【青ひげ対策】ヒゲは何時(朝・夜)に剃るのがベストか?一番伸びる時間帯と正しいそり方について


スポンサーリンク



ヒゲが伸びるのが早いという人の悩みで、「青ヒゲ」が気になるというのがあります。

青ヒゲとは、鼻下や口まわりのヒゲが青く見えることで、何かと印象が悪くカッコいいようには見えません。

 

場合によっては、不潔というレッテルを貼られることもあるので、青く見えるのをどうにかしたいという方は非常に多いはず。

どうしても気になるなら脱毛するのも手ではありますが、正しい髭の剃り方や、剃る時間帯を知れば案外すぐに効果に繋がることもあるんです。

青ヒゲの原因とは?

髭って黒いのに、なぜか青っぽく見えてしまう「青髭」。

青髭で悩んでいる方ならもうご存知だと思いますが、青髭って剃った後に皮膚の中に残った髭の部分がそうみえるんですよね。

つまり、皮膚の”下”にある毛で、剃った後に皮膚の中に残っている毛がそう見えているんですね。

 

別に剃り残したわけではなく、皮膚の下にあるのでもちろん青髭は剃ることはできません。

そしてこれがまた育って、濃い髭になるんです。

 

青髭で悩まされている方は、伸びるのが早く「濃い髭」と「青髭」の両方で悩まされている方が多いはずです。

 

髭が伸びるのが早い原因とは?

そもそも髭が伸びるのが早い原因というのは、聞いたことがあると思いますが「男性ホルモン」が関係しています。

その男性ホルモンの中で、体毛に関係しているのがテストテロンというホルモンです。

 

「男らしい」というのは、このテストテロンの分泌量で決まっているといわれ、身体機能や様々な機能の維持に必要なホルモンでもあります。

男性にはとっても重要なホルモンであることに違いありませんが、分泌量が多すぎると全身の毛も多く生えてしまいます。

当然、髭が濃くなったり、青髭になりやすかったりもするのです。

 

 

青髭と濃い髭の解消法を知ろう!

髭が濃いのが悩み・・・そして、剃った後は青髭になってしまう・・・。

そんな悩みを解消するために効果的な方法を紹介いたします!

 

剃る時間帯を変える

身体の毛は、一定の時間に一気に伸び、その時間以外はあまり伸びないことが知られています。

その一気に伸びる時間帯というのが、朝6時~10時にかけての4時間です。

 

つまり、仕事で早朝から出かけなくてはいけないという方で、朝方の5時くらいに髭を剃った場合、昼ごろにはもう目に見えて伸びていることが分かると思います。

しっかり剃っているのに伸びるのがすごく早く感じるのは、剃る時間帯が大きく関わっていることもあるんですね。

 

このことから、髭は朝の10時以降に剃るのが一番良いといえます。

とはいっても、朝から仕事がある方は普通この時間帯は家にいませんよね。

 

なので、出来るだけ家を出る直前に剃るように心がけたいものです。

可能であれば、朝に起きてから一度剃って、昼休憩にシェーパーなどで剃ると髭が一日中目立たなくて理想的です。

 

また、肌は22時~深夜の2時にかけて修復されます。

この時間帯は水分量が少なく、肌に傷が付きやすい=カミソリ負けしやすい時間でもあります。

朝は肌の水分量が多く、夜ほど肌のダメージが少ないので、なんにしても夜にヒゲを剃るのは避けたいものです。

 

 

程よく日焼けするのも効果的!

これは青髭対策として最も効果的といえます。

青髭は皮膚の下にある”育つ前の毛”ですから、剃って目立たなくするなんてことは不可能です。

 

青髭に見える主な原因は、皮膚が薄い人や色白の方は特に目だって見えてしまいます。

そこで、程よく日焼けして肌の色を黒っぽくすることで、断然目立ちにくくなり効果的です。

 

青ヒゲは、印象がとても悪い傾向にありますが、程よく日焼けをした肌は健康的で若々しく見られます。

ただし、ヒリヒリするくらい日焼けしてしまった場合は、シミなどの原因になってしまうことだってあるので、しっかりと肌のケアを忘れずに!

 

 

シェーバー(カミソリ)の種類や刃にも気を使って!

髭を剃る必需品といえば、シェーバーですよね。

シェーバーには、電気とカミソリ(T字やI字)のものがあります。

 

肌が弱く、肌荒れしやすいという方には電気シェーバーが向いていますが、深剃りすることは難しいです。

一方の電気じゃないシェーバー(カミソリ)は、深剃りしやすいため、青髭対策としてはこちらがオススメです。

 

刃の枚数も少ないものから多いものまでありますが、多ければ多いほど肌のダメージが少ないといわれます。

また、切れ味が悪くなると肌にダメージがかかりやすくなってきます。

 

シェーバーの刃は定期的に交換する必要があります。

特に、肌荒れしやすい方ほど、シェーバーの刃を小まめに交換するのが望ましいです。

 

 

シェービングフォームを使おう!

専用のシェービングフォームは、特に毛が濃い(太い)方などのいわゆる「剛毛」の方にオススメです。

シェービングフォームの成分には、毛を柔らかくする効果があるんです。

 

毛が柔らかくなれば、シェーバーの刃が通りやすく肌にかかる負担を格段に軽減させてくれます。

ただし、電気用とカミソリでは各専用のフォームがあり、電気用シェーバー用のフォームをつけてカミソリで剃ると肌荒れすることがあるので間違えないように注意しましょう。

 

購入する際には、電気用は電気用、カミソリようはカミソリ用のシェービングフォームなのか、表記をよく確認するようにしましょうね!

 

知らなかった!石鹸は肌荒れの原因に

シェービングフォームの代用品として、よく石鹸を用いる方がいます。

確かに、石鹸でも代用は十分可能ですが、石鹸は肌に必要不可欠な皮脂まで取り去ってしまいます。

 

その結果、傷つきやすい肌になってしまう恐れがあります。

また、肌荒れの原因はカミソリ負けではなく、石鹸を代用していることが原因ってことも少なくないのです。

 

髭の剃り方

髭は剃る前に必ず顔を洗ってください。

顔を洗うことで毛に水分が吸収され、膨張し柔らかくなります。

 

そしてシェービングフォームを使って、毛の流れに沿って剃ります。

逆剃りをすると、肌にダメージがかかり肌荒れしやすいのです。

 

そのため、1回目は毛の流れに沿って剃り、2回目に逆剃りするという方法があります。

ただし、逆剃りは肌荒れの原因とともに、刃の寿命を大幅に縮める原因にもなるので、出来ればオススメしません。

 

上記のように、しっかりと水分を含ませて、専用のシェービングフォームを使用すれば難なく剃れるはずですからね。

髭の伸びる時間帯や、また正しい剃り方を継続することで、「濃い髭」や「青髭」を目立たなくしていきましょう!


スポンサーリンク