これぞ究極のダイエット食材!?寝ている間に脂肪を燃焼してくれる”ヤセ食材”


スポンサーリンク



ダイエットにとって食事はとっても重要ですが、本気でダイエットを目指すとなると食材の種類や摂取量も考え、なによりも継続して行わなくてはいけません。

継続は力なりとはいうけれど、この継続が本当に難しいんですよね。

 

ダイエットを目指して、食事を色々と考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に是非取りいれて頂きたいのが、「寝ている間に脂肪を燃焼する食材」です。

運動もしていない、ましてや睡眠時に脂肪を燃やしてくれる食材があるなんて、試さないのはもったいなさすぎですよね!

睡眠時に脂肪を燃焼してくれる「ダイエット食材」とは

寝ている間に脂肪を燃焼してくれる食べ物って、意外と身近にもあるので、ここではどこのスーパーに行っても気軽に購入でき、調理できる食材を紹介いたします。

 

アボカド

avocado-1114698_640

アボカドは中南米のものが多く輸入されて、どこのスーパーでもよく置いてありますよね。

基本的に茶色く分厚い皮に、綺麗な黄緑色~黄色の身が特徴です。

特に身の中心にある大きすぎる種はとてもインパクトがありますね。

 

アボカドは「森のバター」と呼ばれる「果実」です。

一見、野菜かと思う方も多いはずですが、実は野菜ではなく果実なんですね。

森のバターと呼ばれるように、しっとりとした濃厚な味わいがとても美味しいです。

 

このアボカドには食物繊維がとても多く含まれています。

食物繊維が多い食材は、消化がゆっくり行われます。

それにより、血糖値の上昇を防ぐ効果があるのです。

 

そして、アボカドの成分で注目されているものは不飽和脂肪酸というものです。

この不飽和脂肪酸は、実際に脂肪燃焼に効果があることが証明されている成分なので、ダイエットに積極的に取り入れるべき食材だといえます。

また、アボカドというと「食べる美容液」でも有名です。

美容にダイエット、女性にとって嬉しい成分がたっぷり詰まった食材ですね。

 

 

ほうれん草

green-vegetables-1149790_640

ほうれん草も、まずスーパーに行って置いていないという方が珍しいほどの食材ですね。

このほうれん草は緑黄色野菜と呼ばれる野菜で、その中でも特に栄養価が高いことで知られています。

 

食物繊維が豊富な野菜なので、アボカド同様に血糖値の上昇を防いでくれる効果があります。

そして、ほうれん草そのもののカロリーはとても低いのに、体に良い栄養分が豊富に含まれているので、気軽に摂取できるし、しかも健康にも効果的という嬉しい食材です。

 

ほうれん草は、主に寒い時期に栽培されることが多い野菜です。

冷やすと柔らかみが増し、美味しさも倍増します。

 

茹でるときは最初に水でよく洗ってから、できれば多めのお湯で茹でるのがいいです。

あまり長い時間茹でると全体的にクタクタになってしまうので、最初は芯からからお湯に入れて、20秒~30秒程度で火をとめてから葉の部分もお湯に沈めるのがいいでしょう。

葉を沈めてから長くても30秒ほどでお湯から出し、すぐに冷水でしめると美味しくいただけます!

 

サラダはもちろん、寒い時期は鍋にも欠かせない食材ですので、特にダイエットを成功させたい方は積極的に取り入れたほうが良い食材ですね。

 

 

きゅうり

cucumber-685704_640

誰もが知る緑色の細長い野菜です。

既にご存知の方も多いと思いますが、きゅうりのほとんどの成分が「水分」です。

その割合はなんと全体の95%が水分だといいます。

 

栄養素がほとんど無い食材だともいわれ、なんとあのギネスブックに「世界一栄養のない野菜」として登録されてしまっているのです。

 

ですが、成分のほとんどが水分であるためカロリーがとても低く、多く摂取しても太らずに満腹感が味わえる食材でもあるのです。

きゅうりでダイエットといえば山田花子さんがチャレンジして、2週間で2キロ以上のダイエットに成功したという例があり話題となったこともありました。

 

きゅうりで注目すべき成分が「フィトケミカル」といって血液をサラサラにする効果がある成分です。

また、ダイエットに直接良いといわれているものでは、「ホスホリパーゼ」という脂肪を分解する作用のある成分がダイエットに繋がるといわれています。

 

ホスホリパーゼは脂肪分解酵素といわれ、熱に弱く、加熱すると効果が薄れてしまうのでそのままサラダで食べるのがよいです。

 

また、もう一つ注意しなくてはならない点があります。

実は、きゅうりにはビタミンCを酸化させてしまう「アスコルビナーゼ」という成分が含まれています。

 

ビタミンCを多く含む食材と一緒に、大量のきゅうりを摂取すると効果が激減してしまう恐れがあるので、組合わせには注意が必要な部分もあるのです。

アスコルビナーゼは、切って繊維を傷つけたり、空気に触れることで増します。

ですので調理後すぐに食べるのが望ましいですが、レモン汁をかけることで酸化を防ぐことができます。

 

アスコルビナーゼは熱に弱いので加熱すれば失わせることができますが、それだとダイエットに大切な酵素も失うことになるので、やはり調理後すぐに食べるのが望ましいといえるでしょう。

 

 

最後に

普段何気なく食べている食材でも、ダイエットに効果的なものはいくらでも存在するんです。

このような食材をフルに活用して、寝ている間にも脂肪を燃焼させて、効率良くダイエットを成功させられるといいですね。


スポンサーリンク