金運ならではのカラー「ゴールデンタイガーアイ(アッシュタイガーアイ)」


スポンサーリンク



金運や財運、仕事運のパワーストーンで有名なタイガーアイの「ゴールデン」バージョンをご紹介いたします。

タイガーアイといえば、パワーストーンではかなり知れた名前でトップクラスの人気を誇る存在でもあります。

名前を知っている方も多いでしょう。

 

タイガーアイは、光を当てると猫の目のような輝きを見せる「シャトヤンシー効果(キャッツアイ効果)」が特徴で、今では多くのカラーバリエーションが出回っているので、様々な色彩が楽しめるパワーストーンでもあります。

そんな多くの色彩を持つタイガーアイですが、その中でも特に人気のあるカラーが「ゴールデンタイガーアイ」です。

金運の石とも呼ばれるタイガーアイならではの色彩ですね。

 

ここでは、ゴールデンタイガーアイについて説明していきます。

タイガーアイってどんな石?

上記でタイガーアイは多くのカラーバリエーションが存在すると書きましたが、実際に自然界に存在しうるタイガーアイのカラーは、黄色、青色、赤色の三色のみです。

 

・黄色=イエロータイガーアイ(一言でタイガーアイというと、このカラーのものを指す)

・青色=ブルータイガーアイ(タイガーアイ本来の色彩)

・赤色=レッドタイガーアイ(熱により変色したもの)

 

タイガーアイはクロシドライト(青石綿)と呼ばれる鉱物で、ブルータイガーアイが本来のカラーなんです。

それが年月をかけ酸化したものがイエロータイガーアイで、地熱など熱せられて変色したものがレッドタイガーアイです。

※市場に出回るレッドタイガーアイは、人工的に加熱処理されたもので、天然の発色は激レア物。

 

通常であればこの3カラー以外にはないんですが、市場を見渡せばかなり多くのカラーがあることが分かります。

つまり、上記3色以外は何らかの加工がされているということになります。

 

その加工とは主に「染色」又は「脱色」があります。

 

ゴールデンタイガーアイについて

go_t_001

ゴールデンタイガーアイは、イエロータイガーアイを強力な酸性の液体に浸けて「脱色処理」したものです。

ゴールデンタイガーアイで検索してみるとカラーにバラつきが多いとこが分かると思います。

 

脱色処理が不十分(表現が正しいか分かりませんが)なものは、タイガーアイの濃い茶色の部分が目立っていたりします。

このようなタイプは価格も安価です。

 

茶色の部分が全て抜け落ちて、全体的に黄色のものは「これぞゴールデンタイガーアイ!」というような美しさがあり、美しいアッシュカラーの髪色に例えて「アッシュタイガーアイ」と呼ばれることもあります。

価格も高価になりますが、やはりゴールデンタイガーアイを求めるなら茶色がしっかり抜け落ちたものがお勧めです。

 

タイガーアイは脱色処理しても、染色加工しても、この石特有の「シャトヤンシー効果」がはっきりと見られます。

初めて見る方は加工(染色や脱色)されているなんて思わないほど完璧に仕上がるのです。

 

数多くのカラーを持つタイガーアイですが、金運や財運を呼寄せるような縁起のよいゴールデンカラーのものを一つ持っておくのもいいかもしれませんよ。


スポンサーリンク