激辛ラーメンの蒙古タンメン中本「北極ラーメン」のクオリティーが高すぎる!


スポンサーリンク



「辛いラーメン」といえば、有名な店では蒙古タンメン中本を思い浮かべる人も今や少なくないはず。

現在は東京周辺を中心に店舗を展開しているのみですが、セブンイレブンで購入できる蒙古タンメンのカップラーメンが爆発的に人気に火が付き、全国的に有名な名前となっていますね。

 

蒙古タンメンは辛さが売りで、実店舗に行ってメニューを見ても基本的に辛いものがズラリ。。。

辛さのレベルも低いものから高いものまでバリエーションが豊富で、多くのメニューを楽しめるのが実店舗にいく魅力となっています。

 

そんな中で特に辛く、人気のメニューといえば「北極(ほっきょく)」でしょう。

先日、蒙古タンメンに行く機会があったので、

この北極にチャレンジしてみました。

まさに「辛さの中に旨味あり!」

これが実店舗で食べる北極ラーメンです。

危険なまでの赤色をしていて、辛さが苦手なひとはまず食べられないほどの激辛。

 

蒙古タンメンでは、基本的な辛さを10段階で表示しています。

この北極ラーメンは、「10段階中/辛さ9」となっています。

 

これより辛いものでは冷やし味噌ラーメンというのがあって、その辛さが10段階の10とMAXですが、これは麺の量が少ないし冷たい分、辛さが抑えられているように感じます。

辛さというのは熱い方がより強く感じるため、量が多い、熱い北極ラーメンの方が辛さを最大限に楽しむことができるはずです。

 

北極ラーメンを食べてみた感想は、びっくりするほど辛かったです(笑い

店内を見てみると、汗だくで食べている人が結構いるんですね。

私の友人は、この北極ラーメンを平気な顔でスープまで完食していましたが、普段から辛い物を食べていれば慣れてくるものなのでしょうかね。

 

北極ラーメンのトッピングはとてもシンプルで、もやし少量と肉が入っているくらいです。

この肉がめちゃくちゃ旨くて、これだけでご飯を食べたいくらいのクオリティーです。

 

無駄に大きな野菜が乗ってないから食べやすい、

まさに辛さを楽しむための、完成度の高いラーメンであるといえます。

もし蒙古タンメンに行く機会があって、まだ北極を食べたことがない方は是非ご堪能してみてくださいね。

 

結構、勢いで北極を頼んでしまう人も多いそうですが、

辛さが苦手な方は「後悔する」辛さというくらいのレベルです。

なので、あんまり自信がないという方はノーマルの蒙古タンメンくらいで最初は抑えておいた方が無難でしょう。

 

ちなみにコレが蒙古タンメンです。

カップヌードルにもなったモデルのやつですね。

 

辛さレベルは「10段階中/辛さ5」となっています。

まあ、これでも十分辛いんですけどね。

 

関連記事

蒙古タンメンはカップラーメンのクオリティーが高すぎて、店よりも美味いという人も少なくないのか!?

⇒ 蒙古(モウコ)タンメン中本は「店」vs「カップラーメン」どっちで食べる方が美味しい!?

 


スポンサーリンク