超絶人気の自転車クロスバイク「GIANT ESCAPE R3」の走り心地と感想


スポンサーリンク



最近は自転車のアニメが流行るほど「空前の自転車ブーム」らしい。

先日、友人が新しいロードバイクを買うので、今もっているのをよかったら譲ってやると言ってきた。

 

その自転車とはジャイアント エスケープ R3という「クロスバイク」と呼ばれるもので、調べてみれば新車で買うと5万以上というもの。

私は今までママチャリしか乗ったことがなく、私的の自転車相場といえばせいぜい1万前後。。。

 

というか、自転車にそこまで興味がない人なら大体このくらいの価格帯が普通なのではないでしょうか。

友人曰く、「自転車の世界が変わる」というほどのものらしい。

 

最近は体重が急激に増えてダイエットをしようしようと言いつつ、なかなか行動していない現状なので、自転車で気晴らしにサイクリングしながらダイエットできるいい機会と思い譲り受けることにしました。

まったくクロスバイクのことを知らない私ですが、乗ってみてママチャリとの違いを書いていこうと思います。

GIANT ESCAPE R3とは

GIANT(ジャイアント)とは台湾メーカーで、最もポピュラーな存在のクロスバイクとなっています。

クロスバイクというのは、ロードバイク(長距離やツーリングに適した自転車)とマウンテンバイクの中間に位置するタイプの自転車で、普段乗りでも快適に走行できることからかなりの人気があります。

 

その中でもジャイアントエスケープR3は、クロスバイクの中でも最も人気のある車種で、乗っている人が非常に多いです。

デメリットをあげれば、他人と被りやすいクロスバイクということになりますが、その分、ジャイアントに関する情報が多いので困ったことがあればネットを調べればすぐに解決するという最大のメリットがあります。

 

ママチャリとの決定的な違いとは?

まだあまり乗っていませんが、乗ってみてすぐにわかるママチャリとの決定的な違いは「重さ」です。

ママチャリの平均重量は約20kgに対し、クロスバイクの平均重量は約10kgと半分しかありません。

片手でひょいひょい持ち上げられるほど軽いんです!

自転車を降りて手で引くときも軽々引けますし、方向転換もしやすいです。

 

ママチャリではギアがあっても、せいぜい3段階くらいですが、クロスバイクはギア変速の多さに驚くほどです。

これは乗っているうちに使い分けて慣れるしかなさそうですね(汗

この車体の軽さと変速の多さから、ママチャリだと立ちこぎしてやっと上った坂道を、軽々と上ることができたのにはビックリしました。

 

クロスバイクやロードバイクって、座るサドルの位置がママチャリよりも高いですよね。

これは、前傾姿勢をとることで風の抵抗を流し、スピードがでるようにするためです。

 

特にスピードに特化したロードバイクでは、スピードの妨げになってしまう「重さ」のあるパーツはデフォルトでは付いていないんです。

例えば泥除けや、スタンド(止めるやつ)すら付いていません。

必要に応じて専門ショップでカスタマイズする必要があるんですね。

 

でも、自転車を自分好みにカスタマイズするのも面白そうですよね!

私もクロスバイク超初心者ですが、サイクリングはもちろん、カスタマイズも楽しんでいこうと思っております。

 

そういえば、今回ジャイアントを譲ってくれた友人はロードバイクを新しく買ったのですが、私の友人みたいにクロスバイクでは物足りないと感じてロードバイクに移行する人も多いそうです。

ただ、ロードバイクの場合は価格帯が安くても10万~20万というレベルなので、まずは試しに乗ってみたいという方にはGIANT ESCAPE R3がお勧めと言えるでしょう。

 


スポンサーリンク