テレビで特集されるほど有名な「ユーチューバー」の報酬(収入)源とそのカラクリ・仕組み


スポンサーリンク



今や聞いたことが無い人がほとんどいないといっていいほど有名になった「ユーチューバー」。

このユーチューバーとは簡単に言いますと、巨大な動画サイトであるユーチューブに動画を投稿し、その自分の動画でお金を稼いでいる人たちのことを言います。

 

当然といえば当然ですが、お金が発生するにはあるカラクリがあります。

実は、ユーチューブの動画自体に収益が発生するようなシステムはありません。

つまり、ただ単に投稿した動画が再生されればお金が貰えるなんてことはないのです。

 

ですので、ユーチューバーと呼ばれる方々はあるものを利用し、それを自分の収益へと結びつける仕組みを作っているのです。

ここではその収益が発生する「カラクリ」についてお話していきます。

ユーチューバーのカラクリとは

ユーチューバーといえば、「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」なんかが有名ですよね。

特に「ヒカキン」はユーチューバーという言葉を世に知らしめた人物でもあり、今でも人気が衰えませんよね。

 

このユーチューバーが爆発的な人気が出たときは、ユーチューブのトップページの動画でユーチューバーたちの動画が流れていたくらいです。

このユーチューバーのキャッチフレーズとも言える「好きなことで生きていく」は見たことがある方は多いのではないでしょうか。

 

駅のプラットホームや壁など、様々な場所に大きなユーチューバーたちの広告が張り出されているのを見たときはかなりの存在感がありました。

 

自分の好きな動画を投稿して、それで生計を立てていけるなんて、そんないいことは他にはありませんよね。

現在では、子供たちの夢でも「ユーチューバーになる!」と答える人も少なくないそうです(笑

 

そこで気になる人気ユーチューバーの年収ってどれくらいなのか、とても知りたいですよね。

調べてみるところ、これはあくまでも推定や予想の域ですが、最低でも数千万、凄い時で億を超えているとのことです。

凄すぎですよね!

 

では、このユーチューバーと呼ばれる人たちって具体的にどうやって動画で稼いでいるのかご存知ですか?

仕組みを知らない人なら、「ユーチューブって再生されるとお金になるんだ」と思うのではないでしょうか。

少なくとも、なんらかの設定でお金が発生するようにできると思うはずです。

 

ここで感の良い方ならお気づきかもしれませんが、ユーチューブって再生した直後に「広告」が流れますよね。

実は、あの広告こそがユーチューバーの収入源となっているのです。

好きな動画とか見ているとき途中途中入るものもありますが、結構邪魔なんですよね(汗

 

では、あの広告って何の広告なのかご存知でしょうか?

あの広告は、ユーチューブが流している広告ではなく、動画を投稿する本人たちで設定して流れるようにする必要があるのです。

その広告とは、あの有名なGoogle(グーグル)の「AdSense(アドセンス)」と呼ばれるものです。

 

つまり、ユーチューブ側からお金を貰うのではく、グーグル側からお金を貰うことになります。

 

グーグルが提供する「アドワーズ」「アドセンス」の広告サービス

そのカラクリはこうです。

まず、グーグルの広告サービスですが、アドセンスとはまず「アドセンスの登録」を行い、自分のサイトに広告を表示・掲載します。

そして、自分のサイトでそのアドセンス広告がクリックされれば、その時点で報酬が発生するという仕組みです。

アドセンス広告の良いところは、クリックされればその時点で報酬が発生するというところですね。

 

これに似た仕組みでアフィリエイトがありますが、アフィリエイトは自分のサイトを経由して商品が購入まで至らないと報酬が発生しません。

ただ、報酬額はアフィリエイトの方が圧倒的に高いです。

 

アドセンスとは広告を代理で掲載するようなイメージですね。

それとは逆に、広告を出稿する側が当然います。

これを、「Adwords(アドワーズ)広告」といい、個人から大手企業まで幅広く利用している広告サービスです。

 

この広告はよくブログの様々な場所に張り巡らされていることがあり、ブログを利用して収益を得ている方も非常に多いです。

このような方々を「ブロガー」といい、ブログ飯という言葉もあるように、これ一本で食べていっている方だっているくらいです。

 

一方、ブログなど自分のサイトではなく、ユーチューブの動画をホームページ代わりにこの広告を貼り付けて収益を得ている方が「ユーチューバー」です。

つまり、アドセンス広告を貼り付ける媒体がブログと動画の違いだけということですね。

ここに着目したヒカキンなんかはさすがといえます。

自分の好きな動画を作り、その動画にアドセンス広告を貼り付けて投稿するだけで収益になってしまうのですから、動画ひとつひとつが自分の財産となっていきます。

動画を1つアップしていくごとに不動産を築き上げたり、土地の面積を増やしているような感覚にも思えてきます。

こう考えると凄いことですよね。

 

広告の報酬額は1クリックあたり微々たるもの

しかし、重要なのは1クリックあたりの報酬額です。

ブログなどに貼り付けた場合、1クリックあたり貰える報酬額の平均は大体30円前後です。

中には1クリック100円~200円以上貰えるような超熱いジャンルも存在します。(美容や不動産、特に金融関係などが高報酬)

 

ユーチューブで流れる動画では、一昔前までは100万再生で10万稼げると言われているときがありましたが、現在ではさらにクリック数が必要だといわれています。

 

アドセンス広告はジャンルによって報酬額が違うという特徴がありますが、大体の平均は1クリックあたり0.3~0.5円ほどでしょう。

 

このことからも分かるように、ユーチューバーとして生計を立てるにはかなりの再生回数が必要となってきます。

また、広告が再生されなければ報酬に繋がらないので、その工夫も必要となってくるでしょう。

とはいえ、動画の再生回数が増えると、それに応じて広告の表示回数も増え、収益も右肩上がりで上がっていきます。

 

あのスポットを浴びている有名ユーチューバーたちも、相当な努力の元、今の姿があるのですね!

当たり前ですが、撮影するのだって大変なのに、なにを投稿するか色々と考えて、使う道具を用意し、見る人が楽しんだり喜んだりするような動画にするのって相当なものです。

 

最後に

なんとなく見ているだけだと「ユーチューバーっていいなぁ~」と思うこともありますが、実際にやってみると命を懸けてやるくらいの強い意思や行動力、そして継続性がなければ絶対に無理です。

 

ユーチューバーを目指している方は、最初のうちは何も考えずにただ「面白い動画を投稿しまくる」というように、見る方に楽しんでもらえるようなものをどんどんアップして自分のファンを獲得していくのがいいかもしれませんね。


スポンサーリンク