7月の誕生石に3種類目のインカローズが指定されているので魅力を紹介してみます!


スポンサーリンク



7月の誕生石といえば、世界的にはルビーが圧倒的人気です。

認知度も高く、実際に見たことがないという人でも、赤い宝石という認識はあるはずです。

 

また、ルビーの他にもカーネリアンという鉱物も7月の誕生石に指定されています。

ルビーのようにオレンジ色~赤色が綺麗な石で、ナポレオンがお守りとして身につけていたことでも有名な石なんです。

 

そして、もう一つ7月の誕生石があるのですがご存知でしょうか。

実は、インカローズも7月の誕生石に指定されているようなのです。

ということは、7月の誕生石は3種類ものバリエーションの中から好きなものを選ぶことができるんですね!

 

ここでは、7月の誕生石であるインカローズの魅力を紹介していこうと思います。

7月の誕生石「インカローズ(ロードクロサイト)」の魅力

インカローズというパワーストーンは、多くのショップでこの「インカローズ」という名前で販売されていることが多いですが、実は正式名称はロードクロサイトといいます。

主要産出国が、かつてはインカ帝国が栄えた場所で、石の断面がバラのように見えることからインカローズという名前で呼ばれるようになったのですが、今ではすっかりこの通称インカローズの名前のほうが有名になっています。

 

7月の誕生石は全部で3種類、ルビー、カーネリアン、インカローズがあります。

このうちルビーとカーネリアンは、赤色の発色が強いパワーストーンに対し、インカローズただ一つは完全なるピンク色の発色が魅力的です。

 

厳密に言えばルビーは赤色、カーネリアンはオレンジ色、インカローズはピンク色と、この3色の中から自分の好きなカラーを選ぶといいでしょう。

インカローズはピンク色の発色が強くなれば、結構いい値段がしますが、誕生石のお守りとして購入する場合はバラのように美しい色彩のものが欲しいところです。

 

そういえば、「バラの断面のように見える」と上記で書きましたが、インカローズの色彩の特徴はなんと言ってもシマシマ模様が入るタイプです。

鉱物的にはピンク一色のほうが希少価値が高いのですが、白いシマシマ模様が入ったタイプこそ名前の由来となった本来の姿といってもいいのです。

 

アメリカでは、大切な人へのプレゼントにピンク一色の宝石質のインカローズを渡すほど有名だったりします。

パワーストーンのようなビーズ状のものをアクセサリーとして身につける場合は、画像のような縞(しま)模様の入ったタイプなんかがオススメです!

 

7月の誕生石で、ピンク色のパワーストーンが欲しいという方には、インカローズで決まりでしょう!

 

関連記事

インカローズについての詳しい記事はこちらをご覧ください。
⇒ インカローズ(ロードクロサイト)|パワーストーン・天然石の意味辞典

⇒ 美しいバラ色の発色をしたインカローズを安価で欲しい!それなら「さざれ石」タイプ一択!

 


スポンサーリンク