蒙古(モウコ)タンメン中本は「店」vs「カップラーメン」どっちで食べる方が美味しい!?


スポンサーリンク



コンビニエンスストアのセブンイレブンに行くと、よく購入してしまうカップラーメンがあります。

それが「蒙古タンメン」です。

蒙古タンメンは、セブンイレブン以外のコンビニでは置いておらず、このカップラーメンを求めて、セブンだけにしか行かないという人も少なくないと聞くほど人気商品です。

 

この手のカップラーメンは全国のどこかに実店舗があって、味が評判となって皆にその味を届けたいとうい趣旨で、カップラーメンとして商品化されたものです。

これ以外にも、「○○監修」と謳い商品化されたカップラーメンは多々存在しますが、その中でも蒙古タンメンは図抜けて人気が高いように思います。

実店舗で食べるほうが美味しい訳じゃない!?

「蒙古タンメン 中本」の実店舗は、この記事を書いている現在では東京、神奈川、埼玉だけで本店が東京都の上板橋にあるので、主に都内に集中しています。

ただ、「目指せ!全国制覇」を公式ホームページ上で大々的に掲げているので、地方拡大に期待が高まります。

 

これがセブンイレブンに置いてある蒙古タンメンですね。

大きさが日清のカップラーメンのBIGサイズと同じで、価格は200円くらいです。

見るからに辛そうなパッケージが特徴で、「辛さの中に旨みあり」のうたい文句が際立つ「辛旨味噌あじ」のカップラーメンです。

 

フタの上に、黒い袋の「辛味オイル」が付属されています。

日ごろから辛いラーメンが好きで食べている人なら問題ありませんが、辛いのに慣れていない方がコレを全部ぶち込むと後悔する辛さになるかもしれないので注意。

ちなみに、私の場合は、

辛いのに舌が慣れているときは全部入れますが、しばらく辛い物自体を食べていなく久々に食べるときは半分くらいに抑えています。

初めての方は、徐々に入れて好みの辛さにするのが良いかもしれませんね。

 

食べると本当に美味しく、クセになる辛さなんですよね。

このカップラーメンを食べると、こんどは実店舗で食べたくなると良く聞きます。

都内に住んでいる方なんかは、カップラーメンで蒙古タンメンの存在と味を知り、カップラーメンを食べた後に実店舗に行ったという人も多いのではないでしょうか。

 

こちらが実店舗の蒙古タンメンです。

価格が800円。

味噌風のスープに、なにやら辛そうなものが乗っかっています。

コレを混ぜると「辛旨味噌あじ」ということなんでしょうね。

カップラーメンでは味わえない生の麺がとても美味しいです。

 

実は、実店舗とカップラーメン両方を食べた感想で「当然、実店舗の方が旨いでしょ」と思うかもしれませんが、完全に真っ二つに分かれます。

つまり、カップラーメンの方が美味しいと答える方も非常に多いのです。

 

カップラーメンの何がそんなに美味しいのかというと、コレは間違いなくスープですよね。

ラーメンはスープが命といわれるように、本当によく出来たスープだと思います。

 

とはいえ、実店舗ではカップラーメン化された蒙古タンメン以外にも、もっと多くのバリエーションが楽しめます。

ある意味、カップラーメンで全国制覇した!?蒙古タンメンですが、実店舗も全国的に展開するのが楽しみですね。

 


スポンサーリンク