせてジュエリー並みの高級感を演出


スポンサーリンク



パワーストーンは多くの種類が存在し、色んな種類の石を組合わせて作ることができるのが面白いところであり、見た目もお洒落、可愛い、カッコいいなどを演出できますよね。

自分で好きな石を選んで、それを組合わせて作る方も多いはずです。

ショップでもオーダーが可能なところでは、自分でチョイスしてその石だけで作ってくれます。

 

石だけじゃなく、シルバーパーツなどの副素材を組合わせて作ることも多くなっていて、デザインは日々進化しているといっても過言ではありません。

この副素材の「シルバーパーツ」で是非お勧めしたいのが、ロジウム加工(メッキ)を施されたシルバービーズです。

 

ちょこっと組合わせるだけで一瞬のうちに高級感を演出できる代物。

ここでは、シルバービーズの魅力、そしてロジウムメッキとは何なのかについて説明していきます。

一瞬にして高級感を演出するシルバービーズ

 rhodium_b_002

シルバービーズとは、その名の通りシルバーで作られた丸状(ビーズ状)のものですね。

今では驚くようなデザインのシルバーパーツが出回っているので、そういうものに目が行ってしまう事が多いです。

もちろんデザインされたものは人気があり、当然それらを使用したアクセサリーが多く出回っています。

 

シルバービーズを使用したデザインのアクセサリーはあまり見かけなくなりましたが、魅力を知れば絶対に組合わせたくなるような代物です。

とはいえ、好みがあるので一概には言えませんが、どういった方に特にお勧めできるかというと、”ジュエリーショップで売っているような高級感”のあるものにしたいという方にオススメです。

 

ちなみに画像のシルバーパーツは3mmのもので、小さいものを天然石の間で輝かせるようなデザインにするだけで高級ジュエリーみたいな感じに見えませんか!?

とにかく高級感が欲しいという方は「シルバービーズ」は欠かせない存在になるはずです。

 

どうせ買うなら「ロジウム加工(ロジウムメッキ)」が施されたもの

rhodium_b_003

シルバー製のアクセサリーを購入したことがある方なら経験がある方も多いと思いますが、日数が経つとだんだん黒ずんできますよね。

純銀(シルバー)はもともとこういった現象は起こらないのですが、銀はとても柔らかい金属なので、強度を高めるために別の金属と混ぜるんですね。

その金属が酸化して黒ずんできたりします。

 

また、シルバーは硫黄に反応したときに「硫化」して黒ずみます。

布などで拭けば綺麗に元通りにすることはできますが、いちいち手入れするのも面倒ですよね。

 

なので、シルバービーズを購入する場合はロジウムメッキが施されたものをオススメします。

 

ロジウムメッキの特徴

ロジウムとは白金族元素の一つで、プラチナのような輝きを持つ高級な金属。

厳密には「銀白色」で、貴金属にも指定されています。

 

ロジウムの特徴では「強度が強い(硬い)」、そして「耐摩擦に優れている(削れにくい)」、「劣化しにくい」というものがあります。

銀をはじめ、金や白金(プラチナ)といった貴金属はとても柔らかい金属です。

この誰もが知る有名な貴金属の弱点を克服したものがロジウムなのです。

よってロジウムメッキは高級ジュエリーにも頻繁に使用されています。

 

以下、ロジウムの特徴をまとめます。

・強度が強い(硬い)
・耐摩擦に優れている(削れにくい)
・耐食性に優れている(劣化しにくい)
・プラチナのような輝き(高級貴金属のような光沢)

強度が硬いから衝撃に強く、すぐに剥がれないのでいつまでも美しい光沢のままでいるのがロジウムメッキです。

 

同じ大きさのシルバービーズでロジウムメッキされているものと、そうでないものでは、やはりロジウムメッキのものが断然割高ですが、その価値に見合うだけのものは絶対にあります。

見た目だけではなく、質にもこだわって真の高級アクセサリーを作るのもいいですよね。


スポンサーリンク