まるで地球のような姿をしたアズライト(アズロマラカイト)のカボション


スポンサーリンク



石の色彩と表面の模様が「地球」そっくりに見えることで知られるパワーストーンの一つに「アズライト」という種類の石があります。

今回、そのアズライトの美しいカボションを頂いたのでご紹介させていただきます。

※カボションとは、画像のような形に加工されたのものをいいます。

 

地球のような姿が魅力的のアズライト

アズライトという鉱物は、基本的に「青」と「緑」の2色が色彩が大半を占めます。

そのうちアズライトと呼ばれるのは「青色」の部分です。

 

つまり、青い部分がアズライトの結晶ということになり、他の部分はアズライトではない鉱物が混ざり合ってできているんです。

ちなみに緑色の部分は「マラカイト」といって緑色のシマシマ模様のパワーストーンでも人気のある鉱物です。

 

マラカイトについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ マラカイト|パワーストーン・天然石の意味辞典

 

市場に出回っている「アズライト」とは、基本的に青と緑が混ざり合ったものがほとんどで、主にアズライトとマラカイトの2種類の鉱物で構成されていることから「アズライトマラカイト」や「アズロマラカイト」などと呼ばれることも多いです。

青と緑が入り混じるアズライトですが、ほとんどの場合はマラカイトと共に混ざり合って産出(共産)されるためアズライトの「青」単体のみの結晶はかなり希少価値の高いレア物として扱われます。

 

ですので、正確には一言でアズライトというと青のみのものを指しますが、ワーストーンとして出回っているものではまず青単体のものはないのでマラカイトが混ざり合うものも全部ひっくるめてアズライトと呼ぶようになっています。

 

azurite_k02

青い部分が海で、緑の部分が大陸のように見えますよね!

この画像のカボションは白い部分も目立ちますが、それでも美しいです。

 

アズライトは丸いビーズ上でも多く出回っているパワーストーンですが、ビーズ上だと本当に地球のように見えるものも沢山あります。

自然を眺めていると心が癒されるような感覚がありますが、このアズライトも同じようなものを感じさせてくれます。

 

 azurite_k03

 

アズライトの地球のような模様はいうまでもなく「アズライト」と「マラカイト」が作り出す天然物なので、いろんな模様のものが見られるのも魅力的です。

また、同じく地球のような姿を見せるパワーストーンでは「クリソコラ」も有名です。

 

クリソコラについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ クリソコラ|パワーストーン・天然石の意味辞典

 

画像のようなカボションは表面の面積が広い分、地球模様が十分に楽しめるので「見て楽しむ」という観点ではとてもお勧めです。

天然石であるため模様がまったく同じであるってことがまずないので、探し回っているうちに驚くようなものに出会えることもありますよ。

 

関連記事

アズライト(アズロマラカイト)について詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ アズライト|パワーストーン・天然石の意味辞典

スポンサーリンク