アメックスがIC一体型を採用!魅力的なカードデザインに”傷”がつくと不評も!?


スポンサーリンク



クレジットカードのブランドであるアメリカンエキスプレスは、「アメックス」とう呼び名で親しまれています。

特にステータスの高いカードとして知られ、経営者などが好んで持っている他、多くの種類のクレジットカードを持つカードコレクターなら絶対といっていいほど持っているのではないでしょうか。

 

また、アメックスの凄いところはカードのサービス内容うんぬんより、「カードデザインが好き」というたったこれだけの理由でこのカードを持つ方も多いのが特徴です。

そのアメックスにIC搭載が採用され、様々な議論がネット上でされているのが話題となっています。

アメックスの人気の秘密

アメックスといえば、そのステータスの高さが魅力です。

私も、アメックスを持っていますが、そのときはただ見栄っ張りという性格で自分自身になんのステータスもない状態でこのカードを取得しました。

アメックスは一番下のランクであるグリーン色のカードでも、他のゴールドカード並みの年会費がかかってきます。

 

しかし、それでもこのカードを取得したいと思うのは、やはりブランド力といえるでしょう。

私と同じ様な理由で取得した人は、同じ会社にもいましたし、この記事を見ている方の中にもいるのではないでしょうか。

 

ブランド力といえば、財布やバッグなどで有名なルイヴィトンやエルメス、時計ではロレックスなんかがありますが、それと同じような感覚で「これを持ちたい!」と思わせるのがアメックスの凄いところです。

 

魅力的なカードデザイン

私の場合、アメックスのカードデザインに惹かれてこのカードを取得したのも大きな理由の一つです。

ネット上で検索してみても、カードデザインが一番の決め手だという方もビックリするくらい多いです。

 

アメックスのカードデザインといえば、「兵隊の横顔」が真ん中にドン!ってあるのはとても有名ですよね。

また、取得してから分かったのですが、外枠はお洒落な模様のあるフレームが描かれており、カード全体に模様が入っているのです。

そのキメ細かさMAXに、さらにこのカードが好きになりました。

 

IC搭載でカード表面にチップが埋め込まれる

そのアメックスカードにICの搭載が採用されました。

ICカード搭載のメリットは、スキミング被害を防ぐ効果が期待できます。

スキミングとは、クレジットカードの磁気ストライプの部分から情報を盗み取るという手口で、年々増加する被害を対抗し、これに手を打つ手段としてはIC搭載は当然のことだといえます。

 

また、今までアメックスを使っていた方ならご存知だと思いますが、アメックスの場合は買い物をしたときはほぼ全ての場合「サイン」をすることになっていました。

しかし、IC搭載により暗証番号の設定が必要になり、これからは暗証番号の入力が求められます。

 

新たにアメックスを取得された方はIC搭載のカードが届いていて、以前から会員でカードを既に持っている方でICが搭載されていないカードをお持ちの方は、有効期限が切れる時の「更新時」にIC搭載のものに切り替わります。

つまり、IC無しのカードをお持ちの方は、それがIC無しカードの見納めとなります。

 

ちなみに、暗証番号はアメックスに電話して自動ガイダンスにしたがって入力するだけで簡単に登録できます。

わざわざアメックスの担当の方と話す必要は無く、自動ガイダンスを進めていくと4桁の数字が求められ、それを入力するだけなので面倒なことはありません。

 

カードデザインは賛否両論

ICが搭載されれば、当然ながらICチップが埋め込まれることになります。

ICチップといえば、今や銀行のキャッシュカードや他の多くのクレジットカードにも採用されているので見慣れているかと思います。

 

カードの左中段あたりについているアレですね。

 

そのチップが表面にドンッ!とむき出しに埋め込まれたことで「カードデザイン」について様々な”議論”がネット上で騒がれ、話題となりました。

 

最初の意見で多く見られたのが、「カードデザインが損なわれる」というようなマイナスのイメージが多かったように思います。

実際に私自身、いきなりICチップ搭載のものが手元に届いたときには違和感すら覚えました。

 

というのも、アメックスのカードデザインがとても気に入っていたので、最初は正直ショックだったというのも事実です。

でも見慣れれば全然平気ですけどね(笑

 

また、別意見では「ただですらステータスが高いカードなのに、IC搭載とか最強」というプラスの意見も多くあります。

確かに、ステータスが高いだけではなく、防犯対策も抜群であれば信用度はさらに上がりますよね。

逆に今までなんでICが搭載されていなかったのが不思議と思う方も多かったのでしょう。

 

ここで凄いと思ったのが、カードのデザインだけでここまで多くの方が議論しあうということです。

実際にはデザインの変更は一切無く、ほんの一部分にチップが埋め込まれただけです。

 

「ただそれだけのこと」と思うかもしれませんが、マニアの中では議論しあうに十分な出来事なのです。

デザイン一つでここまで盛り上がることができるのも、アメックスだけにしかない魅力といえますね。

 

ちなみに貴方なら、ICチップが無い額面と、ICチップが埋め込まれた額面のどちらがお好きですか?

この双方にについて意見しあうのも面白いかもしれませんよ。


スポンサーリンク