ダイエットで痩せたきゃお酒は我慢するな


スポンサーリンク



何かと誤解や勘違いすることの多い酒の話。
ダイエット中のお酒は全く問題ないとは言えませんが、お酒は飲み方によっては飲んでも全く問題ありません。

何がいけないかというと、何でもそうですが飲みすぎ飲み方にあります。
食べ物でもそうですが、いくらダイエットに効果があるものでも食べ過ぎるのはNGですよね。

それと同じで、お酒も飲みすぎなければ問題ないのです。
ここでは、ダイエット中のお酒の飲み方について、私なりにご紹介していきますね。

「つまみが高脂肪を選択するビール」

つい焼肉、焼き鳥屋さんに行くと「とりあえずビール」ではないでしょうか。

最初の1杯なら良いものの、飲み続けるビールは飲んだ分だけ「脂っこいのも」を採りたくなります。
2杯目は、アルコールの高いお酒を少し飲むこともおすすめ。
摂取量が少なくなりますので効果的です。

 

「肉から魚系、肉から野菜で白ワインを」

食事をしながらお酒を飲みますが、食べるもので飲むものも変わってきます。

例えば、焼き魚や野菜のものであれば白ワインが合います。
ワインの栄養価も高いので効果的です。

ワインは美容にも効果があるといわれているので、少量であればダイエットに美容と一石二鳥です。

 

「アルコールを飲み過ぎると脱水症状になる・・・」

脱水症状になると体が塩分を欲しがります。
塩分の強いものには脂っこいものが多くそれを食べすぎてしまうのが太る原因です。
飲む前にスポーツドリンクを飲むのも良い方法です。

飲み過ぎた次の日に水を飲み過ぎてしまうのは脱水症状があるからです。

しかし、ご存知の方もいると思いますが、スポーツドリンクは吸収が早いため、お酒と一緒に飲むとアルコールの回りが速く、すぐに酔ってしまいます。

酔いを楽しみたい方にはいいですが、飲みすぎは禁物ですね。

 

「量より質。良いお酒を選ぶ」

どうしても、つい安いお酒に手を出してしまいませんか。

本来うまみ成分を向上させる原料を削減し、副原料(コストカット)した物に変えています。
発泡酒に限らず、日本酒やウイスキー、焼酎にも質があります。

ですから、安いアルコールに手を出さず、質の良いお酒にチェンジしましょう。
悪酔いも防ぐことができます。

 

「ウイスキーは特にお勧め」

ウイスキーは不思議な飲み物です。
晩酌としてあまり飲まれなく、おつまみを食べながら飲まない傾向にあるお酒だといわれています。
ウイスキー好きの方であればこの限りではありませんが。

ウイスキーの楽しみ方の一つに「香り」があります。
ボトルを開けたとき、たちまちあま~い香りが漂ってきますよね。
ウイスキーはアルコールが大変高いですが、水割りでもロックでも行けますのでお好みに合せ飲めます。

そしてアルコール度数が高いお酒は、一気に飲みすぎてしまうってことがありませんよね。
香りを楽しみながら、ちびちびと飲んでとてもリラックスできます。
ダイエット中にも気兼ねなく飲むとこをおすすめします。

 

最後に

いかがでしょうか。
お酒により食べ物が変わり、当然飲み方にも変化をもたらします。

お酒の飲み方次第でダイエット中にも楽しくお酒を飲むことができます。

原則飲み過ぎを抑えれば全く問題ありません。
お酒により血流が増加して体温が上昇し体を温めることはダイエットにもプラスです。

お酒がダイエットに悪いと思い一気にやめてしまうとそれがストレスになり爆発してしまいます。
欲求のバランスを考え自らマネジメントをしましょう。

お酒は太るといいますが、飲み方と食べたか、そして量さえ間違えなければ体重をキープ、または同時進行でダイエットできます。


スポンサーリンク