ネットショップでパワーストーンを修理する時に掛かる高い往復の送料を安くする方法


スポンサーリンク



パワーストーン(天然石)アクセサリーをネットショップで購入した後に、ゴム紐が劣化して伸びてきてしまったり、切れてしまうことってありますよね。

石自体は綺麗でなんともなく、紐さえ交換してしまえばまた使用できるのであれば修理してまた身につけたいですよね。長く使っていれば愛着もあるだろうし。。。

 

ただネットショップで買ったときに、購入したショップに修理を依頼する場合にちょっと問題があります。

それが「送料」です。

 

送料は、送る「行き」の分と、修理が完了して送り返してもらう「帰り」の往復の送料があります。

基本的に、生き帰りの送料は購入者側が負担することがほとんどでしょう。

これにプラスして商品にもよりますが、「修理費用」が掛かってきます。

 

これらを全てあわせると、下手したら購入時よりも高くなってしまうことだってあるかもしれません。

そこで、ネットショップで商品を購入した場合に修理を依頼するときの「送料」を出来るだけ安くする方法を考えてみました。

送料ってどれくらいするのか

多くのネットショップが利用している配送業者では、佐川急便かヤマト運輸のどちらかが圧倒的に多いです。

パワーストーンショップでも同じでしょう。

 

これらの業者の場合、宅急便(佐川は宅配便)は一番安い料金でも片道600円は掛かります。
※発送する地域で料金が変わります。

往復で1,200円で、これに修理費がある場合はそれもプラスした料金を出さないと修理できないことになります。

 

それだったら新しいものを買ったほうがお得だったり、また修理自体を諦めてしまう方も多いようですね。

ただし、発送の種類は多々あってショップ側と交渉次第で安く収めることができるので、以下を参考にしてみてください。

 

安い発送の種類

  • クロネコヤマトDM便(旧メール便)
  • 日本郵便「クリックポスト」

 

上記の2種類が最も安い発送の種類となるでしょう。

発送料金は全国一律で164円です!

 

しかし、利用するにはちょっと問題があるんですね。

 

まず、クロネコヤマトDM便ですが、これはメール便のことです。

メール便といえば厚さ1センチまでなら80円で送ることができた、オークションなら誰もが利用する発送方法でした。

 

しかし、突然のサービス終了で現在はそれに変わる「DM便」という名前に変わっています。

このDM便は個人の利用が不可能で、個人事業主や法人の方で手続きが済んでいる方のみ利用可能となっています。

 

なので、個人の方であればDM便は利用できないのです。

ただし、もしショップ側がメール便対応の場合、送り返してもらう時にメール便で送り返してもらうよう交渉し、合わせて料金を下げてもらうよう交渉できる可能性があります。

 

そして、クリックポスト(日本郵便)です。

これは個人でも利用できますが、利用するには「クレジットカード」、「ヤフーID」、「印刷用プリンター」が必要となります。

 

クリックポストの利用方法についての詳しい記事はこちらをご覧ください。
⇒ クリックポスト(一律164円)はヤフオクやネットショップの小物発送の最強の味方!

 

ヤフーIDは無料で簡単登録できるので、クレジットカードと自宅にプリンターがあればすぐに利用することが出来ます。

自宅で伝票発行して、品物を郵便ポストに入れるだけなので利用できる環境であればこれほど便利なものはありません。

 

ちょっと似たような発送の種類で「ゆうメール」というものがあります。

こちらは、アクセサリーくらいの小物なら180円で利用できます。

しかし、ゆうメールは「中身がゆうメールで送ってもいいものか確認できる状態」でなければいけなく、なにかと面倒なところがあるので私個人的にはお勧めしません。

ただし、安い発送の種類なのでクリックポストが利用できない時は「ゆうメール」もチェックしてみるといいかもしれませんね。

 

レーターパック(ライト)は使い勝手がいい!

クリックポストなどの発送が利用できない場合は、レーターパックライトがお勧めです。

配送料金は、全国一律360円。

 

クリックポストに比べて割高ですが、それでも360円は安いです。

しかも全国一律料金というのが嬉しいですよね。

 

レターパックは郵便局の窓口で購入できます。

購入した後は、あて先を記入してポスト投函で大丈夫なので使い勝手がいいです。

 

まとめ

発送には実に多くの種類が用意されていて、値段も様々です。

修理に掛かる「配送料金」を安くするには、ショップと交渉してまずは「DM便」か「クリックポスト」が利用可能か?

 

それが出来なければレターパックでの発送はできないか交渉してみると案外安く出来るかもしれません。

送料が高くてちょっと・・・と思う方は是非、購入したショップに問い合わせて見ましょう!


スポンサーリンク