こんな可愛い色があった!魅惑のラベンダーアメジスト

ラベンダーアメジスト

スポンサーリンク



高貴な紫色のパワーストーンといえばアメジストを思い浮かべる方が多いはずでしょう。
それほどアメジスト=紫色の石としての認知度が高く人気もあります。

そしてなんといっても紫色のパワーストーンって、かなり種類が少ないカラーなのでアメジスト自体、とても貴重な存在といえます。

「アメジストの色といえば?」という質問に対し、濃い紫色のイメージされた方が多いのではないでしょうか?
実は、アメジストにもカラーバリエーションがいくつか存在し、その中で近年注目が集まっているのが「ラベンダーアメジスト」です。

名前の通り、ラベンダーのような明るめの紫の色彩をした可愛いタイプのアメジストです。
このページでは、ラベンダーアメジストの特徴や魅力について説明していきます。

ラベンダーアメジストについて

ラベンダーアメジスト

“紫の石”として世界中で有名な宝石でもある「アメジスト」ですが、実は濃い紫以外にもカラーバリエーションを持つ石で知られます。

ジュエリーとして有名なのが緑色のプラジオライト(グリーンアメジスト)がありますが、宝石が好きな方でなければこの名前を知っているという方は少ないのではないでしょうか。

それほどアメジストとは紫色の石というのが定着していることが分かります。

そして最近になって、明るい紫色のアメジストが大変注目を集めています。
それが「ラベンダーアメジスト」です。

色彩はピンク色に近い紫といったところでしょうか。
恋愛色を思わすような可愛らしい色彩から、特に女性の方から人気があります。

ラベンダーアメジストを取り扱うショップも増えてきて、透明感の少ないものだとかなり安価で購入できるのが嬉しいパワーストーンです。
というのも、ほとんどのラベンダーアメジストはクラックが多く存在し、透き通るような透明度が失われるため、石の評価が低いからです。

ですが高品質のアメジスト同様に、透明度の高いラベンダーアメジストも存在します。
やはり透明度の高いものは貴重なので高価な場合が多いです

とはいえ、若干の透明感がまた高級感を演出してくれています。

ところで紫色で透明度のあるパワーストーンはアメジストしかないってご存知でしたか?
それに、紫色のパワーストーンって高級なレアストーンばかりなのです。

そういう意味では、石の価値は低くても存在はとっても貴重だといえますよね!
明るめの紫~ピンクのパワーストーンが欲しいという方は是非、ラベンダーアメジストをチェックしてみてくださいね。

 

ラベンダーアメジストの手入れ

基本的にはアメジストと同じで、紫外線に弱い性質があります。
直射日光に長時間さらしたままにしておくと退色の恐れがありますので、光の当たらない場所に保管するようにしましょう。


スポンサーリンク