ピーマンは切る方向で「シャキシャキ感」か「やわらか感」にすることができる


スポンサーリンク



目覚めるようなグリーン色が特徴のピーマン。

栄養価も高いため、なにかと料理に使うことも多い食材ですよね。

 

このピーマンですが、切り方で「食感」に違いがあることをご存知でしょうか。

食感というのは、野菜特有のシャキシャキ感のことです。

 

切り方次第で、このシャキシャキ感を残すか、少なくすることが可能なのですが、以下で具体的に説明していきます。

ピーマンの食感は繊維にあり

gp1_640

まず、ピーマンの繊維の方向ですが、上記の写真の赤線のように「縦(たて)方向」となっています。

この繊維を残すか、傷つけるかで食感に違いが出るのです。

 

繊維に沿って切る

gp2_640

縦方向に切る、つまり繊維の方向と同じ向きに包丁を入れる切り方です。

この場合は繊維が残るのでシャキシャキ感のある食感になります。

 

gp4_640

縦に切ったピーマンはこんな感じです。

この切り方は、炒め物をするときなんかに良く用いられることが多いようですね。

加熱しても、ピーマンそのままの食感を残したいという方は、この切り方をするとよいでしょう。

 

繊維に直角に切る

gp3_640

繊維に直角、つまり縦に入っている繊維を横からぶった切るきり方です。

真横から包丁を入れることで、多くの繊維が傷つき破壊されるので、柔らかい食感になるのです。

 

gp5_640

横に切ったピーマンはこんな感じになります。

炒め物でも少ない時間で、柔らかい食感に仕上げることができるため、この切り方が用いられることが多いように思います。

特に、サラダなんかの生で食べるときは、この切り方がいいかもしれませんね。

 

ただ、繊維を切るこの切り方では、苦味や臭いが一層強くなってしまいます。

 

サラダで使用するピーマンというと、甘みのある「赤ピーマン」や「パプリカ」を使うほうが圧倒的に多いかもしれませんね。

赤ピーマンやパプリカでも同じなので、この切り方を参考にしていただければと思います。

 

おススメ関連記事

パプリカの優れた栄養成分は色によって違う!自分にとって一番良い色を選びましょう

 

ピーマンは熟すと赤色に!苦味が甘みに変わり栄養素も大きく違う!?

 

 

最後に

シャキシャキ感のある食感を味わいたい方は「縦(たて)」に切り、やわらかい食感の楽しみたい方は「横(よこ)」に包丁を入れる。

とはいえ、縦に切っても炒めすぎてしまえばシナシナになってしまうので、シャキシャキ感を残したいという場合は、サッと炒めるのが重要となってくるかもしれません。

そのあたりは経験を積んで、自分自身で実感するしかないですよね。

 

切り方ひとつで、食感に違いが大きく出るなんて、料理って奥が深いです。


スポンサーリンク