三毛猫のオスは超希少で価格はなんと3000万円も!?貴重な存在である理由とは?


スポンサーリンク



黒、茶、白の三色の毛を合わせ持つ猫といえば「三毛猫(みけねこ)」ですね。

日本の猫といえばこの三毛猫ってイメージが強いような気がしますし、野良猫なんかでも良く見かけることなんかがあります。

 

私の周りでは最近見ることが少なくなってしまいましたが、皆さんの周りには三毛猫が歩いていたりしませんか?

もし三毛猫がいたとして、もしその猫が「オス」だったら信じられないほど希少な存在なんです!

 

三毛猫は通常「メス」がほとんどで、オスの固体はほぼ存在しないほどなのです。

そして、驚くべきことにオスの三毛猫は数千万の価値が付けられます。(実際に取引されている)

 

なぜオスの三毛猫だけが希少なのか説明してみますね。

 

基本的に三毛猫は「メス」しか存在しない

実は、毛の色が「黒」、「茶」、「白」の三色を持つことが出来るのは、基本的にはメスの固体だけとなります。

ですので、よく見かける猫が三毛猫だった場合、その猫は「メス」であると断定してもいいです。

書籍によっては、「三毛猫のオスは存在しない」とまで書かれているものだってあるそうです。

 

という話をすると、「オス」の三毛猫は存在しないことになります。

でも、実際にはオスの三毛猫は確かに存在しています。

完全に矛盾しちゃっていますよね。

 

実は、オスの三毛猫はある条件のもとでしか誕生しません。

これには、猫の持つ性染色体の遺伝子が深く関わっています。

 

猫1匹が持つ染色体は2つで、メスが「XX」、オスが「XY」となっています。

三毛猫と呼ばれるのに必要な毛の色は「黒」、「茶~オレンジ」、「白」ですよね。

 

この毛の色を決める遺伝子というのは、染色体の「X」に情報が入っています。

メスの場合はこの「X染色体」を2つ持っているので、白色をベースに黒と茶の2色が混ざることがあるのです。

つまり、メスの猫は三毛猫になる可能性があるともいえるのです。

 

一方のオスのほうは、「X染色体」を一つしか持っていません。

ですので、ベースの白色の毛の他に、黒か茶のどちらか一つしか持つことが出来ません。

 

つまり、オスは「黒」と「茶」を同時に持つことができないのです。

このことから分かるように、白が無くても黒と茶色の2色のみのオスも超レアカラーなんです。

 

では、なぜオスの三毛猫が存在するのかを説明します。

上記の説明の通り、毛の色は染色体による遺伝子レベルの話で、通常の猫は染色体が2個と書きましたね。

 

しかし、希に染色体を3つ持つ個体や、1個増える固体が存在します。

染色体を3つ持つとは、通常の「YX」+「X」で「XXY」というような感じです。

 

また、1個増えるというのは、「XX/XY」というように2匹分の染色体を持つことです。

このような現象は正常な固体には見られないもので、原因は「染色体異常」です。

 

上記のように染色体異常を起こした場合のみに三毛猫のオスが生まれる可能性があるのです。

これを確立で表すと、1/30,000ほどだといわれています。

 

残念なことに、染色体異常の固体であることから繁殖能力はなく、寿命が短いそうです。

増やそうとしても増やせるものではないので、動物病院で働いている方でも、三毛猫のオスを見るのは一生に一度あるかどうかというレベルだそうです。

 

三毛猫のオスの価格

三毛猫のオスが超希少種だと話題になった発端は、やはり「価格」にあります。

以前にテレビ番組で、三毛猫のオスが3,000万円で取引されたのを見たときは私も驚きました。

 

オークションサイトを見ても、過去に取引された記録があって、最低でも数百万で取引されているようです。

この三毛猫の話題で「毛の色を決める遺伝子」の奥深さには興味深いものを感じましたね。

 

まとめ

三毛猫のオスが超希少である理由は、猫のオスは遺伝子の関係で「黒」「茶」の2色を同時に持つことが出来ないから。

ただし、遺伝子異常が起きた場合のみ三毛猫のオスが生まれる可能性がある。

その確立は「1/30,000」といわれる。

また、染色体異常の固体は繁殖能力がなく、寿命が短い。

 

というような感じでしょうか。

三毛猫って、黒と茶と白ですが、白が全く無い黒と茶のツートンカラーのオスでも、3色と同じ希少性があるってことですよね。

 

ちなみに、逆にメスの場合は何色が珍しいのか調べてみました。

メスで珍しいのは「茶色いトラ模様」と「茶色と白」だそうです。

 

この茶色いトラ模様は結構見かけるますよね!?

三毛猫ほどではないそうですが、これらのカラーのメスは結構な希少カラーらしいですよ!

 

それにしても、性別によって毛の色に「珍しさ」があるなんて、なんとも奥深いですよね。


スポンサーリンク