早朝のランニングは何時起きがいい?健康か体に悪影響か?また得られる効果とは!?


スポンサーリンク



休みの日に早朝にちょっと近くのコンビニなどに行くとき、まだ薄暗いときからランニングをしている方を良く見かけます。

健康維持のため、ダイエットのため、または体力向上のためなど理由は人それぞれでしょうが、早朝にランニングをする方は非常に多いようです。

 

私も昔、スポーツをしているころは、体力向上のために早朝のランニングを欠かさず行っていました。

朝早くから外の風を浴びながらのランニングってすごく気持ち良いですよね。

 

しかし、早朝のランニングには「やり方」を間違えると健康に悪影響を及ぼすのも事実です。

継続して行うなら、正しい早朝のランニングの知識をつけることが必須となります。

早朝ランニングが「実は危険だった」といわれる理由

ランニングそのものは、体を動かし基礎体力をアップさせることは周知に事実ですから何も危険なことはないです。

では、なぜ”早朝”のランニングが危険といわれるのでしょうか。

 

危険といわれる一番の理由については、「起きてすぐに体を動かす」ということでしょう。

早朝にランニングをする場合、何時に起きるかは人それぞれの生活のサイクルによって様々となってきます。

 

問題は、起きてすぐに無理(激しい)な運動をしてはいけないということです。

起きてすぐは、まだ体が完全に起きていない状態ですので、実際にランニングをするのは起きてから30分~1時間経過した後が望ましいといえます。

 

例えば、6時に起きてランニングをする場合であれば、最低でも30分経過した6時半から走るのがいいでしょう。

仮に6時から走り出したい場合は、5時半くらいには起きるように時間を調整する必要があります。

 

また、実際にランニングを行う場合は以下のことにも注意しましょう。

 

血圧の高い方は要注意

朝起きてすぐに体を動かすと血圧が上昇し、脳卒中のリスクが高くなるといわれています。

高血圧の方でも早朝のランニングを行うのであれば、最初から急ピッチで走るのではなく、最初はジョギング程度で徐々にペースを上げていくのが理想です。

 

脱水症状にも注意が必要

起きてすぐは喉の渇きを感じないこともありますが、人間は寝ている間に汗をかいて多量の水分を失います。

喉の渇きを感じる=軽い脱水症状といわれている(つまり、喉の渇きを感じてからの水分補給では遅い)ので、必ず水分補給を行うようにしましょう。

 

 

正しい方法の「早朝ランニング」で得られる効果とは!?

上記のことを踏まえたうえでの早朝ランニングは、体にとってもいい効果を発揮します!

まず、早朝に起きるということは、必然的に夜は早めに寝ないといけませんよね。

 

人間の体はもともと、朝起きて夜に寝るという生活リズムがインプットされているんです。

ランニング以前に、生活リズムが整うということだけでも体にいい影響があることが分かりますね。

 

腸内環境を整える効果!

運動をすると美容に良いといわれますが、その理由が腸内環境にあります。

運動不足が続いてしまうと、特に大腸の活動が低下してしまいます。

 

大腸の働きが低下してしまうと、お通じが悪くなり、ひどいときには便秘にも繋がってしまいます。

また、腸内環境の乱れは肌荒れやニキビなどの原因になるほか、体のだるさも感じるようになる原因とされています。

 

早朝にランニングすることで、腸内に刺激をもたらし、健康な環境を保つ効果があります。

腸内を綺麗に保つことで、健康はもちろん、美容にも効果を発揮してくれます。

 

基礎代謝能力の向上に繋がる

若いうちはあまり気にしないかもしれませんが、20代(特に20代後半)くらいになってくると、基礎代謝がだんだんと落ちてきます。

そして、年を取るとともに低下する一方なのが基礎代謝。

 

分かりやすく言えば、25歳くらいまではどんだけカロリーの高いものを食べても全く太らなかったけど、30歳あたりから急激に太った。という感じです。

これは、若い頃は基礎代謝が働き、余分な脂肪分を燃やすほど代謝が良かったのですが、徐々に代謝能力が落ちてきていることを意味しています。

 

つまり、代謝能力が低下すると太りやすくなってくるとも言えますよね。

そこで早朝のランニングが効果を発揮してくれるんです。

 

「早朝のランニングは代謝を高めるのに適している」ともいわれており、理由としてはこれから始まる一日の最初にランニングすることで、体にエンジンがかかって代謝能力を向上・維持しやすくなるからだといわれています。

そして、早朝のランニングを継続して行うと、若かったときとまでは行かないかもしれませんが、それでも太りにくいカラダを作ることができるはずです。

 

また、代謝が良いと太りにくいだけじゃなく、「痩せやすい」カラダになります。

少ない運動量で痩せやすいカラダにすることが出来るので、ダイエットをする方であれば早朝のランニングは取り入れたいですね。

 

そして、なによりも代謝をあげると年よりも若く見られやすいということ。

早朝のランニングは、健康維持の他に美容やダイエットにもいい影響があるんですね。


スポンサーリンク