ダイエットをするにあたって食事や運動よりも効果的な「異性を意識する」考え方


スポンサーリンク



タイトルを見て既に賛否両論あるかと思いますが、ここでは私が思ったなりに書かせていただきます。

恋愛中なら気にすると思いますが、結婚している場合「幸せ太り」なんで言葉もあるように、異性を意識しないようになれば太りやすくなります。

けして、浮気心を持つのではなく、「カッコいい男性」「スタイルの良い素敵な女性」を目指しているでしょうか。

人は第一印象で8割り決まるといいます。
当然、身だしなみや態度もそうですが、太っていると「不健康なのでは」「ストレスに弱い人」「食欲を抑えることができない人なのか」と無意識に思うこともあります。

男性なら、お腹周り。女性なら、下半身。

自然と目が行きますので、ボディーラインを引き締めて素敵な人になりたいものですよね。

ダイエットは食事だったり運動をすることに意識がいくかと思いますが、意識的な問題の改善も必要不可欠といえます。

つまり内面から自分を変えるという考え方です。

それに最も効果的な方法が「異性を意識する」です。
つまり恋愛をするということです。

人は好きな人から良く思われたいという一心があれば、美容や健康にも良い効果が現れます。
好きな人ができたとたん急激に綺麗になったり、お洒落をしたりすることはよくあることですね。
これはダイエットにも非常に有効なのです。

ここではダイエットをする上で「異性を意識」するという考えについて書いていきます。

まずは、私服チェックを!?

太っていると、スリムパンツやタイトなカットソーなどを遠慮します。

休日はスエットやジャージはウエストがユルユルの服を着ている人は要注意。

お腹周りやお尻が太っても気づきにくく太っている意識が薄れてきます。

家でも、デニムを選択し引き締める習慣をつけましょう。
これ以上、太ってはダメという戒める効果があります。

あえて、体に無理のないようなスリムのものを選択するのも一つです。

普段はあまり着ない服で、「着たいけど自分には合わないかも・・・」と思うような服ってありますよね。

そう思う服装もじょじょに取り入れて慣れていければいいですね。
ただ、雑誌などのモデルさんが着こなすような難易度の高いものは、それ相当なルックスが必要です。

「いつかこういう服を着る」という思いで、無理なく新しいファッションを取り入れていきましょう。

 

標準体型と自分の体形を知ろう

大手ファーストリティリングが運営するカジュアル洋服店「ユニクロ」。

例えば、お店に行きシャツのコーナーに行きましょう。

この柄がいいと思っても在庫がなく、自分に合うサイズが無いと悲しんだ経験はありませんか。

店員に伺ったところ、メンズであれば「Lサイズ」が圧倒的に売れ、その次に「Mサイズ」からなくなります。

そして残りやすいのは「SサイズとXLサイズ」なんだそうです。

身長があまりにも合わない場合は別の話ですが、この店でサイズが合う体型になるもの一つの目標です。

 

おしゃれな服が着たい願望がありますか?

服のセンスは人それぞれですが、「おしゃれに着たい、可愛い服がほしい」という思いがあれば良いですが、サイズが合わないのを理由におしゃれしたい願望がなくなり、全く意識しなくなったのでは要注意です。

確かに、自分が好きなブランドには自分の体形に合う服がないかも知れませんが、いずれ着たいと思うのも一つの目標であり、そこにベクトルを合わせ努力するもの良いです。

着たいのに着れないというような、悔しい思いをバネにするとダイエットにも力が入ります。

これに「着になる人から見られたい」と思うようになればますます意識が活性化し、ダイエットにも力が入り、そして効果が出せるようになります。

食事制限に運動、直接的に効果があるこれらの物事も継続しなければ意味がありません。

そのためにはまず、意識的な問題から改善し、自分の脳をダイエットを成功させる「考え方」にすることが大切です。


スポンサーリンク